詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. 世界の音を訪ねる 音の錬金術師の旅日記

世界の音を訪ねる 音の錬金術師の旅日記(岩波新書 新赤版)

  • 発行年月:2006.4
  • 出版社:岩波書店
  • レーベル:岩波新書 新赤版
  • サイズ:18cm/208,9p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-00-431011-3

新書

  • 国内送料無料

世界の音を訪ねる 音の錬金術師の旅日記 (岩波新書 新赤版)

久保田 麻琴 (著)

紙書籍

1,015 ポイント:9pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

いま、世界で一番ホットな音楽の現場はどこなのか。偶然の出会いが重なって生まれる音とは? 第一線で新しい音楽を精力的に探求し続けるワールド・ミュージック界の仕掛け人が、音楽...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

いま、世界で一番ホットな音楽の現場はどこなのか。偶然の出会いが重なって生まれる音とは? 第一線で新しい音楽を精力的に探求し続けるワールド・ミュージック界の仕掛け人が、音楽誕生の源をたどる。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

久保田 麻琴

略歴
〈久保田麻琴〉1949年京都生まれ。同志社大学卒業。ミュージシャン、音楽プロデューサー。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.5
4.5
評価内訳 全て(4件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2009/12/31 00:41

書は世界の音を文章で奏でた久保田麻琴初の著書。2009/12/5に沖縄はカフェユニゾンで行われたWord Music CAFEでは本で紹介されている氏が録画した映像を流しながらたっぷり3時間のトークショー。
またここ数年はまってる宮古島の祭祀などの映像と音楽も。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/05/21 09:51

[ 内容 ]
すべての音楽の背後には歴史があり、人々の息遺いがある。
いま、世界で一番ホットな音楽の現場はどこなのか。
あらゆる偶然の出会いが重なって生まれる音とは?
国際色豊かで柔軟性のある新しい音楽を精力的に探求し続けるワールド・ミュージック界の仕掛け人が、音楽誕生の源をたどる。
岩波新書初の付録CD付き。

[ 目次 ]
第1部 旅する錬金術師(ブラジルのアフリカ/ブラジルのヨーロッパ―レシーフェのカルナヴァル;天然トランスは世界を魅惑する―モロッコのグナワ・フェスティバル;ワールド・ミュージックの交差点―WOMAD in シンガポール、スリランカ2005)
第2部 インタビュー・ただごとでない音楽を求めて―聞き手・田中勝則(アジアのプロジェクトはどうスタートしたか;曲のよさから入る;ロックの頃;もっとディープなロック、ブルース、アメリカへ ほか)

[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

評価0 投稿元:ブクログ

2013/10/11 01:58

様々なワールドミュージックの紹介は、わくわくする。特にモロッコのグナワ、インドネシアのダンドゥットは興味深い。動画サイトで紹介された音楽を探して聴いてみると、はまりそうなものがけっこうある。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/03/31 16:01

ワールドミュージック
という概念があることを本書で初めてしりました。

インドネシアと日本の類似点は、ジャガイモがインドネシアから伝わったとすれば、
歌だって伝わっておかしくないので、納得できるような気がします。

日本が混合文化であることの証だというのではだめでしょうか。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.