詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

外套・鼻 改版(岩波文庫)

  • 発行年月:2006.2
  • 出版社:岩波書店
  • レーベル:岩波文庫
  • サイズ:15cm/140,3p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-326053-8

文庫

  • 国内送料無料

外套・鼻 改版 (岩波文庫)

ゴーゴリ (作), 平井 肇 (訳)

紙書籍

518 ポイント:4pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた…写実主義的筆致で描かれる奇妙きてれつなナンセンス譚『鼻』。運命と人に辱められる一人の貧しき下級官吏への限りなき憐憫の情に満...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

ある日、鼻が顔から抜け出してひとり歩きを始めた…写実主義的筆致で描かれる奇妙きてれつなナンセンス譚『鼻』。運命と人に辱められる一人の貧しき下級官吏への限りなき憐憫の情に満ちた『外套』。ゴーゴリ(1809‐1852)の名翻訳者として知られる平井肇(1896‐1946)の訳文は、ゴーゴリの魅力を伝えてやまない。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(69件)
★★★★★(14件)
★★★★☆(28件)
★★★☆☆(14件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(2件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

くせになる味わい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/28 17:22

評価5 投稿者:しろくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

「外套」は世間の隙間で生きる弱者に対する温かい視線が感じられます。ドストエフスキーは「我々は皆ゴーゴリの『外套』から生まれ出でた」と言っていますが、まさにドストエフスキーの「貧しき人々」にも通じるものを感じました。一方、「鼻」はシュールで想像力フル回転といった作品。
 いずれもそれぞれゴーゴリらしさを味わえることができます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

騙されてください

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2003/02/12 21:13

評価5 投稿者:ねんねじ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやはや、まったくビックリしました。こんなに面白い本があったなんて!
 ゴーゴリというとあのドストエフスキーをはじめとするロシアの文豪に影響を与えたと、もっぱらの話ではないですか。そんな話を聞いたら、どれほど暗く重い話だろうと想像してしまうではないですか。
 しかし、そんな妄想はナンセンスでした。「鼻」の面白さといったら、もう。だって、「鼻」が五等管の制服を着て信心深そうに礼拝してるんですよ。そこに、「鼻」の主が「もし、貴方、」って話し掛けちゃうんですよ。もー、面白いったらないです。
 まあ、色々とこの話にあるであろう「何か」について話さなくてはならないのかも知れませんが、そんなのは学者先生にお任せします。そんな面白くない話をして変な先入観を植付けたくはありません。とにかく、下手なお笑い見るよりこっちの方が何十倍も面白いです。騙されたと思って一読を。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

すべては『外套』からはじまった?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2002/03/01 19:40

評価5 投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『外套』のストーリーそのものは、たいしたものではない。貧しい下級官吏が、やっとの思いで新調した外套を盗まれ、その心労がもとで死んだあとに、冷たく当たった役人の前に幽霊となって現われる、というだけのお話。しかし、その一行一行が豊かなイマジネーションを喚起して、読後もくっきりとした忘れられない印象を残してくれる。読者の頭の中に、ひとつの小宇宙を築き上げ、その中で、いつまでも主人公のアカーキー・アカーキエビッチが「生きて」いるのだ。一個のユニークでありかつ普遍的な人間像がみごとに創出されている。「すべては『外套』からはじまった」というトルストイの言葉もうなずける名編。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

リアルだったり、シュールだったり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/06/07 18:09

評価4 投稿者:一匹狼 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんとなーくロシア文学が好きで読んでいるのですが、この本も面白かったです。でもその面白さを説明するのが難しくて辛いところ。
外套は悲しい話でした。アカーキイ・アカーキエヴィッチの人生は悲しく報われないものでしたが、ゴーゴリの文章にはどこか優しい視線が感じられ、不思議と温かみがあるように思えます。
鼻は、芥川龍之介も不思議な鼻の小説を書いていたなーと、鼻には万国共通の想像力を掻き立てる何かがあるのかもと思いを馳せながら読みました。かなり想像力を使って読む小説で、久々にのめり込むようにして楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ペテルブルクの街で、外套と鼻を求めて奔走する下級役人の悲喜劇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/05/15 03:18

