サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

夜の歌(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/204p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-193651-6
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

夜の歌 (小学館文庫 藤田和日郎短編集)

著者 藤田 和日郎 (著)

夜の歌 (小学館文庫 藤田和日郎短編集)

576(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

からくりの君 3-51
掌の歌 53-76
連絡船奇譚 79-114

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2008/07/01 00:07

投稿元:ブクログ

藤田和日朗 短編集

『からくりサーカス』の元的な『からくりの君』等が収録されている。
『夜に散歩しないかね』は今でも面白い

2008/07/11 13:26

投稿元:ブクログ

藤田和日郎の「夜」の部分がよく出ている一冊である。
彼の見せる「闇」に魅せられた部分が好きな人にオススメしたい。

「夜に散歩しないかね」は輪切りにされちゃうし、「あやつりの君」は血が飛び散っております。ちなみに私は大好きだ。あやつりの君はヒロインのかっこよさ、可愛さ、そして悲しさがたまらない。

街の中にある闇に惹かれる人に読んでもらいたい。

2009/10/04 10:35

投稿元:ブクログ

収録作「夜に散歩しないかね」を、増刊で読んでから
ずっとコミックになるのをまっていたら、短編集で出たw

速攻で本棚にお迎えしましたよ・・・w

からくりサーカスの原案となった作品やデビュー作も掲載。
氏の世界にどっぷりはまれる一冊です。

2010/01/25 18:59

投稿元:ブクログ

藤田和日郎短編集。
藤田先生の入門書的一冊かと思います。
「夜に散歩しないかね」は夢に見そうな怖さ(笑)
「からくりの君」は、いつか約束が叶うことがあるのか気になります。

「からくりの君」「掌の歌」「連絡船奇譚」「メリーゴーランドへ!」「夜に散歩しないかね」収録。

2010/11/01 00:35

投稿元:ブクログ

本誌で読んでいたようです。生首が転がっていく風景、思い出しました。もう20年近く前になるのか。何年経っても変らず面白い。藤田先生の作品解説も面白い。

2011/11/07 23:08

投稿元:ブクログ

「夜に散歩しないかね」を読んだ後は、むしょうに深夜の散歩をしたくなる。
着物と洋装が入り交じる時代が好きなので、雰囲気ごと大好きだった。

2014/10/11 12:18

投稿元:ブクログ

「うしおととら」で有名な藤田和日郎さんの短編集。
藤田和日郎さんの絵は、怖い所もあろのですが、怖いけど引き込まれる・・・先が読みたくなる。
この短編集もそんな作品がたくさんありました。「からくりの君」「夜に散歩しないかね?」が特に好きです。

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る