詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

シナオシ(富士見ミステリー文庫)

文庫

  • 国内送料無料

シナオシ (富士見ミステリー文庫)

田代 裕彦 (著)

紙書籍

605 ポイント:5pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.5
3.5
評価内訳 全て(7件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2006/04/01 20:27

キリサキと同じ作者の本。死ぬ前に起こした罪を阻止するために、『案内人』に別人の体で生き返らせてもらい・・・というあらすじ。
キリサキ同様こちらも面白かった。相変わらず最後のどんでん返しがすごかった。あとがきを見る限り、キリサキの続編ではないらしいです。え?でも・・・
この作品を読むときは、どの一人称が誰かというのをちゃんと整理しながら読まないと途中でこんがらがってきます。あと伏線にも気付かないかも・・・

評価3 投稿元:ブクログ

2010/09/08 10:33

ラノベですが、ミステリ好きにも評判が良かったので読んでみました。
が、どうも酉つ九には合わなかったです。
複雑なプロットはミステリ的に評価できるのですが、やはりラノベのあのノリがどうも拒否反応を起こしてしまいます。
生前、人を殺めた事を後悔していた僕は案内人によって別の人間の私である今見かずみとして蘇ります。
僕の犯行を阻止する為に私は誰が僕であるかを調査していきます。
本書はミステリ読みにとっても今一歩な作品ですが、ラノベを読みたい人にとっても複雑すぎて楽しめないどっちつかずの作品なのではないかと思います。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/12/06 01:11

2009/11/20(〜p284終)

他の方のレビューを見ると評価は高いのですごく書きづらいですが、、私はちょっとついていけないというか、物足りなさを感じてしまう1冊でした。
謎の深まり方と、最後の謎の解け方などは申し分ないとは思うですが、なんだかちょっと期待しすぎていたせいもあるのか、物足りなさを感じてしまいました。。
でも面白かったです。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/05/20 23:04

過去に戻って自分の失敗をシナオすはなし。
タイムパラドックス系ではかなり上位に来ると思うが、少し話が複雑な気もする。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/09/09 01:17

なかなか面白かった。
あるキャラクターと、あるキャラクターの名前の仕掛けには気づいてなかった。後、ラノベだからこそできる仕掛けがなかなかよかった。

前作(著者は否定してますがw)のキリサキを読んでいると、ラストでニヤリとできますw

評価3 投稿元:ブクログ

2010/09/29 19:40

時を遡り為直す(しなおす)者―<シナオシ>

生前に犯した殺人を後悔していた「僕」は「今見かずみ」として生き返り、為直すことにした。
「僕」がこれから犯すであろう殺人を阻止するのだ。
しかし、肝心の「僕」のころの記憶がほとんど失われてしまった。
そのうちにせまるタイムリミット。
「僕」は誰だったのか?そして「僕」が狙っていたのは誰だったのか?

「キリサキ」の姉妹作品といえますかね。
序盤から微妙な違和感を感じて、「ああこれは「あの手」の仕掛けだろうなぁ」なんて読めてしまいましたが、それでも真相には驚き!
前作以上に複雑です。
というか、ヒントがあからさまに提示されていたことに一番驚きました。なんと大胆な!
気がつきませんでしたよ~、ここにやられました。

どっちかといえば「キリサキ」のほうが好きかなぁ。タイムパラドックスものが苦手、というのもありますが。
多分これはどちらを先に読むかで変わってくるのでは?
「キリサキ」を読んでいたから「シナオシ」の仕掛けについても想像できてしまって驚きが薄まった、というのもありますしね。
でも今回もナヴィの設定が絶妙でしたね。この使い方が非常に巧いです。

めみさん曰く「終盤まではすんごいつまらない」(笑)、その通りでした。
でもまあそれは「ミステリ」を期待して読んでいたからで、本来のこの叢書のファンにはそのあたりも楽しめたのではないでしょうか?ということで(笑)。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/10/04 22:04

600円以下の文庫本とは思えないほど濃密。非常にうまくできていてキャラクターも魅力的。同作者の「キリサキ」もオススメ。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.