OP 経済・ビジネス ポイント2倍(~7/3)

青空の卵(創元推理文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 443件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 東京創元社
  • レーベル: 創元推理文庫
  • サイズ:15cm/393p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-45701-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

青空の卵 (創元推理文庫)

著者 坂木 司 (著)

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食...

もっと見る

青空の卵 (創元推理文庫)

802(税込)

青空の卵

540(税込)

青空の卵

ポイント :5pt / 紙の本より262おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • PC
  • iPhone
  • iPad
  • Android

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
PC XMDF 無制限
iPhone XMDF 無制限
iPad XMDF 無制限
Android XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。【「BOOK」データベースの商品解説】

収録作品一覧

夏の終わりの三重奏 9-72
秋の足音 75-159
冬の贈りもの 161-252

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー443件

みんなの評価3.9

評価内訳

読了後、とても気持ちのよい気分になれる一冊です。

2009/06/06 20:51

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

*あらすじ*

主人公・坂木司は外資系の保険会社に勤務しています。
友人の鳥井真一はひきこもりのプログラマー。
一人暮らしが長いせいか料理の腕はプロ顔負け。
鳥井はほっておけば何週間でも家に閉じこもっている、そんな彼を外の世界へ連れ出すために僕は鳥井の家へ足を運んでいる。
僕が街で見た気になることを不思議なことを鳥井に話すと彼はその鋭い観察眼で僕が見えなかった真実へと導いてくれる。

そんな二人の前に現れたのは不自然なまでに化粧をした女性、誰かにストーカーされているという視覚障害者、知能に障害があるのか言葉が上手く話せない少年・・・・。彼らに隠された真実とは??

1.夏の終わりの三重奏
2.秋の足音
3.冬の贈り物
4.春の子供
5.初夏のひよこ


これは単なるミステリ小説ではありません。
その奥の深さに驚かされます。

さて、この本有栖川有栖氏の有栖・火村シリーズのように二人の男性によって数々の謎が解かれてゆきます。
火村シリーズとちょっと違うところはこの主人公・坂木と鳥井はお互いにお互いを常に気に掛け、深く繋がり信用しあっている仲だというところ。
火村シリーズだと 有栖の片思いっぽい感じがありますが、この二人は物語の途中で依存という言葉が出てきますが例え依存しあっていたとしてもいいんじゃないかと思えるくらい深い部分で必要としている二人なんですよね。
その部分は短編が進むにつれて深まっていく気がしまた。そして二人の信用度、深い絆を感じて行きます。
どちらかと言えば「ななつのこ」の駒子と瀬尾さんのような二人なのかしら。

ひきこもりになった鳥井の抱える問題、これは読んでいて胸が辛くなりました。
そして彼を見守り続ける坂木の姿も・・・・彼は本当心優しい青年なんですよね。
この透明感のある青年が自分の周りで困っている人を見逃せずに時に利用され、時に真実に傷つきながらも成長していく物語はミステリを読んでいるという感じはしませんでした。

そしてまた季節感溢れる文章がいいですね。
最後が初夏で終わる辺りもまぶしい青空が二人の将来を明るく見せているようでとてもいいです。

ちなみに私は「春の子供」が一番好き。ラストは感動しちゃいました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

感想

2015/07/23 22:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かいちょー - この投稿者のレビュー一覧を見る

会社員とその友達であるひきこもりの天才名探偵が事件を解決していくことで物語が進んでいきます。ただ、事件といっても誰かが死ぬわけでもなく、ちょっとした身近なトラブルです。独特の雰囲気、時間がこの作品には流れています。ひらけばこころがほっとするようなそんな本です。だいじなことがつまっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

衝撃のデビュー作!

2015/12/24 19:00

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:サクラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひきこもり探偵、鳥井真一とその心友、坂木司。
何気ない日常から人の心の中にある「事件」に巻き込まれ、それを解決する。
一見普通の物語に見えるが、そうではない。

まず、登場人物のキャラの性格が濃い!!
だから、物語がはずむのだと思う。
内容もとても濃い。
人が死なないミステリーで、時には残酷、時には優しく。
メリハリがとてもしっかりしていて、すらすらと読める。
この方のミステリー小説は、物理的には怖くないのに精神的に怖いものがある。人と人の関わりについて深く考えさせられるものもある。
まるで、人生の理論書のようだ。
だが、れっきとした小説である。


こんなに面白い作品なのに、デビュー作というのだから驚きだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひきこもり探偵シリーズの幕開けは、衝撃とともに始まったのです。