評価4 投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

ゴーゴリの『外套』を初めて読んだのは小学生の頃、確か小学館の「少年少女世界の名作文学」シリーズの中でだったろうか。アカーキイ・アカーキエウィッチという冴えない人物が、ようやく手に入れた新しい外套を必死に探す姿と、闇の中に取り残されたようなラストが印象的だったような、そんな記憶が残っている。

今回久しぶりに読んでみて、よくもこれだけ冴えない登場人物たちしかいないものだと、妙なところに感心してしまった。かっこいい、あるいはこうありたいものだと思わせてくれる人間が、ひとりとして小説の中に出てこない。主人公のアカーキイ・アカーキエウィッチを筆頭に、すべての人間が灰色めいた陰気な印象を帯びている。寒さ厳しいペテルブルクの街がまた、どんよりした灰色の背景として塗り込められている。
そんな中で唯一、キラキラと光り輝いていたのが、アカーキイ・アカーキエウィッチの新調した外套だった。もちろんこれは、アカーキイ・アカーキエウィッチにとって光り輝いていたということであって、他人は彼の外套のことなどは、すぐに関心を失ってしまう訳なのだけれど。

警察官がどうしようもなく無能で役立たずだったというのも印象に残る。作者によって徹底的に虚仮にされているとしか思えない阿呆ぶり。当時のロシアの官憲から睨まれなかったものかね>ゴーゴリはと、ふと気になったくらい。「おまえら、フロスト警部の爪の垢でも煎じて飲め。仕事しろ。」と言いたくなった。

もうひとつの作品の「鼻」。そのコミカルで無鉄砲なおかしさといったら、理屈抜きに愉快だった。
八等官コワリョーフの鼻が、ある日突然、彼の顔から失踪する。そしてあろうことか、うろんな紳士の「鼻氏」として、鼻のなくなったコワリョーフの前に現れて、彼を鼻にも引っかけずに右往左往するというお話。実に奇妙奇天烈、人を食ったストーリーである。

この珍無類の話に初めて触れたのは、本作品を許にして台本が書かれたショスタコーヴィチのオペラだった。最初に聴いた時は、あまりのおかしさに思わずくすくす笑ってしまった。ショスタコーヴィチの歌劇「鼻」。面白いよー。おすすめ。

訳は、平井肇。戦前の翻訳だが、今読んでもさほど古さを感じない。読みやすい訳文だと思う。ただ、これは原文のせいなのか改行が少なく、一頁に文字がびっしり埋まっている。文字そのものも小さいなという印象。ちなみに私が読んだのは、2002年の第73刷発行版。岩波文庫を読み慣れた方であれば、たいして気にならないのだろうけれど、私は読み始めた最初、やや閉口した。たまたま書棚に、最近購入した幸田露伴『幻談・観画談』(岩波文庫 2003年7月 第15刷)があったので覗いてみたら、こちらは文字も大きく、行間も広くとってある。頁数は増えても、このくらいゆったりと活字を組んでもらえると読みやすいのにと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一個の零落者の息吹き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2004/01/15 15:45

評価4 投稿者:j_taiyaki - この投稿者のレビュー一覧を見る

 『外套』の主人公のアカーキイ・アカーキエウィッチは九等官で、これはつまり取るに足りない木っ端役人に分類される役職だ。さらに彼は滑稽で愚かしく痛々しい、仕事以外になんの楽しみもない、哀愁漂う人柄である。が、同時に、つまらないその仕事に健気にひたむきに打ち込む、憎めない愛すべきキャラクターでもある。

 こういう人物設定や、その人物が生身の身体をもって生活する、一個の生ける実存として鮮やかに描かれる様に、あらゆる人間に対するゴーゴリの暖かい眼差しが感じられる。そのために、まったく滑稽な主人公でひどく哀れな物語だが冷笑的な気分になぞ全くならず、また、独特の軽妙さとユーモアがあって、暗い感傷的な気分にもならない。さらに後半の復讐劇は現実離れで奇妙奇天烈ではあるが愉快であり、なんとも不思議な読後感である。

 まあ要するに、アカーキイ・アカーキエウィッチと同じように、見事なまでに起伏なき平坦な生活を淡々と送る凡人、いや落伍者の私自身も、やっぱりこの世に位置を占めて一個の実存として私なりに生きているわけだ、それもまあ悪いことではあるまい?と感じさせてもらった次第だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001/03/01 22:26

