サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

くじ
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 19件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.1
  • 出版社: 早川書房
  • サイズ:19cm/325p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-208697-1
  • 国内送料無料

紙の本

くじ (異色作家短篇集)

著者 シャーリイ・ジャクスン (著),深町 眞理子 (訳)

町中の人が集う広場で行なわれるくじ引きで、いったい何が決まるのか−。表題作「くじ」のほか、人間の残酷さを抉り出し、読む者を狂気の世界へ誘う21編を収録した短篇集。〔197...

もっと見る

くじ (異色作家短篇集)

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「くじ」が含まれるセット商品

異色作家短篇集 20巻セット

異色作家短篇集 20巻セット

  • 税込価格:43,416402pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

町中の人が集う広場で行なわれるくじ引きで、いったい何が決まるのか−。表題作「くじ」のほか、人間の残酷さを抉り出し、読む者を狂気の世界へ誘う21編を収録した短篇集。〔1976年刊の改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

酔い痴れて 9-17
魔性の恋人 19-44
おふくろの味 45-60

著者紹介

シャーリイ・ジャクスン

略歴
〈シャーリイ・ジャクスン〉1919〜65年。サンフランシスコ生まれ。シラキュース大学卒業。43年ごろから雑誌に短篇を発表し「くじ」で作家としての地位を確立する。他の作品に「山荘綺談」「野蛮人との生活」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店盛岡店

異色作家短編集と題さ...

ジュンク堂書店盛岡店さん

異色作家短編集と題されたシリーズの、一冊。
その村で毎年おこなわれる、くじ引き。
一説には開村の頃には始まっていたと言われるその伝統行事には、村人すべてが参加しなければならない。
何が当たるのか? それは、幸運を意味するのか? それとも?
誰もが善人であるはずの、ひとり一人の心に潜む、闇。それが、じわり、と描かれています。
文芸書担当

みんなのレビュー19件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

好きというのが憚られるような作品集

2006/02/14 12:45

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たむ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『たたり』(山荘綺談)はたしかに怖かった。『ずっとお城で暮らしてる』の不気味さも忘れられない。でもこの粒ぞろいの短篇集の前では、それさえもかすんでしまうほどです。

 悪意というほどではない、出来心と表現するのも大げさな、ささいな心の動き。たとえば街中に出かけるから普段よりもおしゃれするという、見栄とも呼べないようなごく当たりまえのことは、誰もがするはずです。そういったごくごく小さな体裁をつくろったり、見栄を張ったり、大人ぶったり——誰もが無意識のうちに常日頃おこなっているような心の動きを、あるときはうまく切り取り、あるいは増幅し、読者の目の前に突きつけます。

 不快に感じる作品もあれば、リアルな心理状態にドキリとしたり、思わずくすりと笑える作品もあります。けれどどの作品にも共通していることは、自分の心を覗かれているような、ひやりとする感覚です。読んでいるあいだじゅう、部屋のどこかからすきま風が入り込んでいるように、うっすら寒い。

 表題作「くじ」は、強い悪意が極端な形で表れているという点で、この短篇集のなかでは異色です。「麻服の午後」の少女のような感覚は、誰もが子供のころに思い当たることがあったでしょうし、「伝統あるりっぱな事務所」のようなあくまでさりげない会話を毎日している人だっているでしょう。「おふくろの味」に出てくるマーシャのような知り合いが誰でも一人くらいはいるかもしれません。

 悪意という極端な形であれば、それは所詮フィクションなのだと楽しむこともできます。けれど本書に描かれている心の動きは、あまりにも身近すぎる。怖くて楽しいのではなく、怖くて気分が悪くなるような——それでもやっぱり楽しいのですが——麻薬めいた短篇集でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/09/28 08:19

