OP 経済・ビジネス ポイント2倍(~7/3)

誘惑の湖(MIRA文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

誘惑の湖 (MIRA文庫)

著者 リンダ・ハワード (著),新井 ひろみ (訳)

大企業を統括するロバート・キャノンは、財界随一の切れ者と評判の男。そんな彼を、思いがけない事態が襲った。傘下の企業から国家機密のプログラムが流出したのだ。彼はFBIに任せ...

もっと見る

誘惑の湖 (MIRA文庫)

782(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

大企業を統括するロバート・キャノンは、財界随一の切れ者と評判の男。そんな彼を、思いがけない事態が襲った。傘下の企業から国家機密のプログラムが流出したのだ。彼はFBIに任せておけず、みずから捜査に乗りだした。容疑者のひとりは湖畔でマリーナを営む女。入手した不鮮明な写真には、田舎臭い女が写っている。だがマリーナの客を装う彼が目にした“女スパイ”は、あまりにも美しく魅惑的だった。戸惑いながら、ロバートは強烈な欲望を覚えた。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価2.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2008/12/02 00:00

投稿元:ブクログ

「ダンカンの花嫁」のスピンオフ。「ダンカンの花嫁」のヒロインの兄がヒーロー。自己の利益のためならなにをしても良いと思っているヒーローな感じで、好きになれなかった。確かに国家機密が絡んでいるわけで、汚いやり方も仕方がないのかも知れないけど、それと恋愛沙汰を一緒にするのは男の矜持としてどうなのか。しかもすべてが終わったあとに償えば良いなんて、自分の都合の良いようにしか考えられない傲慢さはいけ好かない。

2012/10/12 10:58

投稿元:ブクログ

ヒーローが傲慢というか、最低。
謝罪して愛の告白したらヒロインもあっさり受け入れちゃうし…
アメリカだし裁判沙汰になってもおかしくないんじゃないかと思う(苦笑)

2012/08/29 21:02

投稿元:ブクログ

「流れ星に祈って」のロウムなみに嫌なヒーローだった。ヒロインのエヴィーがひたむきにがんばる好感度の高い人柄なだけに、なんでここまでするかなと…。

サイト内検索

キーワードを入力