サイト内検索

詳細検索

紙の本 コミック・ライトノベル本ポイント2倍キャンペーン

ぼくのともだち
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 20件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2005.11
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-02737-4
  • 国内送料無料

紙の本

ぼくのともだち

著者 エマニュエル・ボーヴ (著),渋谷 豊 (訳)

【日仏翻訳文学賞(第13回)】「孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい!」 パリ郊外、孤独な日々を送る青年ヴィクトールは、すれ違う人々となんとか心を通わせようとするのだが...

もっと見る

ぼくのともだち

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日仏翻訳文学賞(第13回)】「孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい!」 パリ郊外、孤独な日々を送る青年ヴィクトールは、すれ違う人々となんとか心を通わせようとするのだが…。世にも悲しいユーモアを漂わせた、パリでもっとも不器用な男の話。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

エマニュエル・ボーヴ

略歴
〈エマニュエル・ボーヴ〉1898〜1945年。パリ生まれ。1924年に「ぼくのともだち」でデビュー。1928年にはフィギエール賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー20件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

『ぼくのともだち』を読んで

2011/04/13 10:49

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:K・I - この投稿者のレビュー一覧を見る

『ぼくのともだち』を読んだ。
エマニュエル・ボーヴは『のけ者』がすばらしかったので、
また同じ作者の小説を読んでみた。

「ぼく」は戦争で傷を負い、年金で暮らしている。
一人暮らしで友だちがいない。
この小説はそんな「ぼく」が必死に友だちを
求めようとしながら、そのたびに失敗していく話だ。
文体は陰惨な感じはなく、ユーモアがただよっている感じ。

「ぼく」は自意識過剰でそのために「友だち」になりかけた人
と別れてしまったり、あるいは女好きのせいで、うまくいかなかくなったりする。

身体障害者や「黒人」の人に対する視線には気になる部分も感じるが、
それは、1920年代の小説だから仕方ないのかな。

完成度としては『のけ者』の方が上だと思うし、
個人的には『のけ者』の救いのなさが好きだが、
この小説も十分に楽しめた。

それにしても、フランスの作家ってパリを描くのが好きだな、と思う。
ゾラの『パリ』をついこの間、読んだばかりだから、余計に、
そう思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/28 00:54

投稿元:ブクログ

主人公はとにかく観察眼が鋭く、相手の短所をどんどん見つけてひとりで絶望しまくる。
そのわり相手や自分の気持ちにはめっぽう鈍感で、「誠意を尽くす僕に誠意を尽くさなければいけない」という固定観念からはずして考えることがない。
それが終わりなき、どうしようもなきディスコミュニケーションを生み続ける。

2006/02/09 23:15

投稿元:ブクログ

フランス文学ってこうもアンニュイな感じなのかと感じる一冊。とはいえ、友達にはなりたくないな。主人公は全くの交際べた、人間との距離のとり方を完全に誤っている、勘違い男なのである。でも、何か憎みきれない。某週刊ブックレビューの評者の言葉に乗っかって買った。評者の言うとおり、今の時代でこそこの本を翻訳する意味があったのだ。50年以上たっても人間の本質的な精神というのは変わらないのですね…。

2006/01/12 00:57

投稿元:ブクログ

作者ボーヴの初邦訳。友達が作れない主人公の話。これは結構好きだ。ユーモアと訳者はまとめたが、ユーモアは言葉足らずで、メタレベルで見ればロマン派アイロニーみたいに解釈すべきでは?(分かりもしない言葉を適当に使ってみた)あと、登場人物の簡潔さに関しては今まで最高レベル。こんなに頭使わない小説はなかなかないです。最初に出てきた人がまた出てくるというようなこともほとんどなく、中上健次の正反対。あとたぶん主人公は中年くらいなのに一人称を「ぼく」にしたところが気になる。これだと、なんか白痴っぽく聞こえる。それはやりすぎでは?原文はおそらくJeなんだろうと思うけど、もしあえて「ぼく」を選んだとすればこれはある意味翻訳者の越権行為だと思うんだけど、どうでしょうか?

