サイト内検索

詳細検索

全品ポイント2倍(~8/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 九死に一生ハンター稼業
九死に一生ハンター稼業(扶桑社ミステリー)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.2
  • 出版社: 扶桑社
  • レーベル: 扶桑社ミステリー
  • サイズ:16cm/492p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-594-05120-0
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

九死に一生ハンター稼業 (扶桑社ミステリー)

著者 ジャネット・イヴァノヴィッチ (著),細美 遙子 (訳)

期限付きの就労ビザで働いていたインド人青年シンハが行方不明。コンピュータ・おタクだが真面目な彼を見つけるために、あたしはシンハの職場だったスロットマシン部品製造会社に赴い...

もっと見る

九死に一生ハンター稼業 (扶桑社ミステリー)

1,008(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

期限付きの就労ビザで働いていたインド人青年シンハが行方不明。コンピュータ・おタクだが真面目な彼を見つけるために、あたしはシンハの職場だったスロットマシン部品製造会社に赴いた。オーナー三兄弟の次男はかつて殺人容疑で告訴されたことがある、っていうのもなんだか怪しい。捜査を進めていくうちに、あたしのところには謎の花束と死体の写真、「鬼ごっこだよ。おまえが鬼だ」というメッセージが。こっちが標的になっちゃったの!?危機一髪のシリーズ第九弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ステフの元気な近況報告

2006/06/15 00:06

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:TYANA - この投稿者のレビュー一覧を見る

ステファニー・プラムもの、第9作(クリスマス特別編を除いて)、3年ぶりの長編。
相変わらず元気なステファニー、危険な香りのする凄腕のレンジャーとも仕事を共にしながら、公式には別れた?ジョー・モレリとけっこう良い関係だったりして。ほんのちょっと大人になった気配もあるのが読みどころかも知れません。

ステファニーは「私が愛したリボルバー」で登場した時、バツイチで30歳。タイトルに似合わず、拳銃は大嫌い。失業したため、やむなく従兄がやっているバウンティハンターの仕事に就いたのでした。バウンティハンターとは保釈された後に出頭せず逃亡した容疑者の逮捕を請け負うもので、俗に言う賞金稼ぎ。相手は小物大物の違いはあれど、犯罪者なのだから、騒動が巻き起こるわけです。
今回の事件は失踪したインド人青年を探すうちに、ステファニー自身に不気味な脅迫状が届き、命の危険にさらされながらラスヴェガスまで追っていく。
新人のシリアスな作品だったら、すごく怖いところだけど〜かなりコミカルなこのシリーズの場合、強運のステファニーの命に別状があるわけはないので安心してスリルを味わえます。
ルーラとコニーとの珍道中ぶり、レンジャーのごつい仲間達のとんでもない苦労を楽しめます。レンジャー、奇特な男ですね。
むしろ波乱が少なかったなぁ…という読後感は、ステフの家族や恋愛関係にそれほどの急転がなかったせい。
笑える所は満載、十分に楽しめましたよ〜。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/25 14:55

投稿元:ブクログ

相棒ルーラとともに全身ワセリンまみれの自動車泥棒をやっとこさで捕まえて、事務所に戻ったステファニーを待っていたのは、インドのサリーを身に纏った親子。ステフのイトコにして事務所の親分ヴィニーがビザ保証書を書いた、シンハと言うインド人が行方をくらました、というのだ。シンハのビザはあと一週間、一週間以内にシンハの身柄を確保しないと大事だ!事務所全員の失業がかかってる!という訳で、レンジャーがシンハを探し出すことになった。相棒は我らがステファニー☆いやん、それはアブナイわあ!(笑)というモレリの心配もものかわ、シンハの勤め先を訪れたステファニーにストーカーの影が・・・・

