サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ゆきのはなふる (JETS COMICS)
ゆきのはなふる (JETS COMICS)(ジェッツコミックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.6
  • 出版社: 白泉社
  • レーベル: ジェッツコミックス
  • サイズ:21cm/214p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-592-14268-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ゆきのはなふる (JETS COMICS)

著者 わかつき めぐみ (著)

ゆきのはなふる (JETS COMICS)

782(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

ゆきのはなふる

735(税込)

ゆきのはなふる

ポイント :6pt / 紙の本より47おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

人形のふしぎ

2006/06/04 22:21

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:kou - この投稿者のレビュー一覧を見る

お山のお世話をする山の主さまたちや、お天気をつかさどるものたち(風師や雪師など)たちのお話を集めた連作短編集。

作者さんらしいやわらかいお話たちでした。
この人のお話を読むと、やさしいというのは、かなしいや、せつないとイコールなのかもしれない、なんて思うことがあります。
もちろん単にやさしくこころ温まるお話たちもあるのですが、ときどき、やさしくあたたかいからこそ、かなしみが底の方からコポコポと湧き出てくるように感じるお話もあるのです。
今回の表題作にして描き下ろしである中篇『ゆきのはなふる』は、そんなお話でした。
一緒に収録されている、他のお山の主さまたちの恋物語なども、素敵なお話ですが、今回はやっぱりこの表題作が一番です。

雪を降らせるのが仕事である雪師の幻宵は、ある日、とても繊細な造りの等身大の人形(ヒトガタ)を拾います。そのまま捨て置くのも忍びなく持ち帰り、「雪花」と名づけて手元に置くことにするのですが、雪花は、幻宵たちが口ずさむ唄などに反応して動くことが分かります。
人形なのに姿かたちは人間と変わりなく、動く。魂があるかのようなのに、人形。
雪花の存在をどう受け容れればよいか戸惑う幻宵ですが、見つかった造り手から、あることを聞きます。
これは、「人形」という不思議な存在のお話であると同時に、喪失についてのひとつのお話。

やわらかで切なくてやさしいこの物語と、作中の唄の響きが、とてもよく合っています。
下に唄の一部を引用しますが、最後まで読むと本当にすてきなので、ぜひ作品を手にとって味わってみてください。

 北風木枯らし吹いたなら お山に冬が参ります
 ひいらり白く枝の先
 ゆきのはなふる はなのふる
 霜が降りたらお魚は 苔を枕に水の底
 しんしんつめたいお星さま
 ゆきのはなふる はなのふる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/07/01 22:17

投稿元:ブクログ

はんぶんはあちこちに散らばっていたシリーズ物を集めた本ですが書下ろしがとてもよかった。わかつき氏の描くせつない話はとても染み入る。

2006/10/23 09:07

投稿元:ブクログ

『「主様」シリーズ完全収録!』だけだったら買わなかったのですが、表題作でもある『ゆきのはなふる』が完全新作かきおろし!ということで購入決定。 泣かされてしまいました。 買って良かった。

2006/09/10 20:00

投稿元:ブクログ

わかつき先生のこれまた久々の新刊。(つっても、もう6月に出てる(^_^;))…しかしこれはまた…。タイトルになっている書下ろしの「ゆきのはなふる」、いきなり好きな作品のトップ3に食い込んでくるよーなスバラシさ。このお方は何故にここまで静かに深い作品を生み出し続けられるのか…。高校時代からファンですが、全てが宝モノであります。今回も完全、脱帽。泣きました。

2006/10/11 15:59

投稿元:ブクログ

主様シリーズをまとめたもの+描き下ろし。再録が多いので、なんだか損した気分、というか、お得感が薄い、というか。作品自体はどれも素敵だし、好きなんだけれども。

青年コミック ランキング

青年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む