サイト内検索

詳細検索

送料無料

暮らし実用&児童書絵本ポイント2倍(~7/24)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. あなたがいたから
あなたがいたから(ライムブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 原書房
  • レーベル: ライムブックス
  • サイズ:15cm/561p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-562-04306-4
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

あなたがいたから (ライムブックス)

著者 スーザン・エリザベス・フィリップス (著),平林 祥 (訳)

ジェーン・ダーリントンは世界的に高名な物理学者。20歳で博士号を取得してから知的エリートの最前線を歩んできたものの、彼女は自分の生い立ち、境遇を幸せとは感じていなかった。...

もっと見る

あなたがいたから (ライムブックス)

1,008(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ジェーン・ダーリントンは世界的に高名な物理学者。20歳で博士号を取得してから知的エリートの最前線を歩んできたものの、彼女は自分の生い立ち、境遇を幸せとは感じていなかった。最近別れた恋人にも未練がない。ただ、ジェーンは「自分の子供」が欲しいと強く願っていた。自分のような“孤高の人間”ではない、“普通の子供”を。その決め手は「父親」だ。ジェーンが「提供者」として目をつけたのは、「体育会系」の男。それも、ただの体育会系ではなく、プロフットボールの超一流クォーターバック、キャル・ボナーだった!2人は“驚くべき策略”によって出会う。その結果、ジェーンは妊娠!「事実」を知ったキャルは言い放った。「生まれてくる子供のために結婚するんだ!」そんな関係に幸せはあるの?2人は“奇妙な夫婦生活”を始めることになるのだが…。RITA賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【RITA賞】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/03/01 22:32

投稿元:ブクログ

S.E.P.の『シカゴ・スターズ』シリーズ。天才物理学者に、キレキャラの元フットボール選手がまんまと騙されて精子提供者になって…と、こんな出だしでもハッピーエンドになるんだからロマンス小説はスゴイんだ。

2009/05/04 00:00

投稿元:ブクログ

ジェーン・ダーリントンは世界的に高名な物理学者。20歳で博士号を取得してから知的エリートの最前線を歩んできたものの、彼女は自分の生い立ち、境遇を幸せとは感じていなかった。最近別れた恋人にも未練がない。ただ、ジェーンは「自分の子供」が欲しいと強く願っていた。自分のような“孤高の人間”ではない、“普通の子供”を。その決め手は「父親」だ。ジェーンが「提供者」として目をつけたのは、「体育会系」の男。それも、ただの体育会系ではなく、プロフットボールの超一流クォーターバック、キャル・ボナーだった!2人は“驚くべき策略”によって出会う。その結果、ジェーンは妊娠!「事実」を知ったキャルは言い放った。「生まれてくる子供のために結婚するんだ!」そんな関係に幸せはあるの?2人は“奇妙な夫婦生活”を始めることになるのだが…。RITA賞受賞作。

ヒロイン側の計略が出会いというロマンスには異色。しかも知能指数の高くない子供が欲しいからというなんとも自分勝手な理由でヒーローを騙している。でもそんな悪辣なことをするヒロインだけどどこか憎めない。不幸な子供時代と青春時代。自分だけが取り残されていくと感じているからか。ヒロインの計略に気づいてからのヒーローの怒り具合はもっとも。でも長続きしないところがヒーロー。しかも馬鹿っぽかったヒーローも実は優秀で、それを知ったヒロインの嘆きぶりがおかしい。確かにヒーローでなくてもほだされる。理解し合えてからのヒーローのメロメロ感も良かった。
脇役陣がまたいい。ヒーロー両親の確執は、そういう結婚をしたならありそうなこと。初心に返れて反省できるヒーロー父はいい男。

2010/01/27 14:18

投稿元:ブクログ

図書館の本

内容(「BOOK」データベースより)
ジェーン・ダーリントンは世界的に高名な物理学者。20歳で博士号を取得してから知的エリートの最前線を歩んできたものの、彼女は自分の生い立ち、境遇を幸せとは感じていなかった。最近別れた恋人にも未練がない。ただ、ジェーンは「自分の子供」が欲しいと強く願っていた。自分のような“孤高の人間”ではない、“普通の子供”を。その決め手は「父親」だ。ジェーンが「提供者」として目をつけたのは、「体育会系」の男。それも、ただの体育会系ではなく、プロフットボールの超一流クォーターバック、キャル・ボナーだった!2人は“驚くべき策略”によって出会う。その結果、ジェーンは妊娠!「事実」を知ったキャルは言い放った。「生まれてくる子供のために結婚するんだ!」そんな関係に幸せはあるの?2人は“奇妙な夫婦生活”を始めることになるのだが…。RITA賞受賞作。

はじめから
「この本はコメディですか」って思ってしまったぐらい、まじめに書かれているのに状況がコメディでした。
誕生日プレゼントに娼婦をプレゼントってあり?
まあ、アメリカンフットボールの選手って設定だしなぁと思って読んでいったら
ほんとうにプレゼントになってサテンのリボンを巻いていくって(笑)

なんかおかしくて、次、次でよめちゃいました。
この二人のロマンスより
ヒーローの両親の人間関係にも興味津々でした。

そしてあとがきに
「シカゴ・スターズ・シリーズ」の3作目とある。
そしてこのシリーズは5作目まであるの?
うーー、図書館で探してこようと思います。
周りの人たちもなんとなぁく愛すべきぽんつくなキャラクターなんですもの。

Nobody's Baby But Mine by Suzan Elizabeth Phillips

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る