2011/04/10 20:26

投稿元:ブクログ

図書館。

昼休みに一章ずつ読んでたんだけど、好きなタイプの
作品ではない。でも印象には残る、といった感じ。
昔書かれたものとは思えないほど現代に通じるものがあります。
こういう人いそうだもんなぁ。なりたくないけど。

2006/04/16 17:52

投稿元:ブクログ

年金暮らしをする負傷兵。
友情を渇望しながらも、被害者意識と妄想癖で
みずから孤独に陥ってしまう。

2006/12/10 01:45

投稿元:ブクログ

「孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい!」 パリ郊外、孤独な日々
を送る青年ヴィクトールは、すれ違う人々となんとか心を通わせよう
とするのだが…。世にも悲しいユーモアを漂わせた、パリでもっとも
不器用な男の話。

2007/05/09 21:14

投稿元:ブクログ

パリでもっとも不器用な男の話。孤独がぼくを押し潰す。ともだちが欲しい。本当のともだちが!…実際、友情を示してくれる人には、ぼくはとことん優しくなれる。年金もベッドも独り占めしない。逆らったりなんか絶対にしない。ぼくの望みは、その人の望みを叶えることだけだ。犬みたいにどこにだってついていく。その人が冗談を言ったら、ぼくはきっと声をあげて笑うだろう。もしも誰かがその人を悲しませたら、ぼくは涙を流すだろう。

2009/05/05 12:37

投稿元:ブクログ

こういうヤツが近くにいたらすごく嫌だなと思うけど、気づいてみたら『あ、自分に似てるじゃん』みたいな。ともだちができない人、必読。

2009/03/23 05:41

投稿元:ブクログ

わたしは翻訳小説はあまり読まないのですが、マイミクさんがお二人読まれていてレビューを書かれ、図書館で見つけたので、読んでみました。

孤独な元軍人の年金生活者の独身男性の主人公は第一次世界大戦で片目を失っています。
「ともだち」を求めつつも不器用な性格からうまくいかないという話です。


1924年の作品ですが、日本語訳は2005年に出ているというのは奇妙です。
85年前の作品ですから、時代的には志賀直哉、井伏鱒二、梶井基次郎、川端康成、芥川龍之介、谷崎潤一郎、堀辰雄、小林多喜二の頃になります。
翻訳のせいか、視点は現代的な感じがしました。
他人との間の取り方という視点で、悲しいやるせない作品です。
あれこれ考えさせられ、身につまされました。

パリの地名が色々出てきて、憧れます。
モンルージュ、バイロン卿通り、ヴィクトワール通りなどフランス映画を見てみたいという気分になります。

ビヤールに貸した50フランをそのままにしてしまったところ、ラカーズ嬢を待ち伏せしたことがもとで、罵られ、「いつかきっと警察沙汰になる」と言われてしまうところなど、悲しいですが共感できるところもあります。
女性での失敗が主人公は多いようです。

翻訳は基本的には原文を尊重すべきなのでしょうが、人権上問題があると見られる用語や外国人に対する見方など首を傾げる記述もいくつか見られました。

2009/04/08 23:24

投稿元:ブクログ

大都会パリで孤立する不器用な主人公の一人称で描くユーモアとペーソスに溢れた物語。
「ぼくのともだち」とはなんとも皮肉なタイトル。

2015/05/15 11:01

投稿元:ブクログ

第一次世界大戦に従軍し、軍人年金をもらって働かずに暮らす若者、ヴィクトール・バトンのともだち探しの物語。小説の舞台は100年前のフランスだが、ニートはやっぱり存在していた。ただ、頼るものが一方は年金、現代の日本では同居する親のサイフという違いはあるけれど。

