詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. 夏期限定トロピカルパフェ事件

夏期限定トロピカルパフェ事件(創元推理文庫)

  • 発行年月:2006.4
  • 出版社:東京創元社
  • レーベル:創元推理文庫
  • サイズ:15cm/246p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-488-45102-0

文庫 読割50

  • 国内送料無料

読割50とは?

紙書籍を購入すると同一の電子書籍が50%OFF!

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。

購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

読割50または読割50のアイコンがついている商品が対象です。
一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • 書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しくみる

夏期限定トロピカルパフェ事件 (創元推理文庫)

米澤 穂信 (著)

紙書籍

617 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

486(4pt) 夏期限定トロピカルパフェ事件

紙書籍より:131円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

小市民たるもの、日々を平穏に過ごす生活態度を獲得せんと希求し、それを妨げる事々に対しては断固として回避の立場を取るべし。賢しらに名探偵を気取るなどもってのほか。諦念と儀礼的無関心を心の中で育んで、そしていつか掴むんだ、あの小市民の星を!そんな高校二年生・小鳩君の、この夏の運命を左右するのは“小佐内スイーツセレクション・夏”!?待望のシリーズ第二弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(395件)
★★★★★(73件)
★★★★☆(159件)
★★★☆☆(109件)
★★☆☆☆(12件)
★☆☆☆☆(3件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

早くも次の作品に期待大。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/04/16 12:36

評価5 投稿者:エルフ - この投稿者のレビュー一覧を見る

米澤氏の作品はラストまで読み終えてから最初に戻ると全く別の雰囲気が漂う面白さがあるのですが、今回も最後まで読んだ後、冒頭の序章を読み直すと小左内さんの笑いが別の意味を含んでいるように思えて思わずゾワゾワとしてしまいましたね。
ミステリーズ!で「シャルロットだけはぼくのもの」を読んでいたせいか、ずっと短編連作だと思っていました。ところがこの「トロピカル」は短編にみせかけて長編だったのですね。いや単純に私が短編だと思いこんでいただけかもしれませんが。
物語の最初は小鳩君が小市民を目指しながらもついつい小左内さんに挑んでしまうという小鳩君が中心の話になっていて、狼である小左内さんの牙はずっと隠されています。ところがアチコチに伏線として小左内さんの企みが貼ってあるのですがラストまで読まないとその笑顔の意味が見事に隠されているのですよね。
ここがこの愛らしい装丁とは裏腹にピリリと毒が効いた米澤さんらしいところなのです。
さすが復讐が好きな小左内さんだけあって長期に渡って準備を進めていたのですよね。
しかも敵も見事も騙しているところも二人らしいと言えば二人らしい。
お互いに二度と中学時代を繰り返さないため、小市民であることを誓ったのにも関わらず二人の関係は微妙にズレていき・・・。
さて、この続きは一体どうなるのでしょう?
次の作品は「秋期限定モンブラン事件」と言われていますがこのラストで次にどう繋がるのか早くも次作に期待のシリーズです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

真剣で切り結ぶ約束組手

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/09/30 14:04

評価5 投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校二年生の一学期末試験前。祭の夜店に出かけた小鳩常悟朗は、一年ぶりくらいに校外で小佐内ゆきと出会う。そして夏休み初日。<小佐内スイーツセレクション・夏>という、近隣のスイーツ店とおすすめ商品が掲載された手製の地図を持ってきたゆきは、夏休みにスイーツ巡りに小鳩を連れ回すことを宣言するのだった。
 そんなスーツ巡りの待ち時間つぶしのファーストフード店で堂島健吾と会った小鳩は、彼が川俣かすみの姉が石和馳美のドラッググループから抜け出す手伝いをしようとしていることを知る。だがもちろん、小市民はそんなことに関わらない。

 そうやってスイーツ巡りも終盤に入った頃、小佐内ゆきが誘拐される事件が発生するのだった。

 前巻において暴露された小鳩常悟朗と小佐内ゆきの正体を前提として、一般的な夏休みの高校生男女のデート風景を描いているようでありながら、その裏側で進行する策略の組み上がり方を描いている。その補助線として、堂島健吾の奮闘の結果も語られる訳だが、彼は事件の真相を知ることなく、ヒーローとしての果実を手にすることになるのだ。
 そして事件の真相を知るものたちは、ヒーローとヒロインの夏休みの思い出とは全く別の道を選択することになる。