評価3 投稿者:55555 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ゴーゴリ[ロシア生まれ1809−52]の「鼻」は一般に滑稽なものだと思われている。しかし、朝起きたら無くなっている「鼻」はメタファーであるはずである。何か意味があるはずである。
 しかし、どんな意味かはわからない。やっぱり「鼻」は面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2004/10/06 00:09

ロシアの作家・ゴーゴリの代表作。何故読んだのかというと、教科書だったからです。はい。
最初はくどくどとした文章で「うわーさすがロシア文学、やめとけばよかった〜」というのが正直な感想でしたが、入ってしまえばこっちのもの。笑えます!! 小難しいこと考えないで、素人的に読むほうが面白いと思います。授業のために5つの作品を読んだんですが、特に「外套」が好きです。ロシア文学への偏見をくつがえしてくれた1作。
……まあ辛気くさいことには辛気くさいと思うんですけど。

評価5 投稿元:ブクログ

2004/11/20 04:02

ロシアの小説家、ゴーゴリの代表作ともいえる作品です。

役場に勤めるうだつの上がらない、ただただ日々をすごしているだけの小役人が、少ない給料を貯めて作った金でコートを買う。
男はそのことを喜び、仲間はそれを祝ってパーティまで開いてくれるがその帰り道にコートを追いはぎに奪われ、寒さと絶望からその男は死んでしまう。
そしてその男がコートを奪われたところでは通行人からコートを奪う幽霊が現れ…、という話。
など。


結構、とんでも話ですがかなり面白いです。ロシアの作家では一番好きな人です^^

評価3 投稿元:ブクログ

2006/02/07 11:23

アーカキィ・アーカキエウィッチって名前がなんともユーモラスでいい。あと、権力ってのはもっててもしょうがないものなんだなと思った。

評価4 投稿元:ブクログ

2005/04/18 03:04

二作品ともユーモア溢れる寓話。外套に執着する男にしても、鼻がなくなる男にしても、どこか愛らしい気がする。ペテルブルグの描写を見ると、ドストエフスキーもゴーゴリに影響されたのもよくわかる。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/04/29 20:56

面白い小説である。『外套』は下級官吏がさんざん迷って外套を新調するのだが、追いはぎに盗られて、あちこちに訴えるのだが、「有力者」に訴え出た所、逆に叱り飛ばされ、発熱してそのまま死亡、化けてでるという話である。解説には、虐げられた人に対する人類愛の小説だと社会主義的な観点から書いてあるが、書きぶりをみると、自身も下級官吏だったゴーゴリの自虐的な所も垣間見え、日本の落語みたいなものじゃないかと思う。『鼻』はやっぱり下級官吏が主人公で、鼻がある日なくなって、また、もとにもどる話である。自分より官位が上の服装を着て「鼻」が歩き回ったり、遊びでつきあっている令嬢の親が呪術をかけたとか、いろいろ大騒ぎをするけど、人間を嘲笑的に書いている感じがして、やっぱり落語みたいである。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/08/18 00:29

青空文庫・koboで読了しました。

■外套
 アカーキイ・アカーキエヴィチ、生まれたときからなんだか雑な名づけられ方だなと感じたけど、個性を得ることを許されていないかのような地味さだった。
 それでも、外套を新調できて嬉しそうでよかったな、と思ったんだけど……仕事仲間の外套は当然のように毛皮つきで、なんとなく芥川龍之介の『芋粥』を思い出した。
 あまつさえ追いはぎに遭ってその後すぐ死ぬなんてかわいそすぎる。。。

原題:Шинель

■鼻
 クリリンのことかーっ!
 いいえ、コワリョーフさんのことです。

 鼻を取り戻すための悪戦苦闘が滑稽で面白かった。芥川の『鼻』は常人離れした鼻の為に自尊心を傷つけられている禅智内供の話だけど、コワリョーフさんは普通の鼻を失って困り果てる話。
 鼻が服を着て歩いているってどういう状況なんだろう。首から先が鼻なの? それとも全身が鼻なの?(それだと服着れないような気がするんだけど……)

原題:Нос

評価5 投稿元:ブクログ

2006/07/02 03:08

情けない。そんな彼に共感する自分も情けない。辱められた者の内に秘めたる精神世界。そうそう、これこそロシア文学。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/08/14 02:17

訳文はかなり古い感じだけれど、普通に楽しめた。
ただ"今"この作品を読む価値があるかと言われれば微妙な気がする。あくまで古典かなぁ、と。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.