サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

夜は甘く妖しく(ハーレクイン文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜は甘く妖しく (ハーレクイン文庫)

著者 クレア・デラクロワ (著),上木 さよ子 (訳)

父亡きあと領地アノシーを女手ひとつで守ってきたメリサンド。父親の訃報を聞き、サイェルヌの地に戻ってきたクイン。どちらも正式な領主となるには、地域を統轄支配する大領主に認め...

もっと見る

夜は甘く妖しく (ハーレクイン文庫)

734(税込)

ポイント :6pt

現在お取り扱いができません

夜は甘く妖しく【ハーレクイン文庫版】

648(税込)

夜は甘く妖しく【ハーレクイン文庫版】

ポイント :6pt / 紙の本より86おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

父亡きあと領地アノシーを女手ひとつで守ってきたメリサンド。父親の訃報を聞き、サイェルヌの地に戻ってきたクイン。どちらも正式な領主となるには、地域を統轄支配する大領主に認められなければならない。その大領主に呼びつけられたふたりは、ある命令を下された。今夜すぐにも、婚礼の儀式を執り行うこと。夫婦の契りを結ばなければ、領地は没収となる。だが、クインが近隣でも有名な極悪非道の領主の息子と知り、メリサンドは決意した。彼には指一本触れさせない、と。【「BOOK」データベースの商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/01/19 08:35

投稿元:ブクログ

サイェルヌ3兄妹弟シリーズ第2弾。
.............(あらすじ)...................................
非道な父と仲違いして領地から飛び出して以来、故郷のサイェルヌには近寄らなかったクインは、大領主テュレのお館様の命を受けて帰還した......夢までに見た故郷を受け継ぐ為に。
しかし、豊かだった故郷の地は農奴や領民、居るはずの妹弟たちからも見捨てられ荒れ果てていた!

一方サイェルヌの隣の領地アノシーを、父亡き後女手一つで守って来たメリサンドは、前のサイェルヌの領主にはホトホト手を焼いていた。
非道なやり方で領民を苦しめ、豊かなアノシーに度重なる略奪を働いていたのだ。

クインとメリサンド、どちらも正式な領主となるには、大領主テュレのお館様に認められなければならない。
その大領主は、二人に命令を下した......「今夜すぐにも、二人の婚礼の儀式を執り行うこと」
夫婦の契りを結ばなければ、領地は没収となるため、二人は渋々結婚に同意した。
しかし、クインがあの前領主の息子と知ったメリサンドは、表面上の夫婦にしかならないと決心した。
...........................................................
荒れ果てた領地でも自分の領地が持てることに感動しているクインはともかく、女主人として誇る領地を守ろうとするヒロインはかなり鼻っ柱が強い!
読んでてクインが可哀相に思える所も有るけれど、ヒロインが主張することも至極もっともで.........簡単にいえば、意地の張り合いを続ける二人のお話かな。
いつ、どのようにして、どちらが先に、相手を愛していることを自覚して認めるか........永遠のロマのテーマです(笑)

2010/02/28 23:21

投稿元:ブクログ

歴史物で意外と楽しめた。当時の状況よりもやや女性が押さえつけられていない現代タッチにアレンジされているからかな。
あまりに女性が虐げられていると私は萎える方。