OP 全品ポイント2倍(~7/14)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 児童書・絵本
  4. 星座と星座神話 星空観察がグッと楽しくなる
星座と星座神話 星空観察がグッと楽しくなる(子供の科学★サイエンスブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 未評価 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料

紙の本

星座と星座神話 星空観察がグッと楽しくなる (子供の科学★サイエンスブックス)

著者 沼澤 茂美 (著),脇屋 奈々代 (著)

全天の88星座の中から代表的な星座を四季別に取り上げ、星座にまつわるギリシャ神話を中心に、観測できる惑星などを写真とイラストでわかりやすく紹介。星座リストや季節の星座図付...

もっと見る

星座と星座神話 星空観察がグッと楽しくなる (子供の科学★サイエンスブックス)

2,376(税込)

ポイント :22pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「星座と星座神話 星空観察がグッと楽しくなる」が含まれるセット商品

子供の科学・サイエンスブックス 第1期 3巻セット

子供の科学・サイエンスブックス 第1期 3巻セット

  • 税込価格:7,12866pt
  • 発送可能日:購入できません

商品説明

全天の88星座の中から代表的な星座を四季別に取り上げ、星座にまつわるギリシャ神話を中心に、観測できる惑星などを写真とイラストでわかりやすく紹介。星座リストや季節の星座図付き。【「TRC MARC」の商品解説】

目次

  • 春の星座神話
    • かに座・うみへび座
    • アミモーネの沼に棲む2匹の怪物
    • しし座
    • ネメアの森に棲む人喰いライオン
    • おおぐま座
    • 悲しい妖精カリスト
    • おとめ座
    • 悲しみの女神デーメーテール
    • かみのけ座

著者紹介

沼澤 茂美

略歴
〈沼澤茂美〉日本プラネタリウムラボラトリーを設立。執筆、天文番組の制作、天体撮影の指導など広範囲に活躍。
〈脇屋奈々代〉新潟県生まれ。日本プラネタリウムラボラトリーに参入。シナリオ、書籍の執筆、翻訳等で活躍。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価0.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2015/05/02 19:38

投稿元:ブクログ

大昔の人々は、たくさんの星を眺めながら星座やそれにまつわる色々な話を作り上げていきました。
5000年以上前に星座誕生。
作物の種まきや刈り入れの季節を知るため、目印となるような明るい星を毎夜観測していた。

身近な動物や神様、英雄をあてはめた。

占い好きのバビロニアじんに受け継がれ、星占い。
星座がギリシャ神話と結びつけられた。

色々な星座が作られ過ぎたので、1930年世界中の天文学者が集まり、星座が88星座に完成した。

★うみへび座
88星座の中で一番大きな星座。
うみへび座の上、ぼんやりと小さな光の雲のように見える星団
=かに座
ヘラクレス「英雄」沼に住む怪物ヒドラ《へび》を退治する冒険へ。9つの頭を持つ巨大なヘビ。
ヘビの友人の化けガニも倒した!
9番目の首が不死身の首。大岩で閉じ込めて退治! ヒドラうみヘビ。かに座が星座に。

★しし座 春
人喰いライオンが住みつき、村人や通りかかった旅人を襲っていた。勇者ヘラクレスは、矢を射っても、こん棒で叩いても全く意味なし。
三日三晩、素手で首を絞め続け退治した!
ヘラクレスを大嫌いだった女神ヘーラが、よく闘ったと、ライオンを星座にした。

★おおぐま座
北斗七星が目印。
森の妖精カリストは、アルテミス女神以外に冷たい態度を取っていた。恋したゼウス神は、女神に化けて近づき、子供ができた。
ゼウスの妃ヘーラは激怒し、カリストに呪いをかけて熊に変えてしまった。
息子は狩人に。森に逃げていた母の熊は、矢を射られそうになる!ゼウス神が、それを防ごうと星座にした!おおぐま座、こぐま座。
ヘーラ妃は激怒し、一年中休むことなく北の空に輝き続けるようにしてしまった!


★おとめ座 春の南の空
右手に羽。左手に麦の穂を持つ女神。
農業の女神デーメーテール。
冥界のザクロを4粒食べさせられ、冥界から出られなくなる。4ヶ月 冬冥界。8カ月は母の元で暮らす。

★ヘラクレス座 夏
大神ゼウスとアルゴスの王女と共に生まれた。
違う女と作った子供だから、ゼウスの妃はヘラクレスを憎んだ。ヘーラから呪いをかけられたヘラクレスは、妻と子供を自分の手で殺してしまった。自殺しようとしたが、止められてしまい、罪の償いとして、12の大冒険へ。


★さそり座 夏
巨人のように背が高くて、美男子、腕のいい狩人。あまりに鼻の高い行動ばかりをするので、よく思っていない、神々がサソリに殺すよう命じた。
毒針に刺され、オリオンは死亡。
その手柄で、サソリは星座に。
さそり座が昇ってくると、オリオンは地平線の下へ。星座となっても、サソリを恐れているからであろう。

★うお座
ある日神々が宴会をしている所、怪物テュフォンが現れた!足が大蛇、100匹のヘビ、不気味な顔をした頭。
神々は怖がって逃げ出した。女神アフロディーテと息子のエロスは魚に変身し、川に飛び込んで逃げましたが、はぐれないように、しっかりと体をリボンで結んでいました!
その姿を面白がったゼウス大神が星座にした!

★オリオン座
海の神ポセイドンの息子。
海の息子だから、海の上を歩くことができた。
月と狩りの女神アルテミスに気に入られて、お供をするように。
女神の兄は、自慢するオリオンを嫌いだった。
狩りの神である妹に海を歩いている、輝く光を射抜くように命じる。
それはオリオンだった。悲しくなった女神はゼウスに星座に上げてもらった。

理科・自然科学 ランキング

理科・自然科学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

サイト内検索

キーワードを入力