【店舗・HB】今日のお買い物「全額」分hontoポイントプレゼントキャンペーン(エントリー)(~10/31)

包帯クラブ(ちくまプリマー新書)

立ち読みする

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 237件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 筑摩書房
  • レーベル: ちくまプリマー新書
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-480-68731-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

包帯クラブ (ちくまプリマー新書)

著者 天童 荒太 (著)

傷ついた少年少女たちは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした…。いまの社会を生きがたいと感じている若い人たちに語りかける長編小説。【「BOOK」データベ...

もっと見る

包帯クラブ (ちくまプリマー新書)

821(税込)

包帯クラブ

486(税込)

包帯クラブ

ポイント :4pt / 紙の本より335おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS .book 無制限
Android .book 無制限
Win .book 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

傷ついた少年少女たちは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした…。いまの社会を生きがたいと感じている若い人たちに語りかける長編小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

これは、戦わないかたちで、自分たちの大切なものを守ることにした、ある小さなクラブの記録であり、途中報告書だ…。いまの社会を生きがたいと感じている若い人たちに語りかける、傷ついた少年少女たちの感動的な物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

天童 荒太

略歴
〈天童荒太〉1960年愛媛県生まれ。作家。「白の家族」で野性時代新人文学賞、「孤独の歌声」で日本推理サスペンス大賞優秀作、「家族狩り」で山本周五郎賞、「永遠の仔」で日本推理作家協会賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー237件

みんなの評価3.6

評価内訳

傷、痛い、不安。

2006/03/18 22:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:〜花巻温泉〜 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天童荒太の著書を読むのは、「永遠の仔」以来。
物語は、中学生時代にクラブを一緒に立ち上げた「親友」たちが高校生になって、微妙に距離感に変化が生じ。それぞれに悩み、不安があり。物語はあくまでも高校生を中心に語られる。大人の存在は薄い。
『人が受けた深い傷に、わたしたちができることはほとんどないように思う。でも、相手の沈む心を想いながら包帯を巻くことで、<それは傷だと思うよ>と名前をつけ、<その傷は痛いでしょ>と、いたわりを伝えることは出来るかもしれない。』
そんな思いから、高校生になった彼女たちがたちあげたのが、「包帯クラブ」。傷の舐めあい、失態の暴露ごっこか、と読み進んだ。クラブの運営にも曲折があり。そして彼らは大人になり。
自分は今まで、どんな傷を、いくつ、つくってきたかな。忘れてきたかな。その傷を、誰かと分かち合うことができたかな。誰かの傷を「ここに、傷があるね」と手を当ててあげたことがあったかな。
そんなことに、思いがおよぶ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