 まるで真剣で切り結ぶ約束組手みたいな感じ。一歩間違えば踏み外すけれど、それすらも愉悦の一つと捉えているような暗さがある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

なんともホロ苦

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014/06/25 08:07

評価5 投稿者:papanpa - この投稿者のレビュー一覧を見る

スイーツなのに、なんともホロ苦い青春ラブ?ストーリー。
必ず「春期限定いちごタルト事件 」から読んでね

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小山内さんの意外な一面

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2008/03/10 00:29

評価4 投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 小山内さんと小鳩君の極力目立たなく生きる小市民シリーズの第二段です。
今回は、題名どおり二人の夏休み中のお話しです。

 前作の連作形式とちょっと違っていて
今回は、読みきりで書かれた短編2作に書き下ろしの長編をブレンドし
文庫一冊で一本の長編となっております。
 大きな枠組みとしては、小山内さんが小鳩君に街のおいしいスィーツ・セレクション
リストを見せ、これを回ろうと一夏の計画を持ちかけます。
これが一つの大枠の設定となり、いつもの人の死なない、日々の小さな謎解きが展開されるのですが、
 今回は、前作に比べてちょっと展開がシリアス気味。
小山内さん、危機一髪です。
で、その後どんでん返しが何度かあり、伏線は冒頭にはられていましたが、
小山内さんの意外な一面が語られます。

 しかし、短編のほうは、(違和感なく再構成されているとはいえ、独立している感はある)
前作のイメージそのままで、
こっちのほうが、(特に最初のほう)が面白かったですね、、。
 スィーツをめぐって小山内さんと小鳩君が見えないバトルを展開するのですが、あの小市民とはいえ、超するどい小山内さんに小鳩君が勝てるのか!?
ワトソンVSホームズでした。
はらはらどきどきでした。

 小市民シリーズに新たなシリアス路線の展開ということで、
特に、小市民的展開でなくなったとも言えるので、
ファンの胸中は複雑ですが、
(それと互恵関係の二人の関係も複雑)
次の作品はどんな感じなんでしょうね?。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小山内さーんっ!!!! と叫びたくなります。

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/02/15 00:07

評価3 投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

先に読んだシリーズ第一弾の『春期限定いちごパフェ事件』が予想を遥かに超えておもしろかったので、すぐさま第二弾に手を伸ばしてしまった。そして本書を読み終わった後、手元に第三弾である『秋期限定栗きんとん事件』を手元に準備しておかなかったことを激しく後悔した。

高校二年生の夏休み。互恵関係にある小山内さんは小鳩くんを<小山内スイーツセレクション・夏>に誘う。<小山内スイーツセレクション・夏>とは、スイーツに目がない小山内さんが厳選した「この夏に必ず食べなければいけないスイーツ」のリストである。

しかしこのお誘い、小山内さんと小鳩くんの間に結ばれた互恵契約には含まれていない。しかし小市民である小鳩くん、小山内さんの「趣味」につきあうことはもちろん吝か(やぶさか)ではなく、日々せっせと小山内さんのスイーツ巡りに付き合うことに…そんな微笑ましい夏休みに事件は起こる。

過去の苦い経験から、賢(さか)しく推理するという行為を封印した小鳩くん。復讐心を忘れると誓った小山内さん。ふたりは小市民のままこの夏を越すことはできるのだろうか…

読み終わって思わず「小山内さーんっ!!!!」と叫びたくなってしまった(読んだ方にはこの気持ち、わかるはず)。それほど小山内さんに対する(からの?)衝撃がすさまじかったのだ。どこが小市民なのーーーっ?と突っ込みたくなった方もおられよう。

しかし忘れてはならない。小市民を目指している時点でその人はもう小市民ではないのだ。そのことに小鳩くんも小山内さんも気付いていないように思う。おそらく小市民を目指すことに一生懸命過ぎて、自ら「我々は小市民ではありません」と宣言していることに思い至らないのだろう。ちょっと胸が痛い。

