詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

ワールドエンブリオ 1

  • 発売日:2006/03/27
  • 出版社:少年画報社
  • ISBN:978-4-7859-2629-8

コミック 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

ワールドエンブリオ 1 (少年画報コミックス)

森山 大輔

  • 全体の評価 未評価
  • あなたの評価 この商品を評価して本棚に反映 評価しました! ×

紙書籍

607 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) ワールドエンブリオ(1)

紙書籍より:67円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ワールドエンブリオ 1」が含まれるセット商品

ワールドエンブリオ(少年画報コミックス) 13巻セット(少年画報社コミックス)

ワールドエンブリオ(少年画報コミックス) 13巻セット

  • 森山 大輔
  • 評価5.0
  • 税込価格:7,94973pt
  • 発送可能日:7~21日

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 未評価
0.0
評価内訳 全て(0件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2006/03/30 21:56

『クロノ・クルセイド』好きだったなぁ…と、本屋さんで買ってみました(笑)いやぁ、期待は裏切られなかった!続きが気になるよ!

評価4 投稿元:ブクログ

2007/07/22 14:39

「棺主」と呼ばれる異形の怪物と彼らに対抗する人間たちの戦いを描いたお話。荒川弘先生や和月伸宏先生の推薦となれば読まないわけにはいくまい!というわけで購入。確かに両氏の作品が好きな人ならこちらも気に入りそうな作風です。題材はありきたりかもしれませんが、見応えのある画面作りや設定の独自性(携帯電話の電波を媒介として増殖する棺主、棺主化した人間に関する記憶は周囲の人間から消滅する、なんてのは面白いし地味に怖い)でマンネリ感なく読めます。2巻まで刊行された現時点で謎は山積み、物語もここから本格的に動き出すようなので、今後に期待です。

評価2 投稿元:ブクログ

2006/05/08 08:46

この本は、某サイトにて登場人物の一人の「静流さん」をフューチャーしていて、それで試しに購入してみた物です。作者の森山大輔氏も知らず、後からクロノクロセイドを描いた人だと知りました。尤も自分は、アニメで2,3話程度見て興味が薄れそれ以降見なかったのですが・・・。
 感想ですが、話の導入部からしていかにも少年漫画ぽいなーという感じです(安直?)。掲載誌がヤングキングアワーズなので仕方ないのか?ただ絵のほうは綺麗なほうですので、まあまあ読みやすいかも。話の展開としていきなり主人公(陸)が、人外となって知り合いの刃旗使いによって助けて貰う事になるといったところで、一巻の幕引きとなっています。
 この巻を読んだ時点では、次巻も是非買いたいという感想は自分は出て来ませんが、森山大輔氏のファンなら買うのでしょうか?

評価3 投稿元:ブクログ

2006/04/10 00:45

携帯を通じて感染する謎の症状、そして繭から生まれた
謎の女の子が…あーもーあらすじが書きづらいの省略(苦笑

クロノクルセイドの森山大輔の最新作。
物語の導入となる1巻なんですが、伏線をまくだけまいた
序章戦の序盤なので、まだはっきりと面白いと言い切れる
ほどの展開には至っていません。

読者に与える情報を極端に制限して期をみて一気に開放する
展開を狙っているような気がします。とはいえ、もう少し
欲しいなあと言う点が多いです。登場する女の子はかわいい
のですが、それだけじゃなあ…

でもクロノクルセイド最終巻の書き下ろしに涙腺緩んだ身としては
期待しますよ。本格的な物語になるだろう続刊に期待。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/05/20 11:16

素敵サイトさんがいい評価してると買ってみたくなる衝動。笑
化け物みたいなキャラがいるんですが、とっても斬新でした。
こわいなぁ。
今後の話が非常に気になる。

評価2 投稿元:ブクログ

2006/08/08 18:31

鋼の牛さんが推薦していることもあって買ってみました。読み出してびっくり、表紙とは裏腹にエグい(笑)一巻はまだ謎を蒔くだけ蒔いたといった感じなので、これからに期待です。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/08/05 22:04

偶然に「棺主」と呼ばれる携帯を媒介にして現れる謎の生命体と戦う「刃旗使い」になってしまった少年が、お姉ちゃん会いたさに幼女を育成する物語(違…わなくもない)。
すくすくと成長する幼女が大変かわいらしゅうございます。
刃物振り回すのはやっぱり現代ファンタジー系統においてのロマンなんだろうか。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/08/20 21:57

とりあえず絵がうますぎる。冒頭のカラーはまさにアニメみたいに見える。
 一巻ではちんぷんかんぷんだが、二巻に進むと、全体が見え始める。
 世界観が独特で、今までにないファンタジーを読みたい方にお奨め。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/09/06 22:29

2011/07/14購入・09/06読了

ネーネが可愛い!

ネーネの未知の力によって、
リクの体にもう一つの人格が入り込んだような雰囲気。

ネーネがエンブリオというものなのかなと予想しつつ次巻も買う予定。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/12/03 01:08

あらゆる面で自分のストライクゾーンに直球を投げ込んでくる作品。
掲載は青年誌ですが、ばっちり少年漫画です。
大好きな作品ですが、発売ペースが遅いのが難点か。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/10/28 01:57

2年前に死んだはずの従姉、天音から主人公のもとに突如として写メールが届く。

主人公、天海 陸(リク)はその背景から昔自分が入院していることをつきとめて向うが、そこで昔の入院仲間、洋平と謎の少女、有栖川レナと会う。


リクは天音のことを説明するが、そこへケータイの着信音が・・・

それはケータイの電波を通して人に感染する、“人間のなれの果て”「棺守」であった。



洋平は棺守に「刃旗(ジンキ)」として立ち向かいこれを退ける。


ジンキもカンシュもよく分からない主人公は、とにかく必死に逃げる。途中でとっさに大きな卵をつかんでいたが・・・。

よくわからないがなんとか助かった主人公は、それをなんとなく家に持ち帰る。するとそこから生まれたのは・・・



なんと、天音にそっくりな赤ん坊だった。

これは本当に天音なのか・・・それとも運命なのか。ジンキとは、棺守とはいったい何なのか・・・



苦く優しい嘘の物語が、今始まる。













これはパラパラと見て、絵が好きだったので買ってしまいました。

でも話も結構面白そうだし、これは続刊も買いですね^^



現在4巻くらいまで出てます。

ちょっちお勧めですー。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/10/09 21:15

それはあくまで現実。
だけど非現実。
ある日、いつものように携帯がなった――それだけなのに。

キャラクターの人間性がすごいにじみ出ていて、引きずり込まれる。
それでいて戦闘シーンをはじめ、表現には圧巻される。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/02/16 02:06

表紙をみて買っちゃいましたが、面白かったですよ。
絵の感じや、主人公の性格はぜんぜん違いますが、武装錬金と似てますね。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/02/14 21:10

ウソと記憶の物語。
主人公が不思議な力を手に入れ、仲間と共に謎の化け物と戦っていく、
と書くと王道な少年漫画ですが、ストーリーやテーマは重くて、
ひどく曖昧で、優しくて、とても悲しい印象の話です。
先の読めない展開が面白い。続きが気になる作品です。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/08/04 16:57

クロノクルセイド終了後、今度は現代伝奇ジュブナイル。

5巻現在ものすごく気になるところで止まって…気になる!!

続巻は省略。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.