サイト内検索

詳細検索

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~9/4)

ブダペスト
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.3
  • 出版社: 白水社
  • サイズ:20cm/202p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-560-02740-4
  • 国内送料無料

紙の本

ブダペスト

著者 シコ・ブアルキ (著),武田 千香 (訳)

主人公のコスタは、リオとブダペストで二重生活を送るゴーストライター。手がけた他人の自伝がベストセラーになり、混乱がますます加速する…。僕はいったい誰なのか…。軽快なリズム...

もっと見る

ブダペスト

2,160(税込)

ポイント :20pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

主人公のコスタは、リオとブダペストで二重生活を送るゴーストライター。手がけた他人の自伝がベストセラーになり、混乱がますます加速する…。僕はいったい誰なのか…。軽快なリズムで時空間を彷徨い、夢と現を行き交う…。やがて漂着する驚愕のラストとは?ブラジル音楽の巨匠が奏でる言葉の魔術。ブラジル文壇の権威ある“ジャブチ文学賞”“パッソ・フンド文学賞”ダブル受賞。【「BOOK」データベースの商品解説】

【ジャブチ文学賞(2004年)】【パッソ・フンド・ザファーリ&ブルボン文学賞(2005年)】主人公のコスタは、リオとブダペストで二重生活を送るゴーストライター。手がけた他人の自伝がベストセラーになり、混乱がますます加速する。やがて漂着する、驚愕のラストとは? ブラジル音楽の巨匠が奏でる言葉の魔術。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

シコ・ブアルキ

略歴
〈シコ・ブアルキ〉1944年リオデジャネイロ生まれ。20世紀後半のブラジル文化を代表する音楽家、詩人、劇作家、俳優。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/11/21 21:28

投稿元:ブクログ

これは傑作!スピード感あふれる映画みたいで、すごくカッコいい小説です。
ブダペストとリオデジャネイロ・・2つの都市・2つの言語・2人の女のあいだを行ったり来たり。他人になりかわって文章を書き続けるうち、自分を見失っていくゴーストライターの物語。オチも最高におもしろい。

2006/06/27 11:49

投稿元:ブクログ

「ブラジル音楽の巨匠が奏でる言葉のマジック」
主人公は、リオとブタペストで2重生活を送るゴーストライター。この設定だけで思わずこの本に手が伸びた。軽快な文体で時間と場所を行き交う、最後はここはどこで、誰は誰で、アレはそうじゃなかったの?じゃあ私が読んでるのはいったい・・・?と言った具合に読者も巻き込んでいく。傑作。

2011/07/15 21:23

投稿元:ブクログ

 ブダペストの人が出てきて(実際出てくるけど)、書いてるのもブダペストの人かと思ったら、ブラジリアンだったので少しガッカリ。

 言語が複雑 とのこと。興味深い。

2010/09/11 15:15

投稿元:ブクログ

非常に読みにくい。
読み始めたときはそう思った。
まず地の文と会話の境界がない。内面の独白も風景描写もすべて綴りになっている。
しかしその手法は本作品のテーマと密接に繋がっているようだ。主人公、ゾゼの書く作品は誰のものなのか。夢と現つがしばしば交差する。
そして物語上で浮き上がってくるジレンマは自らが読んでいる本書にも言えることだ。
翻訳書を読むときに生じるある種のもどかしさ。
僕が読んだのはどこまでシコ・ブアルキの本なのか。
これは翻訳されてこそ本の訴える意味合いが重層化していく佳作。

2012/11/27 01:40

投稿元:ブクログ

ハンガリー語の分析的な話から始まるが、次第に混沌としていく。登場人物や背景が入れ替わっていくのに、ついていくのがちょっと大変。深く考えずスピード感を楽しむ方がいいのかもしれない。
異国の文化に触れたいというこちらのアンテナは充分に刺激してくれる。