詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 陽気なギャングが地球を回す 長編サスペンス

陽気なギャングが地球を回す 長編サスペンス(祥伝社文庫)

  • 発行年月:2006.2
  • 出版社:祥伝社
  • レーベル:祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/394p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-33268-8

文庫

  • 国内送料無料

陽気なギャングが地球を回す 長編サスペンス (祥伝社文庫)

伊坂 幸太郎 (著)

紙書籍

679 ポイント:6pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうこ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、精確な体内時計を持つ女。この四人の天才たちは百発百中の銀行強盗だった…はずが、思わぬ誤算が。せっかくの「売上」を、逃走中に、あろうことか同じく逃走中の現金輸送車襲撃犯に横取りされたのだ!奪還に動くや、仲間の息子に不穏な影が迫り、そして死体も出現。映画化で話題のハイテンポな都会派サスペンス。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4.2
4.2
評価内訳 全て(1,484件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

安心して薦められる、伊坂作品の入門書

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/09/12 15:39

評価5 投稿者:YO-SHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「長編サスペンス」と紹介されているが、私にはライトなコメディに思えた。現場で必ず演説をぶつ銀行強盗なんて、コメディでなければ何だというのだろう。そう、本書は銀行強盗の話。それも何とも軽いノリの4人組の銀行強盗が主人公。それでいて成功率は100%だ。

 演説をぶつのは響野。口から出るのはウソばかりという男。でも仲間を裏切ることはしないし、自分にウソは付かない。真っ直ぐなヤツなのだ。彼の昔からの友人でもある成瀬はウソを見抜く名人。ウソつきとウソを見抜く名人の組み合わせとは相性が悪い、いや逆に抜群に良いのだろう、2人のコンビは息が合っていて最高だ。
 この2人に久遠と雪子の4人組、それと響野の妻や雪子の息子らが、組み合わせを変えて登場する短めの場面がドンドン展開していく。テンポが良くて会話が面白いのでアッと言う間に読み進んでしまう。映画化されたのだが、映画の長さは90分あまり。あとがきによると、著者がそのくらいの長さの映画が体質にあっていると言い、ふと「そういうものが読みたくなり」書いた話らしい。コンパクトな話なのは、著者自身の狙いでもあったわけだ。

 伊坂作品の中で最初に読むとしたらこの本が良いと思う。なぜなら本書は読者を選ばない。会話は面白いし、伏線は活きている。でも伏線の複雑さはホドホド、ついでに不思議さもホドホド、悪意や暴力もホドホド。伊坂作品の特長がホドホドに入っていて、万人に受ける。入門編として最適だ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エンターテインメント!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/15 10:48

評価5 投稿者:szk - この投稿者のレビュー一覧を見る

どんでん返しに次ぐどんでん返しで、最後まで緊張感を持って読めたのが良かった。これぞエンターテイメント本。敵を欺くなら味方からって言うけれど、読者を欺いてなんぼの構成が素晴らしいなあ。足の悪い田中さんとか予言めいたことを言うタダシ(もしかしてカカシ?)くんとか、伊坂作品を読んでる人へのちょっとしたサービスが心憎いね。たまたまだけれど、地元駅に電車が到着したと同時に読み終えたので、まるで雪子さんみたいって思ったり。伊坂さん、90分で終る映画、私も好きです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実に陽気な伊坂作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/08/09 12:06

評価5 投稿者:さんしろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

伊坂作品は何パターンかあるが、チルドレンや死神と同系列のこの手の作品が好みである。一風変わった登場人物たちの非日常的な行動に、軽妙な会話がうまく絡んでおり、読んでいて実に気持ちがいい。妙な蘊蓄や諺が次々に出てくるが、それがコミカルであり、伊坂先生のセンスに脱帽である。続編の日常と襲撃も読もう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い!面白すぎる!陳腐な褒め言葉でゴメンなさい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/09/12 01:14

評価5 投稿者:sleeping lion - この投稿者のレビュー一覧を見る

非常に面白かった!
中盤から後半にかけてのくだりは本当に面白く、ページをめくるのが快感。

変わった能力を持つ、4人のキャラクター。
その妻に、息子に、登場人物がめまぐるしく出てくるので、最初のうちは誰が誰だか頭にきちんと入らなかったが、途中からはもう、完全に彼らの虜。

軽快な会話劇タッチで進んでいきつつ、
所々に伏線をちりばめてあり、それを最後までに見事に回収し切った!
最後は話が何となく読めるものの、これは著者が話を読めるように作ったからだと思う。
それでも面白くて仕方がない。
ワクワクしながらページをめくる手が止まらない!
極上のエンターテイメント作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロマンはどこだ。