2015/12/18 23:05

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たけぞう - この投稿者のレビュー一覧を見る

夜の光を読んで、何かが心の琴線に触れた。
その何かを掴みたく、デビュー作に戻ることにした。
よく使う手なのだが、やはり正解で、坂木さんの魅力がむき出しの一編であった。

裏表紙から引用する。

>僕、坂木司は一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。
>複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、
>僕は日夜頑張っている。

ひきこもり探偵シリーズ第一弾とある。刺激的なキャッチコピーではないか。
非常に実直に、分かりやすすぎるほど心と対話する物語であった。
もちろんひきこもりと称するだけあって、痛い感覚もあるのだけれど、
私は真摯な気持ちにさせられた。

「夏の終わりの三重奏」「秋の足音」「冬の贈りもの」「春の子供」の短編
と、「初夏のひよこ」のエピローグからなる。日常の謎の連作だ。

ネットで見つけたインタビュー記事によると、坂木さんは北村薫さんを読んで
日常の謎の魅力に取りつかれたらしい。読んでみてよく分かる。
日常の謎と称される作品は、殺人事件の起こらない日常のふとした不思議を
扱う的に紹介されることが多いが、目を引く作品は、必ずといっていいほど
人物像に深く切り込んでいる。
坂木さんのこの作品は、ひきこもりという設定を使っているので、
その特徴が極めて分かりやすい。
単なる謎解き作品ではないことが、このジャンルの最大の魅力だと思っている。

インパクトがある「ひきこもり」の評価であるが、読了して大成功という感想
をもった。前半は、謎解きにおける探偵役の鮮やかさとか、犯人の内面の
人間性などに目を向けられるが、徐々に探偵と案内のワトソン役にも
視点があたってくるのである。
そして、四本目の短編は、まさしくぐうの音も出なかった。
素晴らしいの一言につきる。

前半、ひきこもりの設定なんてちょっとおおげさかなあと思っていたのだが、
後半、著者の求めたものがさらけ出された感じがする。

総じて、謎の作り方、伏線の張りかた、推理の本格度合いなど、非常に
技術の高い作品だと思った。
一方で、登場人物の描き方などにデビュー作ならではの粗さと初々しさも
見え隠れして、非常に楽しめた。
それにしても、語り手の心情を表わす文章が本当に多い。
自意識過剰なほど考え込むシーンや、印象や含みをたっぷり持たせた文章の
放り込みなど、作者の魂が宿っている感じがする。

坂木さんが気になる人は、ぜひ手にとって欲しい一冊だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

涙もろい凡人坂木・引きこもり探偵鳥井のコンビを楽しむ

2006/08/21 13:35

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:かつき - この投稿者のレビュー一覧を見る

著者と同姓同名の「坂木司」を語り手とした安楽椅子探偵ミステリー。探偵役は、引きこもりの友人鳥井真一。
坂木司は、鳥井のために生きているようなもの。比較的自由な時間の取れる外資系保険会社に就職し、毎夜、彼の元に通い話し相手になり、週に一度は近所のスーパーマーケットに誘い出します。
鳥井もまたクールな性格なのに、涙もろい坂木が泣けば、シンクロして泣き出す。情緒不安定なのですが、それでも重篤なトラウマを抱えた彼が、シンクロするということは、内面ではかなり依存度が高いといえます。
この奇妙なふたりが日常のミステリーを解決する連作短編集。
鳥井が受けた傷、彼が発する心の傷を吐露するシーン、また彼が坂木によって癒されるシーンや、坂木が彼にとって絶対の存在であることを叫ぶなど、現代の繊細な若者を癒すモチーフがてんこもりです。
描かれるミステリーもまた、人間関係に疲れた心理を深く探るようなもの。本書で癒される人も多いんだろうな、と思います。私はほとんど理解できなかったけれど。
さらに著者は覆面作家。同姓同名の登場人物を男性に描いていますが、おそらくは女性でしょうね。このふたりの関係はボーイズラブっぽい。男性作家には書けないでしょう。
また、ふたりの同級生で、今は警察官になっている滝本孝二と、その部下小宮のコンビも登場。男性ばっかりな小説。
「夏の終わりの三重奏」
坂木と鳥井は週に一度行くスーパーマーケットで、美人だけれど化粧の濃い女性と知り合う。鳥井は彼女が故意に近づいてきた、と予測する。果たしてその通りになる。
「秋の足音」
坂木は通勤途中、ハンサムな視覚障碍者塚田と知り合う。しかし彼の後をつけている第三者がいることに気づく。
「冬の贈りもの」
前回「秋の足音」で知り合った歌舞伎役者安藤に、ファンから不思議な贈りものが次々に届く。匿名ではあるが、手紙が後日、必ず届く。やめる、と言いつつ、贈りものは続く。
「春の子供」
坂木は、駅のロータリーで迷子の子供と知り合う。彼が持っていた住所のアパートに行ったが、誰もいない。子供はほとんど喋らないが、おとなしい。なんとか鳥井も受け入れてくれそうなので、昼間は彼に預けることにする。
「初夏のひよこ」
おまけのような短編。本書の登場人物のその後をさりげなく追う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