出世も仕事もお金もいらない。バトンが欲しいのはともだちだけ。しかし、その欲望が強すぎるうえ、もともとの不器用さと過剰な自意識が重なって、誰と接しても空回り。深い人間関係を構築できない。しかも、自分勝手な妄想が実現しないと不愉快になる。おかげで周囲は親しくなる前に彼のそばから離れてしまうし、バトンの方から離れてしまうことも。浅く付き合うなら都合の良い人間だ。

と、100年前のニートを主人公にした陰気な物語。しかし、翻訳の文章にテンポがあり、ともだちを失っても、また次なるともだちを探す主人公のガッツにも救われ、楽しく一気読み。ひらがなのタイトルとキモカワな表紙にも惹かれる。

2010/11/10 00:36

投稿元:ブクログ

なんとも暗いひもじい話。主人公は、慎ましやかに見せかけて内心すごくプライドが高く傲慢。しかしすごくよくわかる心理描写でもある。皆、ああいうひん曲がった目線とか考え方を少なからず持っているのだろう。自分の腹の内を見せ付けられているような、自分に対して恥を感じてしまうような表現。・・・しかし決して面白い話ではなかった。

2016/04/14 13:23

投稿元:ブクログ

第一次世界大戦後のフランスが舞台。主人公は従軍して壊した身体を、必要以上にいたわって憐れんでいる孤独な男。
エマニュエル・ボーブの長編処女作。この小説を発表した時、まだ26歳だったそうだ。26歳の青年が、どうやってこれほど人間を理解できるようになったのだろう

こいつは一体何を言っているんだの見本市。軽蔑されることを恐れるあまりに、他人のあら探しをせずにいられない。

下心を持つ相手とは友だちになれないな。だって、お互いのことを知り合えないもの。

リュシー・デュノワ
 ぼくは、彼女の欲望を満たした。ぼくらは、互いの欲望を満たした。
 彼女は、ぼくにコーヒーも出さなかった。彼女がぼくに出す皿の中身は、前と後とで変わらない。それがぼくらの関係のすべて。

アンリ・ビヤール
 ぼくは、ぼくをわかってほしい。どうか、ぼくに親身になって、同情して、ぼくを特別な人間にしてくれ!ぼくと一緒に傷をなめあおう!

船乗りのヌヴー
 自殺志願者のふりをしていたら、見知らぬ水夫と心中する羽目になった。ああ怖かった。
 彼をぼくの取り巻…ともだちにしてやろうと思ったが、ぼくの親切には値しない男だった。彼は一文無しで、ぼくの金で飲み食いしているんだから、もっとぼくをあがめないといけなかったんだ。
 今頃、溺死してるかな。せっかくのチャンスをふいにしたね。

ムッシュー・ラカーズ
 大勢の人が昼となく夜となく行き交う駅で、孤独に浸っていたら、立派な紳士に荷物持ち扱いされた。恥ずかしかった。
 彼のチップを断ると、ぼくに興味を持ってくれたんだ!家に招待してくれた。特別な人間への第一歩だ!
 彼は僕に金と仕事をくれた。それでぼくは、ロマンスを期待して彼の娘に会いに行ったんだ。傷つけるためじゃない。愛されるチャンスが欲しかっただけなんだ。
 そして……何もかもおじゃんだ。

ブランシュ
 一晩だけのぼくの恋人。あんまり理想通りじゃなかったんだ。

アペリティフ 食前酒。食欲をそそるために、食前に軽く飲む。お酒って、食欲を増すの?

ベネディクチン 1510年にベネディクト修道院で開発されたリキュール。薬草や香草がたくさん入ってる。どっしりした甘みのある味わいが特徴。それってどんな味?

2012/01/25 02:48

投稿元:ブクログ

わたしはこれを大好きです。
繊細で不器用でどこかかわいらしい男。ユーモアがあってちょっぴり切ない。
チャップリンや、ライ麦のホールデンをおもいだした。
たぶん、ずっと憶えている本。

フランス ランキング

フランスのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む