あぁ、この後の展開が気になるっ!!! 実は『秋期限定栗きんとん事件』は上下巻とも手元にあるのでいつでも読み始められるのだけれど…うーん、どうしよう。色々読みたい本がたまっているのですよ。とにかくっ!!!近いうちに続編を読むことだけは確定!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

夏のスイーツ、それは……

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/04/30 22:28

評価3 投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

日々を平穏に過ごすため、小市民を目指す高校生、小鳩君と小山内さん。二人は学校では小市民の仮面をかぶり、またそのためにお互いを利用しても良いというなんとも奇妙な関係にあった。学校も平穏無事に夏休みに入り、さて小市民たる自分の夏休みのすごし方はいかに? と妄想する小鳩君であったが、彼の運命は<小山内スイーツセレクション・夏>に翻弄されることになる……

小市民を目指す小鳩君と小山内さんだが、小市民を目指すということは、自分は小市民以上であるという自覚があるからこそである。小鳩君も小山内さんも自分の嗜好はともかくとして、その能力は互いも自分も認めるところ。さらに、ひっそりとした互恵関係が二人の間のお約束にもかかわらず、そのなんとなく謎めいていてかつ言い訳のように使っているお互いの関係こそが本書の骨組みになっている。ミステリといいつつも、『さよなら妖精』で魅せた青春時代に持ちえる感覚を、羨望と後悔を交えた視線で見守らせるかのような味わいはいかに。小山内スイーツ・セレクションもかくや、と言わんばかりの妙味である。

日常ミステリだけでなく、二人のひねた青春の行く末も気になるところ。気長に秋を待とう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2007/02/09 21:37

短編として発表された2作は、それだけで充分楽しめる。散りばめられた謎が、最後に解決する連作短編としても面白い。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/01/30 07:54

▼何このハイパー後味……! 酷い、だから大好き! ▼遅かれ早かれ、こうは、なってしまったんだろうけどね、探偵と犯人の追いかけっこってのは。これなんて後期クイーン。(08/1/30読了)

評価4 投稿元:ブクログ

2008/05/13 19:48

「春期〜」の続き物。
前作に比べてオサナイさんが黒いよー!笑
や、でもあれが彼女の本当の姿…
次回作に期待高まります。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/07/29 16:49

(収録作品)まるで綿菓子のよう/シャルロットだけはぼくのもの/シェイク・ハーフ/激辛大盛/おいで、キャンディーをあげる/スイート・メモリー

評価4 投稿元:ブクログ

2007/06/18 23:22

小市民(?)シリーズ第2弾。小山内スイーツコレクション"夏"。
今回は小山内さんが主役・・・?
なんだかんだと言い訳しながらどんどんボロが出て行ってる二人ですが、最後にああいう展開がくるとますます目が離せません。おおちゃんと青春してるじゃないか。
しかしこの二人、互恵関係になれなかったら完全にライバルになってたでしょうね。小山内さんには完全犯罪者の素質があると思うし。将来的にそんな関係になって再開してたら面白いと思う。
なんてーか、ホームズと”あの人”みたいな感じ?

評価5 投稿元:ブクログ

2006/05/17 23:31

イラストの影響で、ほのぼのとかわいい主人公を想像してしまうのだけど、ひねくれた先で突き抜けた危険性をもつ少年と少女。日常の謎を小気味よく解きつつ、ときおり見せる大きな危険の欠片。そして大きな事件を解決した後は、原因の解明と、さらに裏原因の解明が待っている。怖くなるけど見ずにはいれない面白さ。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/05/05 16:45

そうきたか!と。
なんだかずっと違和感はあって、アレがアレなのは分かっていたんだけど…読者の裏読みをもう一段ひっくり返してくるやり方は毎回同じパターンではあるけどお見事。解説では秋季限定や冬季限定の発表は間違いないだろうって書いてあるけど、これでシリーズ完結してしまっても構わない。そのくらい綺麗に終わってる。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/06/16 00:07

最後が気になる終わりでびっくり。
小佐内さん好きな私としては気になるところ。
小佐内さんの「狼度」が素敵!
しかし、どうなるんだ…。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/01/25 22:46

ラノベ臭は残りますが第一弾よりも好きかもしれません。何よりラストが恋愛小説っぽい。そこがいい。
しかし彼らは「自意識過剰」だな!

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.