優しい本だと思います。

2015/05/04 00:37

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:eri - この投稿者のレビュー一覧を見る

初めて読んだ著者の本です。じんわりと心が温まる物語だと思いました。日常の謎を解き明かす、というタイプの本を読むのも初めてだったので、とても新鮮な気持ちで読み進めたのを覚えています。これ以降、日常の謎を追うお話を、よく手に取るようになりました。大切なきっかけの本です。一度読んだ本を、私はよく読み返すのですが、やはりほっとするな、と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

坂木と鳥井の関係の危うさを打破してくれるのは、彼ら2人の心の強さと、今の彼らが大好きだと思ってくれている暖かい人たちの存在なのかもしれません。

2006/03/13 00:00

7人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:どーなつ - この投稿者のレビュー一覧を見る

外資系の保険会社に勤務している「僕」こと坂木司と、ひきこもりのプログラマー鳥井真一が織り成す、少し心が暖かくなる連作短編集。
著者が北村薫氏の「六の宮の姫君」が好きだ、ということで、この作品も若干北村薫色が出ているように思う。
いわゆる日常の謎系のシリーズ。
「円紫さんと私」シリーズでいうところの、「私」が、坂木。そして、謎をもちかけられてそれに答えてくれる「円紫さん」の役目を果たすのが、鳥井真一。
北村さんの作品で登場する円紫さんは、年配ということもあるけれど、この人なら必ず答えに導いてくれる、素晴らしい助言をしてくれる、そういう安心感があるのですが、この作品の鳥井に至っては、とりあえずその謎に興味を示して、手を貸してくれるのかというお伺いをたてるところから始めなければならない。
学生時代のイジメ、家庭内での問題などで、ひきこもりになってしまった鳥井。
唯一坂木にだけは、心を開いてくれるのだけれど、なんだかつかみ所がないのも事実。
乱暴ものだと思いきや、泣き上戸であったり、人に関心を示さないのだけれど、坂木には弱い。
坂木は、なんとか鳥井を外へ連れ出そうと努力をしています。
毎回、坂木が外で何かの騒動に巻き込まれたり、謎を拾ってきたりして、鳥井に助けを求める。
鳥井も渋々ながら、坂木と共に安楽イス探偵をきどるのだけれど、おもしろいことにそんな事を重ねるうちに、鳥井の世界は少しづつ広がっていってるんですよね。
事件を通して顔見知りになった人達、同級生の警官、その後輩。
彼の周りに少しづつ人の輪ができはじめます。
と、同時に坂木は少し心の中に重いものも感じます。
嫉妬、に近いのでしょうか。
自分と1番仲の良かった友人が、別の誰かと楽しそうに喋っていたり、自分のいないところで何かおもしろいイベントの計画が進んでいたりする、そんな疎外感に近いもの。
誰しも、そういうものを感じたことがあるはず。
なんだ、結局自分じゃなくてもいいんじゃない。——と、少し拗ねてみたりして。
鳥井の世界が広がるのはいいのだけれど、彼が自分から離れてしまうことに不安を感じている。
保護者気取りでいる自分の方が、鳥井に依存していたことに気付きます。
読んでいて思ったのは、この2人の関係。少し危ういんですよね。
仲良くくっついている時は最高のパートナーとなりうるでしょうが、何かの拍子にボタンの掛け違いがあったとき、とんでもない方向へ歯車が転がっていってしまいそうな感じ。
坂木が悲しむと、鳥井も泣いてしまう。
2人はまるで目に見えない心の奥深くで繋がっているかのようです。
けれど、最終的にその危うさを打破してくれるのは、彼ら2人の心の強さと、今の彼らが大好きだと思ってくれている暖かい人たちの存在なのかもしれません。
今の状態で何か2人の間を裂くような決定的な「何か」が起これば、かなり怖いですが、これから少しづつ世界を広げていくうちに、その衝撃を和らげる為のスポンジを周りに寄せ集めていけば、きっと大丈夫です。
この作品。どうやらシリーズ化しているようなので、今後の2人の動向に注目したいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひきこもり探偵