このオハナシばかりは読後感で世代差が出てしまいました。高一と高三の娘二人は絶賛、私はちょっと保留

2006/04/08 16:14

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ちくまプリマー新書の一冊で、この新書に小説が入る、それも書き下ろしの、とは思っていなかったものですから広告を見たときは半信半疑で、正直、手にした今でも「うそでしょ?」と思っています。正直、いくら品がいい新書だからって、装幀くらい変えろよ、っていいたくもなります。
その素晴らしい装幀は、クラフト・エヴィング商會。限りなく和の風情を漂わせながら、べとべとしない。ちょっとレトロだけれど、都会的。色もあっさりしていて上品。こういうセンスは、この会社?だけのものでしょう。大好き!しかもです、包帯クラブに The Bandage Club って英文字を入れるあたりが、上手い。
さて、最初に書いておけば、この小説を読み終わった高二(今度、高三)長女は、「いいよ、このお話」っていいました。親譲りで、どちらかというと甘めの展開にはダメをだすのが普通ですから、今回もてっきり×かと思っていたんですが、そうじゃあない。ま、主人公たちの年代もあって共感しやすい、ということもあるんでしょうが、それだけじゃあないでしょう。
構成も、実はかなり凝っていて、捻りもありますし、単にハッピー!っていう展開もしない。挫折もしっかりあるわけで、それを乗り越えるのだって、コミック風の劇的なというか造り物めいてはいないわけで、そこが評価されたのかな、なんて思います。それでいて、私に言わせればやっぱり小説だよな、って思えるところがあって、そこが娘と私の評価の差となって出てきています。
小説の紹介とくれば主人公を、というのが決まり事ではあるんですが、このお話で主人公を一人に絞る必要があるかといえば、ま、無理することもないかな、と思います。とりあえず最初に出てくるのが、タイトルにもなっている包帯クラブが出来た当時、16歳、高校二年生のワラ、こと笑美子が名前です。
ワラについての情報が一番多いのでついでに書いておけば母は自称34歳、実際は44歳という強かな女性、弟は二歳年下の性にたいする好奇心が活発化する14歳。で両親は17年前に結婚したのですが、5年前に父親が女を作ってしまい離婚。ですから母子家庭ではあるわけです。
そのワラが授業をサボって久遠市の中央地区にある総合病院の屋上にいたとき「彼女、そこの包帯ほどけている女子高生。パンツのひももほどけて動かれへんのかな」と声をかけてきたのが、後にクラブの一員となるディノこと井出埜辰耶です。実はワラより一つ年上ですが留年して、ワラとは違いますが今も北地区の進学校の高校二年です。学業に関しては優秀ですが、昨年からおかしな行動を取るようになって、周囲から白い目で見られています。
その屋上で、ワラが行なったこと、それが「包帯クラブ」となっていくわけです。自分の心がそこで傷付いた、そういう場所を捜しては包帯を巻いていくこ。それで、本人の心が癒されていく(流行り言葉で私は大嫌いなんですが)。その輪が広まっていきます。それゆえの障害も生まれるんですが・・・
他の登場人物を書いておけば、ワラと同じ高校に通っているのが中学時代に部員が四人の『方言クラブ』をやっていて、今も友だちのタンシオこと丹沢志緒美です。二人の違いはいろいろあるんでしょうが、一番の違いは、高2になる春休みにセックスも経験済のワラ、未体験ゆえに純情で失恋に哀しむタンシオということになります。
凄く面白い、っていうのではありません。どちらかというと、カバーデザイン同様、微温的な、ぬるま湯につかるような心地よさ。といって単にファンタジックかっていうと、登場人物たちは現代的な苦しみに心を傷つけています。ただ、それもドロドロのものではなく、ありがちなもの。天童って坦々とした話も書けるんだ、と再認識。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

傷ついた心に、包帯を。

2007/05/08 15:51

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

人はみな、心にたくさんの傷を追って生きていく。
子供達もまた、心にたくさんの傷を追って成長していく。
その傷は擦りむいた膝小僧なんかより、何倍も何倍も痛くて。
死にたくさえなってしまう事もある。
そんな時、周りにいる者はどうもしてやれない無力感に苛まれる。
心の傷を治す薬を持たない自分が、悔しくてしょうがない。
でもそんな時。その傷にそっと包帯を巻いて上げられたら。
その傷を傷として認めて、その傷の業と一緒に包んで上げられたなら。
この作品のように、本物の包帯で巻いてあげなくてもいいのかもしれない。
心にそっと包帯を。そんなキモチ。それでいいんじゃないだろうか。
直接心の傷を治す薬は、誰も持ちえないのだから。
心の傷を治すのは、結局自分の心の力でしか、無いのだから。
それまで真白な包帯で、そっと包んで上げれば、それでいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/10/11 09:19

投稿元:ブクログ

サラッとしていて読みやすい。傷ついた場所に包帯を巻くという発想がすごくステキです。ぜひ映像も見てみたい!

