サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

柳生双剣士
  • みんなの評価 5つ星のうち 3 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.4
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/274p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-213389-X
  • 国内送料無料

紙の本

柳生双剣士

著者 多田 容子 (著)

肥前佐賀鍋島藩の杜村新吾丸は、剣がたつうえに、風貌が柳生十兵衛に瓜二つ。杜村十兵衛元厳と名乗っている—その報に、柳生宗矩が動き出す。そして、二人の十兵衛が巡りあったとき、...

もっと見る

柳生双剣士

1,836(税込)

ポイント :17pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

肥前佐賀鍋島藩の杜村新吾丸は、剣がたつうえに、風貌が柳生十兵衛に瓜二つ。杜村十兵衛元厳と名乗っている—その報に、柳生宗矩が動き出す。そして、二人の十兵衛が巡りあったとき、事態は思わぬ方向へと進んでいく。若き日の柳生十兵衛が、兵法の理を極める過程で経験した、不思議な事件。著者、自家薬篭中の柳生を主題にした長編剣豪小説。【「BOOK」データベースの商品解説】

鍋島藩の杜村新吾丸は、剣がたつうえに柳生十兵衛に瓜二つ。杜村十兵衛元厳と名乗っている−その報に、柳生宗矩が動き出す。そして、2人の十兵衛が巡りあったとき、事態は思わぬ方向へと進んでいく…。書下ろし剣豪小説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

多田 容子

略歴
〈多田容子〉1971年香川県生まれ。京都大学経済学部在学中から時代小説を書き始める。99年「双眼」でデビュー。著書に「月下妙剣」「甘水岩」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価3.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2010/08/23 21:52

投稿元:ブクログ

 もし柳生十兵衛に瓜二つの剣士が居たとしたら……という一作。

 展開は面白いんだけど、後半がモノローグ過ぎて読むのが少々辛い。この展開に持ち込むなら序盤にもう少し伏線がほしいところ。あるいは序盤で説明して割合を減らすか、かなぁ。後半がやや重い。

 著者の作品を読んでいる方なら、双眼の柳生十兵衛とスタンスが違うってこということが面白い。シリーズではなく明らかに別作品である。

歴史・時代小説 ランキング

歴史・時代小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む