投稿元:ブクログ

 最初の印象は「そんなに怖くないじゃん」。それが2つめの「魔性の恋人」から「おふくろの味」「決闘裁判」と読み進めるうちに、打ちのめされることに。降参です。すげえ! ふとした瞬間にむき出しになり見せる(まさに魔がさした!)何ともいえない人間の嫌らしさ、平穏な日常が隣人との不協和音からガラガラと音をたてて崩壊していく怖さ不快感がどの作品からも立ち上がってきて…じわじわと怖い。もっと恐ろしいのは、主人公を奈落の底に突き落とすやっかいな人物が他人事ではなく、まるで私自身が投影されて描かれているように感じてしまうことだ。いや〜ん(涙目)。 収録されている22編中、「怖い」と感じたのが「魔女」「背教者」「おふくろの味」「決闘裁判」「大きな靴の男たち」そして「くじ」。「分かるわあ。私もやりかねない」共感できてしまったのが「ヴィレッジの住人」「麻服の午後」「曖昧の七つの型」「もちろん」。何ともいえず嫌らしかったのが「アイルランドにきて踊れ」。手厳しいラストが…絶句。 「怖い」というよりも、人間の中に確かにある残酷で嫌らしい側面を、巧みな観察眼と描写力によって、鮮やかにほじくり出して描き出しちゃった作品集って感じ。読んでも気分爽快にならないし、毒気に中てられて読了感最悪で鬱々だし、でもでもでも。それだからこそ、強く印象に残って決して忘れられないというか。 60年近く前に発表されたというのが嘘みたいに、今読んでも十分に通用する「奇妙な味」の魅力ぷんぷんの物語。堪能した!!!

2009/10/26 23:30

投稿元:ブクログ

 第三者からの悪意、明確な理由もないままずるずると転落してしまう悲劇を書かせたら天下一品というジャクスンさん。物語の主役よりも脇役のほうが生き生きとして目立ってます。もちろんその残酷な悪意で・・・。第三者本人が自覚していない悪意っていうのはよくありますが、シャーリイ・ジャクスンの書く悪意は明らかに確信的な悪意。なぜ全くの他人からそんな悪意が生まれているのか。そんなところでゾッとします。さすが魔女とまで言われたシャーリイさん。

2011/07/22 21:59

投稿元:ブクログ

Ⅰ「酔い痴れて」「魔性の恋人」「おふくろの味」「決闘裁判」「ヴィレッジの住人」
Ⅱ「魔女」「背教者」「どうぞお先に、アルフォンズ殿」「チャールズ」「麻服の午後」「ドロシーと祖母と水兵たち」
Ⅲ「対話」「伝統ある立派な会社」「人形と腹話術師」「曖昧の七つの型」「アイルランドにきて踊れ」
Ⅳ「もちろん」「塩の柱」「大きな靴の男たち」「歯」「ジミーからの手紙」「くじ」
Ⅴ「エピローグ」
が読めます。

「魔性の恋人」「おふくろの味」「決闘裁判」「ヴィレッジの住人」「魔女」「人形と腹話術師」「曖昧の七つの型」「アイルランドにきて踊れ」「大きな靴の男たち」
が最高に面白い!
が、どれもとても面白いです。
人間の黒いところがグレーに落とされて描かれています。
「あー、分かる!分かるよ、それ!」という感じがそっと描かれていて、何度もドキっとさせられました。
とても面白かったです。
何気なく手に取った本だったので、あまりの当たりっぷりに正直驚きました。
オススメです。

2010/12/31 15:48

投稿元:ブクログ

異色作家短篇集の6巻です。
女性の作家さんです。
表題作の「くじ」は怖いと思うと同時に素晴らしいとも思います。
こういった話を読むと、やはり人間が1番怖いんじゃないかと思わずにはいられません。
「チャールズ」は面白かったです。
知らぬは親だけですね。
あとは意味はないけど「どうぞお先に、アルフォンズ殿」は題名が好きです。

2009/03/13 11:05

投稿元:ブクログ

思い込みからくる善意の押し付けとか、理はこちらにあるのに言い出せないうちにじわじわと他者に入り込まれてしまう不快感とか、ふとしたきっかけで現実が揺らいでしまう心もとなさとか・・・・
肌がゾワゾワするような、胸のなかがもやもやするような、嫌な感じがたっぷり楽しめる。
1949年の出版というから、今から60年前の作品集なのに、とても今日的に感じる。