2008/04/27 13:22

投稿元:ブクログ

些かナイーブに過ぎるような気もするが、面白かった。内容のナイーブさに比べ、構成に懲りすぎて煩わしくなっている。もっとストレートに書いても良かったのでは。共感者を集めそうな物語だが、真似する奴は居なかったのだろか。

2006/05/11 10:54

投稿元:ブクログ

高校生の主人公が、人の心の傷、自分の心の傷について考え、行動を起すって話。いつも思ってることだけど、自分を中心に世界は回ってるようで、回ってなくて。自分が感じてる痛みと、同じような痛みを他の人も必ず持ってるわけで。そういう、当たり前なんだけど、普段は忘れがちなことを、掘り起こさせられるお話です。自分のココロの傷を認めながら、人のココロの傷にも気付いてあげられたらいいんだけど。私はそこまで出来た人間じゃないなー。

2009/03/12 16:40

投稿元:ブクログ

心に傷を受けた場所に包帯を巻くことで、心を守ろうとする子供たちの話。
些細なことでも、人にとっては言えない心の傷になることはある。
「そのくらい大丈夫」という言葉は、時に残酷。
包帯を巻くという行為は、その傷を受けた人の心を思いやりいたわる気持ちで、
傷を受けた人の本当の苦しさを見えないフリして向き合わないような「もう忘れなさい」的な
のとは相反する、本当の思いやりだと思った。

心の傷、というところで、作者のほかの作品に繋がるが、それほど重くはない。

2007/04/06 21:47

投稿元:ブクログ

母が天童荒太さんにはまっている中、
気になって読んでみたヤングアダルトに分類されていた作品。
一日でサクッと読めました。それでもずっしりくるものもあります。
まず、タイトルが好きです。夢中で読みました。

2006/08/16 22:03

投稿元:ブクログ

天童荒太の他の作品と比べると、描かれる世界の雰囲気が全然違います。それに、長くない!ですが、なかなか味があります。新書版なので、ちょっと手になじむまでは時間がかかるんですが、それがまたストーリーとマッチしている気がしました。こういう、一部しかわからないかもしれないけれど、でもそこには一つの真実があるという雰囲気を保った小説はたまらなく好きです。おもしろかった。

2006/05/13 17:10

投稿元:ブクログ

自分が傷ついた場所に包帯を巻くことで心の傷を自覚し、気持ちが癒されるということを発見し、町の至る所に包帯を巻く高校生達の物語。狙いはわかるし、なるほど、ごもっとも、と思います。でも、どんなに傷ついても「こんちくしょう、負けてたまるか」と頑張っちゃう人の方が好きです。はい、基本的にこの本のコンセプトと合いません。物語も単調で退屈でした。報告書の形をとってるせいもあるだろうけど、説明過剰、言葉過剰なのがずいぶん気になった。

2007/08/04 11:40

投稿元:ブクログ

「知ることだけでもよかった、のかもしれない……知っておくということだけでも。
わたしがひどい目にあう、だれにも救えないようなひどいこと……けど、救えないからといって、知らないふりまでされたら、わたしは気までおかしくなるかもしれない。
世界の片隅のだれかが、知ってくれている、わたしの痛み、わたしの傷を知ってくれている……だったら、わたしは、少なくとも、明日生きていけるだけの力は、もらえるんじゃないか……傲慢かもしれないけど、そんな気がした。」

>テンポが良くって青春ぽくって…
白い包帯が青空に泳ぐ姿は綺麗かもなぁと思ったり。
http://www.ho-tai.jp/
映画観に行きたいな。
本当に癒されるかその光景を観てみたい。

2006/07/18 20:30

投稿元:ブクログ

自分の本の選択眼は鈍ってないようだ。「ほんのちょこっと」を大切に想える。知ってもらうことの安堵を教わる。

2006/09/04 21:58

投稿元:ブクログ

ある下り。「精神の怠慢からくるんじゃねーの?」グサリ。あ、これアタシ?子育てとかすれば、変われるんじゃねーか的楽観を抱いてみたり。

2012/05/22 22:21

投稿元:ブクログ

このちくまプリマー新書は少し子供向けの本なので、あまり難しい表現がないので、天童先生ファンとしては物足りませんでした。

2006/02/12 18:30

投稿元:ブクログ

天童荒太待望の新作はなんとちくまプリマー新書。この本の登場人物の感覚についていけるうちは、まだ自分の青春も終わっていないんだと思いました。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む