2015/08/29 18:55

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:nazu - この投稿者のレビュー一覧を見る

ひきこもりの鳥井とその友人坂木を中心とした三部作の1作目。いわゆる日常の謎モノで、傷ついている人にやさしい物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/09 09:34

投稿元:ブクログ

3月7日購入。9日読了。文庫になるのをまっていた本の一つ。人物描写がぶれているけれど,なかなかよかった。シリーズ物が好きな自分としては登場人物が違う話にも再び登場してくるのはとても嬉しいです。マリオの話は泣けた。

2010/05/26 20:50

投稿元:ブクログ

とにかく甘い。いろいろ甘い。
ミステリーというには話がつまってないし、主人公はじめとした登場人物の考え方があまりにも美辞麗句ばっかりで共感はできないし、ひきこもり探偵という割にはひきこもりへの認識もあまい。
でも一番なにが甘いかって、作者と同名の主人公(ワトソン)とひきこもりの友人(ホームズ)の関係だよ...
もうほんとべったり。こっちが恥ずかしくなるくらい。
冒頭で主人公が「好きな探偵小説は御手洗潔」って語ってるから、ああ作者が好きなんだなと思えば、なんとなく読んでて微笑ましかった。まあ御手洗と石岡くんを100倍ちかくあまあくしたかんじ。諸々を。
あとがき読んだかんじだと、主人公=作者で、鳥井にもご友人にモデルがいるのかも。あと作者はものすごく純粋なんだろうな...というのを感じた。
道徳的な児童書を読んでるような感じなので、とりあえず毒にはなりません。

2006/03/25 15:55

投稿元:ブクログ

7.面白い!たまたま書店で新刊のところにあったので買いました。鳥井と坂木がどうなっていくのか待ちきれず、読後図書館で後の2冊を予約してしまいました。

2014/11/18 19:07

投稿元:ブクログ

僕、坂木司には一風変わった友人がいる。自称ひきこもりの鳥井真一だ。複雑な生い立ちから心を閉ざしがちな彼を外の世界に連れ出そうと、僕は日夜頑張っている。料理が趣味の鳥井の食卓で、僕は身近に起こった様々な謎を問いかける。鋭い観察眼を持つ鳥井は、どんな真実を描き出すのか。謎を解き、人と出会うことによってもたらされる二人の成長を描いた感動の著者デビュー作。 (「BOOK」データベースより)

たまたま出先で買った、「和菓子のアン」がおもしろかったので、この作家さんの作品をもう少し読んでみたくなりました。
そうなると出版順に読みたくなるのが私のくせ。
これがデビュー作だとの事。

各所のレビューを見ると、極端に評価が分かれていたのですが、読んでみてそりゃそうだろうと思いました(笑)。
私も好きなのか嫌いなのかよくわかりません。
サクサクとは読めましたが、坂木と鳥井の関係はあまりに危うい。
極端に言えば常軌を逸しているのかもしれません。

文字だから、平気だったけど、これがドラマとかだったら、ちょっとイヤかも。
なんというか、とにかく設定があまりにあり得なさ過ぎて、理解を超えているという感じ。
でも彼らにどんな結末が用意されているのか、とても気になるので多分、シリーズ全部読むと思います。

2009/11/18 20:30

投稿元:ブクログ

人死にや密室などは無く、主に日常を題材にほんわかした推理短篇説でした。ホームズ役はひきこもりの鳥井君。引きこもりという割りには結構外出てるぞ・・・ ?ニートではありません。それよりもなによりも気になるのがこの若きホームズ&ワトソン君のフォモ臭さ!青臭い!物凄く青臭いボーイズラブの空気!!(笑)
鳥井君は華奢で小柄な美青年で、坂木君は人並みな顔だけど背は高めでお人よし。人好きする性格ときたもんだ。
これをネタにボーイズラブ小説が何本かけることか。恐ろしいまでの王道パターン。これは中高生に人気が出そうな本ですよ。

2006/07/15 17:58

投稿元:ブクログ

ひきこもり探偵という特殊さにひかれて読んでみたが、結構当たりであった。世の中のことをちょっと考えさせられる。

2006/08/28 22:39

投稿元:ブクログ

ひきこもりの名探偵と、彼に何かと世話を焼きたがる親友の僕。
情緒不安定なプログラマーがいつもひょんなことから巻き込まれるミステリー。
でも、人が死なないところがいいところだよね、これって。
だからこそ面白い。

サイト内検索

キーワードを入力