シリーズも9作目になったせいか、読者がなれたせいか、サスガのステファニーも少しおとなし目で、むしろルーラのダイエット騒ぎやドタバタ振りが堂に入ってきてます。お決まりの自動車炎上はないけど、彼女のせいで新たな災難に泣く人々(!)が居たり、実家では臨月の姉と壊れかかったお母さんが大騒ぎ。むしろ周りのドタバタぶりにステフが振り回されてるみたいで、ページをめくるたびにニヤニヤ笑わせてくれます。

犯人探しや事件の真相より、なんと言ってもメインは二人のイイ男の間でヤケド寸前のステフの恋模様・・・・両手に花がウラヤマシイ(笑)私でした。

2006/10/27 14:44

投稿元:ブクログ

ユーモラスで元気が出るステファニー・プラムもの。
ジャネット・イヴァノヴィッチはお気に入りの作家の一人。
でもほとんどブクログを始める前に読んだのでご紹介が少ないことに気づきました。
ぼちぼち再読していくつもりです。どれかは★五つでも良いんじゃないかと思うんだけど~どれがどれだったか??

ステファニー・プラムもの、第九作(クリスマス特別編を除いて)、
3年ぶりの長編。
相変わらず元気なステファニー、危険な香りのする凄腕のレンジャーとも仕事を共にしながら、公式には別れた?ジョー・モレリとけっこう良い関係だったりして。ほんのちょっと大人になった気配もあり?

ステファニーは「私が愛したリボルバー」で登場した時、バツイチで30歳。
タイトルに似合わず、拳銃は大嫌い。失業したため、やむなく従兄がやっているバウンティハンターの仕事に就いたのでした。
バウンティハンターとは保釈された後に出頭せず逃亡した容疑者の逮捕を請け負うもので、俗に言う賞金稼ぎ。
相手は小物大物の違いはあれど、犯罪者なのだから、騒動が巻き起こるわけです。

今回の事件は失踪したインド人青年を探すうちに、ステファニー自身に不気味な脅迫状が届き、命の危険にさらされながらラスヴェガスまで追っていく。
新人の作品ならすごく怖いところだけど〜かなりコミカルなこのシリーズの場合、強運のステファニーの命に別状があるわけはないので安心。
ルーラとコニーとの珍道中ぶり、レンジャーの仲間達の苦労を楽しめます。むしろ波乱が少なかったなぁ…という読後感は、ステフの家族や恋愛関係に急転がなかったせい。
そういえば、お約束の車大破もなかったしね?
笑える所は満載、十分に楽しめましたよ〜。

2012/07/31 09:04

投稿元:ブクログ

シリーズ9作目
なんと、ヴァレリーが臨月になってる!衝撃的!
どうもヴァレリーが出てくると嫌~な感じ。ステファニーと対称的に男に寄生して生きてるからかなあ。
ステファニーは気持ちとしては1人で頑張ってるから。結果として助けてもらってるわけだけども。
まあ、でも結局、ヴァレリーの相手はあれだけどね。

インド人の青年を探すことになったステファニー。なんでかまたもや標的になってる。
今回は車を大破しないかわりに、レンジャーが護衛に派遣したレンジャーの部下に次々に痛い思いをさせてる。
マッチョ達があっけなく病院送りになるのは車より面白い。レンジャーが苦笑してる様子も。

アメリカのオタク事情がわかる話。
まあ、このシリーズは最初からそういう空気はいつもあるんだけども。
最後、もう少し緊迫感盛り上げてもよかったのでは。あっけなかったなあ。
一番の山場はフィッシャー・キャットに怒り爆発したところかな。

2012/05/16 20:24

投稿元:ブクログ

期限付きの就労ビザで働いていたインド人青年シンハが行方不明。コンピュータオタクだが真面目な彼を見つけるために、あたしはシンハの職場だったスロットマシン部品製造会社に赴いた。捜査を進めていくうちに、あたしのところには謎の花束と死体の写真、「鬼ごっこだよ。おまえが鬼だ」というメッセージが。こっちが標的になっちゃったの!? 危機一髪のシリーズ第9弾。

原題:To the Nines (2003)
訳者:細美遙子

扶桑社ミステリー文庫 (2006.03)