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/08/12 23:01

評価4 投稿者:咲久 - この投稿者のレビュー一覧を見る

一癖も二癖もある個性を持つ4人組が主役のこの作品、コミカルでテンポの良い粋な会話にあっという間に魅了される。
読む手は止まらないのに、読み終わるのがもったいない。
色濃く張られた伏線はラストを想像させてしまうものではあるが、最後カチッと一つにハマるところは見事であり、爽快な読了感をもたらす。
「謎解き」という要素は薄いので、ミステリー好きには物足りないかもしれないが、苦手な人でもすんなり読める良作であろう。
この作者の他の作品とは少し雰囲気の違う作品ではあるが、作者の知識量(もしくは参考文献の多さ)だろうか、他作品と同様に安心して読める文章である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

気だるい日常に派手なニュースを提供してくれるエンターテイナー集団!

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/12/04 20:29

評価3 投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

嘘を見抜く名人、天才スリ、演説の達人、正確な体内時計を持つ女。
こんな妙ちきりんなメンバーが集まってすることといえば、「銀行強盗」。それぞれ秀でた面を寄せ集め百発百中を誇る天才集団。
銀行強盗、といっても重い話ではなくて、語り口調のせいなのか、とても軽快に読めてしまう。
最近映画にもなったので、さて読んでみようか、なんて人もいらっしゃるでしょうね^^
とてもテンポのいい犯罪小説で、本来なら「悪」とうつるはずの銀行強盗も、彼らの論理を鵜呑みにするなら、なんか悪いことではないんじゃない?と思えてしまう。保険がきくなら、銀行側には何の損害もないわけですし、年を追うごとにしょぼくなる金利や、毎回かかる手数料なんかのことを考えれば、多少なりと私たちに還元してくれてもいいんじゃない?と思わせられる。
私も彼らの演説にころりと魅了されてしまうクチかもしれない。何がなんだか分からないまま銀行強盗のど真ん中にいて、何故だか分からないうちに演説を聞いて「ほぉ〜」となって、何だか分からないまま全てが終わってしまっている。「え? 今の強盗?」みたいな。
恐い思いをするのはごめんだけれど、1度はこんなユニークな強盗に遭遇してみたいって気もする。
この4人だからこそ、成し得た銀行強盗。素早く、無駄なく、鮮やかに。
人に危害を加えない銀行強盗のお手本でもあり、気だるい日常に派手なニュースを提供してくれるエンターテイナー集団!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

合言葉は「ロマンはどこだ?!」

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2012/01/13 14:49

評価3 投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

『グラスホッパー』や『チルドレン』を読んで、もっと伊坂幸太郎作品を読みたいと思って手に取った作品。『ゴールデンスランバー』が2008年度本屋大賞を受賞した余韻か、本屋には伊坂幸太郎コーナーがあり、次に読む作品を選ぶのに全く困らなかった。

そして今回手にとってみたのがこの『陽気なギャングは地球を回す』だ。並べられている伊坂作品を見比べて、本作品を手に取った一番の理由は「タイトルに惹かれた」から。『陽気なギャングは地球を回す』だなんて、痛快な結末を迎えられそうで、わくわくするじゃないかその読みは大当たり。ドキドキハラハラのサスペンスでありながら、読了後はスカッとした気分になる。映画化されDVDも発売されているようなので、映像でも是非、観てみたい。映画公式サイトはコチラ。



物語の主役は銀行強盗四人組。リーダーは、嘘を100%見抜く冷静沈着な論理派・成瀬。表の顔は真面目な公務員。 成瀬の昔からの友人で演説の達人・響野。彼の昼間の顔は喫茶店のマスター。 動物と自然をこよなく愛する青年・久遠はスリの天才。 紅一点の雪子はコンマ1秒単位の精確な時計を体内に持つ、ドライビングテクニック抜群の一児の母。

4人の銀行強盗のポリシーは「人を傷付けない」こと。成瀬の理論的で完璧な銀行強盗プランにのっとり実行される犯行の勝率は10割。強盗劇スタートの合言葉は響野の「ロマンはどこだ」だ。

しかしある日、せっかくの「売上」を逃走中に奪われるという予想外の事態が起こる。売上を奪取したのは近くで活動中の現金輸送車襲撃犯グループだった。

残された僅かな手がかりを元に、四人は「売上」の奪還に乗り出す。



銀行強盗の視点から描かれるサスペンスを読むのは初めてのような気がする。けれどよくよく考えてみれば、怪盗や窃盗グループが主役の作品はそう珍しくはない。『アルセーヌ・ルパン』シリーズに始まり、映画ならば『オーシャンズ11』シリーズ、アニメの『ルパン3世』もこのグループに属すると言えるだろう。

