詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. アーサー王宮廷物語 3 最後の戦い

アーサー王宮廷物語 3 最後の戦い

  • 発行年月:2006.4
  • 出版社:筑摩書房
  • サイズ:20cm/302p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-80403-X

  • 国内送料無料

アーサー王宮廷物語 3 最後の戦い

ひかわ 玲子 (著)

紙書籍

1,728 ポイント:16pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

不思議な力を持つ双子の兄妹が見た、宮廷の光と影。王妃の恋と世継ぎ争いが、円卓の和を軋ませる。千年王国の夢は果たして?第3巻完結篇。【「BOOK」データベースの商品解説】「...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「アーサー王宮廷物語 3 最後の戦い」が含まれるセット商品

アーサー王宮廷物語 3巻セット

アーサー王宮廷物語 3巻セット

  • ひかわ玲子 著
  • 税込価格:5,18448pt
  • 発送可能日:購入できません

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

不思議な力を持つ双子の兄妹が見た、宮廷の光と影。王妃の恋と世継ぎ争いが、円卓の和を軋ませる。千年王国の夢は果たして?第3巻完結篇。【「BOOK」データベースの商品解説】

「天は、我ら親子を見捨てたのだ」 王妃の恋と世継ぎ争いが、円卓の和を軋ませる…。聖杯をもたらす者誕生の物語。不思議な力を持つ双子の兄妹が見た宮廷の光と影を描く書き下ろしファンタジー3部作、完結篇。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ひかわ 玲子

略歴
〈ひかわ玲子〉1958年生まれ。作家。著書に「火の国の媛」「クリセニアン年代記」「ひかわ玲子のファンタジー私説」など多数。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.5
4.5
評価内訳 全て(2件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2006/12/18 14:07

ひかわれいこのアーサー王物ファンタジー最終巻。「聖杯の王」の続き。
どの作品を読んでも最後の戦いにいたる経緯、特にガウェインの心情は切ない。この作品ではそれにプラスして、追い詰められていくモードレッドの心情も切なくて涙だ。父アーサーを思うがゆえにランスロット一族と対立し、挙句に父とも対立してしまうモードレッドの行動と、どうしてもモードレッドを肯定できないガウェインが哀れ……。
全体がメリウェルとフリン兄妹、モードレッド、ユウェイン、ガウェインという若い世代の物語なので、アーサー、ギネヴィア、ランスロットの関係はかなり背景に引っ込んでいる。ギネヴィアとランスの恋を背景化する事で「不倫」という生々しさを避け、幻想を壊さないように配慮しているのだが、二人には生身の男女としての輪郭が乏しい。特にギネヴィアは主人公メリウェルのご主人なのに、三部作通じてほとんどセリフがない(メリウェルが女官として働いてるシーンが少ないからなのだが)。きれいで素直なおばかさんというギネヴィアのイメージは、わたしには物足りなかった。このあたりは、今回の「宮廷物語」の前史として、幼いモーゲンも含めてアーサー王国誕生時の話も書いて欲しいと思う。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/10/26 08:29

感動的だった。
ただ軽い気持ちでアーサー王伝説を知りたいと思って手にとったアーサー王宮物語全3巻、それは悲しい物語だったけれど、同時にとても優しい物語だった。

現代に育った僕らには親族という認識は希薄だ。
しかしアーサー王を含め円卓の騎士たちは本当に親族を大切にし、血を大切にした。
そして、アーサー王を裏切る形となってしまったランスロットさえ、アーサー王を心から敬愛し、血を分かち合っていなくとも強い絆で結ばれていた。最後まで。
アーサー王は自分を裏切ったランスロットを許し、王妃を許し、そして忠義を尽くしてくれたガウェインに出来うる限りの最大の愛を持って接した。
例えガウェインの眼が曇ってしまっていても、彼を決して見限らずに妥協点を探り、そしてそのために心を痛めた。

ひかわさんの描くアーサー王は慈愛に満ちた神のような存在で、戦場というのが似合わない人だった。
彼ほどの平和主義がいただろうか?
彼はただただキャメロットの幸福と安寧だけを願っていたのに、そのためにあらゆるものを我慢したのに
結局、彼を取り巻く騎士たちの心に振り回され彼は全てを失った。
個々の気持ちを思んぱかるあまり自分をないがしろにさえした。

それでも全てを許し、死さえ受け入れるアーサー王は立派だった。

ひかわさんの描くアーサー王宮物語は実際のものと細部が違っていた。
けれど、この物語は愛に満ちていて素晴らしいものだった。
彼女の目にはアーサー王宮はこのように映ったのかもしれない。

久しぶりに良い本に出会えた気がする。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.