詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

たからもの

  • 発行年月:2006.5
  • 出版社:偕成社
  • サイズ:24cm/32p
  • 利用対象:幼児 小学生
  • ISBN:4-03-201530-9

絵本

  • 国内送料無料

たからもの

ユリ・シュルヴィッツ (作), 安藤 紀子 (訳)

紙書籍

1,296 ポイント:12pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

「都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものをさがしなさい」。ふしぎな夢のおつげにしたがって、まずしい男は、はるばる旅にでた。ようやくたどりついた都で男は、宮殿をまもる衛兵隊...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

「都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものをさがしなさい」。ふしぎな夢のおつげにしたがって、まずしい男は、はるばる旅にでた。ようやくたどりついた都で男は、宮殿をまもる衛兵隊の隊長から、おもいがけない話をきく—。1980年コルデコット賞「銀賞」受賞作。5歳から。【「BOOK」データベースの商品解説】

【コルデコット賞銀賞(1980年)】「都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものをさがしなさい」 ふしぎな夢のおつげにしたがって、まずしい男は、はるばる旅に出た。ようやくたどりついた都で男は、宮殿をまもる衛兵隊の隊長から、おもいがけない話をきく-。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ユリ・シュルヴィッツ

略歴
〈ユリ・シュルヴィッツ〉1935年ポーランド生まれ。長年にわたり絵本作家として活躍。69年には、アーサー・ランサムの文に絵をつけた「空とぶ船と世界一のばか」でコルデコット賞を受賞。ほかに「よあけ」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2015/10/29 15:29

評価0 投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

不思議な夢のお告げを聞いて宝物を掘り出しに行くのですが全体的に盛り上がりどころのわからない不思議なお話だったかな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2006/07/06 22:52

「都へゆき、宮殿の橋の下で宝物をさがしなさい」
不思議な夢のお告げに従って貧しい男は、はるばる旅に出た。
ようやくたどりついた都で男は宮殿をまもる衛兵隊の隊長から思いがけない話を聞く・・・。

評価0 投稿元:ブクログ

2006/09/01 20:04

烏兎の庭 第三部 絵本 7.22.06
http://www5e.biglobe.ne.jp/~utouto/uto03/bunsho/treasure.html

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/21 15:15

すこし教訓的な、昔話の絵本化です。

シュルヴィッツの絵と、おはなしのすばらしさ・雰囲気が本当にうまく合っていて、とてもいい作品に仕上がっています。

昔話としてのできもよく、子どもでも大人でも楽しめると思います。

特に、大人にとっては、回り道や一見無駄のことをした後に、幸せにたどりつく過程は、グッとくるものがあるのではないでしょうか。

シュルヴィッツの作品はどれも大好きですが、この『たからもの』は、その中でも特にお気に入りです。

同作家の『よあけ』など、静けさが好きなヒトには、自信をもってオススメします。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/12/01 17:21

全体的に淡々としている。
私のたからものって、なんだろう。
ろくに遠くまで旅をしないからわからないんだろうか。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/05/14 00:53

『THE TREASURE』

都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものを さがしなさい。

ほんとうのたからものは身近にあるのかもしれない。

1980年コルデコット賞

評価4 投稿元:ブクログ

2008/10/27 17:13

「都に行き、宮殿の橋の下で宝物を探しなさい」夢でお告げを3回聞いた貧乏なアイザックは、はるばる旅に出て…。“近くにあるものをみつけるために、遠くまで旅しなければならないこともある”原型はよく語られるお話ですが、ユリ・シュルヴィッツの素晴らしい絵にも魅せられます。落ち着いた色調ながら、何ともいえない暖かみを含んで、柔らかで明るいオレンジやグリーン、あるいはゴールドの光が感じられる絵本です。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/07/01 23:42

聖書のようなはなしだけど、聖書の中の人々よりももっと慎ましやかで、へりくだっていて、より自分に投影できる気がする。
不思議で心をつかまれる。

評価0 投稿元:ブクログ

2013/03/05 16:33

1980年コルデコット賞銀賞受賞作。
「都へゆき、宮殿の橋のしたで、たからものをさがしなさい」
夢の中のこの声から物語は始まる。貧しいアイザックはこの言葉を気にもとめなかったが、何度か同じ夢を見る。そして「もしかしたらほんとうかもしれない」、そう思いなおして旅に出る。アイザックは橋のところで衛兵の隊長に夢の話をすると、隊長から思いもよらない話を聞かされる。
最初から一貫して無欲のアイザックが、たからものを手に入れた後に取る行動が素晴らしい。自分のたからもの、本当に大切なものとは何なのだろうか、どこにあるのだろうかと考えさせられる本です。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.