これらの作品に共通して言えるのは、1無暗に人を傷つけないこと 2弱者を狙わないこと 3どこか憎めないキャラクターであること 4ロマンがあること。そしてこれらの点は、この『陽気なギャングは地球を回す』にも共通している。

物語は主人公四人による多視点型で進められる。多視点型による進行は『グラスホッパー』に見受けられる。伊坂幸太郎という作家は多視点型の手法を得意としているのだろうか。わたしはこの多視点型が気に入っている。複数の視点からによる物語へのアプローチは、物語の全体像を把握させてくれる。ある一人の視点で進められる文章の中にはもちろん他の三名が登場し、その視点の一名が他のメンバーに持つ感情なども表わされるため、物語に奥行を演出している。

さて、物語の展開はとてもスピーディー。四人による論理的な銀行強盗劇だけでなく、彼らから「売上」を奪取した現金輸送車襲撃グループへの仕返しも見物となっている。

物語とは、主となる核が走っていて、その核を中心に細部の肉付けがされているものだとわたしは思う。もちろん、核となるストーリーが読み応えのあるものであることは必須なのだけれど、わたしはその物語の中心をとりまく細部によく注目してしまう。それは、登場人物による小さな小競り合いであるとか、屁理屈や、無駄に感じる読者もいるかもしれない小道具であったり、突然登場オヤジギャグであったりもする。

そういった細部がこまかな作品は読んでいて飽きないし、何度も読み返したくなる。この作品もそういった類に入るが、スリルとドキドキ感が売りのサスペンスは結末が解っていては楽しさが少し減ってしまうので、読み返す間隔は大分あってもいいかな。

と、たらたらと書いてしまったが、『陽気なギャングは地球を回す』はとてもシンプル。「悪は必ず罰せられる」という王道を行っている。王道なのに飽きない、これは愛される作品に共通して言えることなのかもしれない。


ドキドキ感を味わいたいけれど、最後にはスカっとしたい人にお勧めの作品。合言葉はもちろん、「ロマンはどこだ」!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価5 投稿元:ブクログ

2008/06/30 23:14

面白い!!
仲間で話をしているところが面白くて好きです。
弱肉強食〜の話は響野さんだけど思わずうーんと思ってしまった。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/05/07 14:33

起承転結。小気味よい。
最初から銀行強盗で、しかも軽妙に計画は実行され、何の悪意も罪の意識もない。ウソくせーとか思うけど、そこはある意味ファンタジー。
映画向け。「ロマンはどこだ」はちょっと寒い。
文庫で読んだら解説の一人対談形式の締めが寒くて失笑。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/05/01 16:17

『「祥子さんの言うとおりだね」と久遠は言った。「祥子さんと僕たちは明らかに考え方が違っていて、たぶん正しいのは祥子さんのほうだ。でもさ」
「でも?」
「正しいことが人をいつも幸せにするとも限らない」
「あら」祥子が上品に笑った。「あら、そう」

評価4 投稿元:ブクログ

2006/03/13 15:39

伊坂幸太郎だ。とにかく。実写映画化ということで文庫が出たのかな。嘘を百パーセント見抜ける男、演説好きな男、スリの名手、体内時計が秒単位で正確な女。この四人が銀行強盗をするという話しだが、ほかにも強盗がいて、からんで騙し合いして・・・というすったもんだの話。変なキャラなのに、それをじっくり味わう暇もなく物語はスピーディーに進む。まぁしかし、相変わらず複線のきもちいい話だった。適当な会話だと思ったら最後に全部つながりやがる。複線の統合を最後に持ってこないので、その後にたるむ感じはするけど、それだって味のような気がしてきた。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/07/13 19:05

ずいぶん前(文庫が出てすぐ)に買って少し読んで、寝かしてありました(伊坂さんの文章に慣れてなかったせいかしら?) 今読んでみると・・・イッキに楽しく読めました

評価3 投稿元:ブクログ

2010/05/29 17:21

伊坂幸太郎 3冊目。オーデュボンの前衛的な雰囲気はナリを潜め、代わりにどうも貧相な超能力者が出てきたという感じで、今一つ。テンポの良い筆致と洒脱な文章は伊坂幸太郎のウリの一つだが、それも「演説上手」というキャラクタに託されてしまうと、出来の悪いライトノベル並みに陳腐な会話に堕してしまう。

ストーリーも何となく先が読める展開で、エンターテイメントとしてもあんまり楽しめなかったんだけど、こっちの期待が高過ぎたかなぁ。

評価4 投稿元:ブクログ

2012/01/21 11:31

成瀬もいいけど、ロマンはどこだ、の響野がいい。
複数人の視点で展開されるのは、グラスホッパーみたい。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/21 01:07

伊坂さんは年々腕を上げてる気がします。この本はエンタテイメント性もあるし、キャラはいいし、もちろんストーリィも良かった!

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.