サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

[CPあり]2016年年間ランキング【ランキングTOP】(~12/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 人は「話し方」で9割変わる 1

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

人は「話し方」で9割変わる 1
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 61件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 経済界
  • サイズ:18cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7667-1021-5
  • 国内送料無料
新書

紙の本

人は「話し方」で9割変わる 1 (リュウ・ブックスアステ新書)

著者 福田 健 (著)

話し方次第で、人生は変わる。初対面で心をつかむ話し方、身近な人と「いい関係」を保つ話し方、「話す力」は「聞く技術」で磨かれる、など日常の具体例をたくさん盛り込み、会話上手...

もっと見る

人は「話し方」で9割変わる 1 (リュウ・ブックスアステ新書)

864(税込)

ポイント :8pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

話し方次第で、人生は変わる。初対面で心をつかむ話し方、身近な人と「いい関係」を保つ話し方、「話す力」は「聞く技術」で磨かれる、など日常の具体例をたくさん盛り込み、会話上手になるためのヒントを紹介。〔「会話の達人は人づきあいがうまい」(2000年刊)の改題改訂〕【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー61件

みんなの評価3.3

評価内訳

2008/02/18 23:11

投稿元:ブクログ

またまた話し方の本を読みました。
・よく聞く
・相手がどう受け取るか考えて話す
・けどびびってなにもいえないのはよくない

会話は別の考え方と出会う楽しみ、と思えるようになりたい。


-20080209購入

2008/10/21 13:31

投稿元:ブクログ

話し方というタイトルですが
巻頭に 聞き方が大事だ とありました

聞くのも話す内 という考えであれば
そうなのかもしれない

小さなコツが つらつらっと書かれています
実際の会話文が多く 読みやすくわかりやすい展開でした。

2006/07/05 22:33

投稿元:ブクログ

人とコミュニケーションを取る上で切り離せない技術である会話について、かなり実用的に、且つ、読みやすく面白く書いてある。書名には「話し方」と書いてあるが、「話し方」と対を成す「聞き方」についても書いてあり、興味深い。「話しベタな人」「聞きベタな人」の両者はもちろん、自分が「話し上手」だと思い込んでいる人にも読んでほしい一冊。とてもためになること請け合いだ。(Amazon.co.jpに書いたレビューを転載)

2007/06/07 22:27

投稿元:ブクログ

この本で書かれている話し方の工夫については、既に意識して実行している(つもりの)点が多く、改めて言われなくても・・・と思う部分が多かった。(もちろん全てが実行できているとは思えないが・・・)「聞き手が話し手をリードする」という部分は共感。

2008/01/27 14:29

投稿元:ブクログ

まず、自分を変える前に、人から、どういう目で見られているのか、第一印象ぐらいは、わかっておかなければならない。そして、悪いところを直す。コミュニケーションにおいては、人の話をさえぎったり、詰問のようになったり、相手を傷つける言葉を言ったり、自分ばかりがしゃべったりと、テクをつける前に、まずは基本的に、いけないことはやめなければいけない。特に、身近な人の場合、ついつい油断してしまい、感情がストレートに出てしまったり、相手に対して、過度の期待をしてしまわないようにしよう。話し上手は聞き上手でもある。相手の話を聞くときには、リラックスをし、相槌を打ち、反応も早くする。表情や、目を合わせることも大切だ。こうして考えてみると、話す事ひとつとっても、けっこう、難しいものだと思う。

2007/09/06 20:50

投稿元:ブクログ

最近、話し方にまとまりが無い、初対面の人と喋る時に話題に困る、などが多い私なので、喋り方の本を一つくらい読んでみたく購入してみた。

会話の第一歩は相手への思いやりである。
そして、何気ない会話の積み重ねが、相手を良く知る鍵。挨拶をしたら、何か一つ相手に問いかけてみよう。英語だと"How are you?"と必ず聞かれるように。

初対面(合コンなど)で困った時の話題は「たちつてとなかにはいれ」。これだけあれば話題にこまらないでしょう。

とにかく日々練習が肝心ですね。
タクシーに乗ったら、"最近どうですか?"と聞いて練習しよう。
話し上手になれば、次は聞き上手だ!

2007/06/09 10:53

投稿元:ブクログ

良好な人間関係には会話が必要となる。会話にもコツがある。社会人の私にとってホホーと思うことが多かった。

2007/05/26 22:12

投稿元:ブクログ

言葉を発する側の意図は、言い方やシチュエーションで受け取る側に必ずしも伝わらないんだなと。発する側はそれを考えないといけないね。

2011/08/20 22:43

投稿元:ブクログ

8月20日読了。帯には「41万部以上のベストセラー」とある、話し方と聞き方を変えることで魅力的な人間になれると説く本。「話し方」を考える際には「スピーチ」と「会話」について考える必要があり、いずれも事前の準備(リハーサルや初対面時でもスムーズに進むネタ仕込み)が必要なのは確かだが、相手の様子を見て軌道修正すること・相手に関心を持ち、相手に話させるようにすることが重要ということか。「話し方」を考えるときに「いかにうまいこと話すか」ばかり考えるのはNG、「人間は誰でも話をしたいもの」「会話は受け手が決定するもの、『伝わらない』のには伝え手に責任がある」とは分かっていてもなかなか意識・実践ができないことだ、注意しよう。

2007/11/12 01:10

投稿元:ブクログ

正直9割ってのは大げさすぎるけどまあまあいい事書いてあります。
話を聞いている時にすでに自分は話しているのと一緒だというところがうなずけました。いい加減に聞かれたらむかつきますしね。話の要点整理しながら聞いていることをアピールしたりうなずきなどが重要なのがよくわかり、営業に活用してみようと思いました。

2007/07/11 03:54

投稿元:ブクログ

人と話すのが苦手ってわけじゃないけど、興味本位で読んでみた。
話し方はそう簡単に変わらないけど、コミュニケーション能力は割と簡単に磨けるんじゃない。でもやっぱ実生活では話しやすい人としか話さなくなる。

2009/02/09 16:56

投稿元:ブクログ

本屋さんのランキングに入ってたのでつい買ってしまったが、読みにくい。
そんなに新しい発見があるわけではない。
まあでも最後の章(具体例)は他の章よりかは読みやすく、おもしろかった。

2008/01/19 19:05

投稿元:ブクログ

【No.28】そこそこ勉強になった。「話は受け手が意味を決定する」「明るい表情で笑顔を見せる人には、誰でも親しみを覚える」「顔見知りになり、つながりができたそのときから、会話を続けていき、お互いを知る努力を継続すること。その中で会話も磨かれて上手になる」「人生は経験を積めば積むほど、わからないことが多くなって興味がつきないもの」

2008/05/09 18:08

投稿元:ブクログ

人生はドラマである!と言うことは会話は脚本であり、その内容の良し悪しで当然
ドラマの良し悪しが決まってしまう。 楽しい人生を送りたいのであれば、話す内容も
楽しいこと、嬉しいことを話すように、自分で脚本を書くようにしなければならない!

2007/10/29 00:56

投稿元:ブクログ

興味のあることだったので即買い。

けど当たり前のことがつらつら書いてある印象。

話すことは得意不得意があって
そんな上手く話すことはいいことなのか?と思った。
上手く言葉が出なくたって、
雰囲気で本当に親身になってくれてることとかわかったりするし
人間言葉だけが気持ちを伝えるツールじゃないと思うので。

でも自分の話し方の反省は出来ると思います。
借りて読む本かな…

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む