ぞっとさせられると同時に哀れさも感じさせる「魔性の恋人」、意表を衝かれた終わり方の「曖昧の七つの型」、こちらまで信号が渡れなくなるような気分にさせられる「塩の柱」が特に印象深い。

――The Lottery ; or,The Adventures of James Harris by Shirley Jakson

2009/01/01 18:38

投稿元:ブクログ

こちらも薄気味悪い
ホラーのような怖さでないところがまた良い
しっくりこない、むずむずするような話ばかりでしたが

2012/04/16 20:59

投稿元:ブクログ

<異色>といえど、しっかりと「もやっと」するオチがあって(このなんか、矛盾!)いい。最近の「純文学」はそこで終わることに意味があるの? って聞きたくなるような、でもそんなの聞くようじゃ作品読めてない、それどころか現代文学読む資格ないから。つうか「意味」にとらわれてるのまだ? みたいな風格のあるのも多い(偏見)から、いい!

24 女の子あるある。女心がわからないと嘆くまえにこの1ページでも読んで、われわれの葛藤を思い知るといい(なにさま)。
それが思いつめると39。わかるー。
くやしいが60もアルー。つらいな、つらすぎた(全然「もやっと」じゃないじゃん)。

119、ダチョウ倶楽部。全世界共通かー。

321、解説ですべてあきらか。気付かなかったもちろん。

2011/10/04 15:34

投稿元:ブクログ

「くじ」については、ダメな意味でもう古典かなという感じがしたが、他の素晴らしい短編「塩の柱」といい、レベルが高くものすごく面白い。最高に面白い、かなり面白い、面白い。という感じで短編がずらずらと並んでいる。独創性と普遍性がちゃんと共存している。見事。

こんな風に書けてしまうことが、うらやましい。もちろん★5です。

2012/05/23 16:49

投稿元:ブクログ

後からじわじわとくる感じ。文章に含まれた悪意がすごい。表題作「くじ」がずば抜けていたけど、「おふくろの味」も好き。

2012/05/14 18:56

投稿元:ブクログ

善意の隣人や慣れ親しんだはずの身内がじわじわこちらを侵食する。似た傾向の作品をあげるなら悪意の温度を感じさせないハイスミスの短編の方が好みですが、搦め手のように追い詰められていく嫌な感じをより内側から追体験したい、というのなら迷わずシャーリイ・ジャクスン。うう疲れた。

2012/03/11 16:57

投稿元:ブクログ

2012/03/11/Sun.購入。
2012/11/12/Mon. 〜2013/03/07/Thu.


後味悪い系小説好きだけど、
正直、中にはオチや意味がよく分からない話もあって、
私の読解力が足りんのか?と思いつつ読んでた。
最後の「エピローグ」〜訳者・深町眞理子氏の解説読んで、
やっとストンと落ちた感じ。
もう一回読み直そう!

2012/02/05 17:39

投稿元:ブクログ

きっとシャーリー・ジャクスンは人間誰しも持っている嫌な部分がよく見えるひとだったんだなー。ありふれた生活のなかの残酷な部分、虚栄心、冷たさといったものがじわじわくる。

2013/04/07 20:52

投稿元:ブクログ

ホラーや幻想的な物語を期待していたんですが、ちょっと違ってた。日常の一場面で、偽善、狂気、見栄、悪意、さまざまな人の心の裏側や残酷さをほのめかすようなイヤな感じの物語が詰まった短編集でした。上手いんですけど一気に読んだら読み疲れた。

2014/05/27 02:47

投稿元:ブクログ

「ずっとお城で暮らしてる」が面白かったので。
ホラーかな?と思って読んだら、少し違った。言うならば「嫌な物語」という感じでした。全体的に不穏。日常に潜む小さい悪意が寄り集まって、じわじわ効いてくる。1冊読み終える頃にはぐったりしてしまった。
収録作の中で最高に嫌だったのが「おふくろの味」何だこの女は…。
「塩の柱」の強迫観念に囚われてしまって信号がなかなか渡れない女性はリアルにありそうで怖かった。表題作の「くじ」も理不尽な怖さがある。
同じような名前の人がよく出てくるなーと思ってたけど、あとがき読んで納得。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む