サイト内検索

詳細検索

送料無料

2016年7月期メディア化特集(~7/28)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス
陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス(ノン・ノベル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 468件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.5
  • 出版社: 祥伝社
  • レーベル: ノン・ノベル
  • サイズ:18cm/273p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-20813-4
  • 国内送料無料
新書

紙の本

陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス (ノン・ノベル)

著者 伊坂 幸太郎 (著)

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男...

もっと見る

陽気なギャングの日常と襲撃 長編サスペンス (ノン・ノベル)

905(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人間嘘発見器成瀬が遭遇した刃物男騒動、演説の達人響野は「幻の女」を探し、正確無比な“体内時計”の持ち主雪子は謎の招待券の真意を追う。そして天才スリの久遠は殴打される中年男に—史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。だが、華麗なる銀行襲撃の裏に突如浮上した「社長令嬢誘拐事件」と奇妙な連鎖を始め…。絶品のプロット、会話、伏線が織りなす軽快サスペンス!伊坂ブームの起爆剤にして、映画化で話題の「陽気なギャング」ここに待望の復活。【「BOOK」データベースの商品解説】

人間噓発見器・成瀬、演説の達人・響野、天才スリ・久遠、正確無比な体内時計の持ち主・雪子。史上最強の天才強盗4人組が巻き込まれたバラバラな事件。しかし…。「陽気なギャングが地球を回す」に続く第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

伊坂 幸太郎

略歴
〈伊坂幸太郎〉1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。「悪党たちが目にしみる」がサントリーミステリー大賞で佳作に。「オーデュボンの祈り」で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞しデビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー468件

みんなの評価4.0

評価内訳

ギャングたちがまた

2006/05/23 16:25

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:RIO - この投稿者のレビュー一覧を見る

「陽気なギャングが地球を回す」の続編であるということで読んでみた所、続編という感じはあまり受けず一冊の本として読める。
一人ひとりのストーリーは全く違う物のようだが、後々繋がってきた時にやっと一本にまとまる面白さは伊坂さんならではの文章使い。今までの作品も非常に面白かったが、今までにも負けない面白さが作品の中に詰まっている。
相変わらずギャング達は銀行強盗だったりいい人だったり泥棒だったり変わった人間たちの集まりだが、テンポのよい会話やスピード感溢れる情景などが本の中に私達を引き込んでくれる。
まるで読んでいる本人まで登場人物になってしまったかのような高揚感を味わえた。
「地球を回す」の方にも辞書のようなものが作品の始まりにちょっとのっていたが、今回もそれがある。その辞書の内容が私にはとても面白く感じられ、本編を引き立てているような気がする。
日常にスリルを求めてみたい人におすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

軽妙洒脱な会話が楽しい

2006/08/20 20:08

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:T.O. - この投稿者のレビュー一覧を見る

『陽気なギャングが地球を回す』の続編。前作と同じく、それぞれ「特技」を持ったおなじみの四人組が活躍しますが、今回この四人は、銀行強盗もするけれど、それ以外の活躍もします。タイトルに「日常と襲撃」とあるように、四人はそれぞれの日常生活のなかで、同僚や知人の相談にのったり、人助けをしたりするのです。第一章では、四人の日常生活に起こったそんな出来事がひとつずつ描かれ、それが他の話とつながったりつながらなかったりしながら、物語は進んでいきます。そして第二章、第三章と進むにつれ、話はどんどん加速度を増して展開し、二転三転して、最後には、いろんな話がカチリカチリとかみ合って、結末を迎えます。若干、あまりにかみ合いすぎている感もないではないですが、そこはそれ、エンターテインメントとして素直に楽しめる作品です。特に今回は、前作にも増して、全体を通して、登場人物の交わす会話がなんとも軽妙洒脱で楽しく、読んでいて何度か声を上げて笑っておりました。旅先のお伴にと思ってこの本を持参したのですが、まさにぴったりの選択で、海の風に吹かれながら、楽しくひと時を過ごせました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

空疎で上っすべりな会話がなぜかステキな銀行強盗たち

2010/05/08 14:49

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:YO-SHI - この投稿者のレビュー一覧を見る

 「陽気なギャングが地球を回す」の続編。あの銀行強盗の4人組が帰ってきた。演説(内容はまったくない)の達人 響野、人間ウソ発見器 成瀬、動物を愛する天才スリ 久遠、精密体内時計を持つ天才ドライバー 雪子。

 今回の物語は、成瀬の職場である市役所から始まる。定年退職したばかりの男性から「最近、町に変な奴がうろついている」という訴えが持ち込まれる。これが発端となって4人は、大がかりな犯罪組織と事件に巻き込まれる。
 全部で4章からなる内の第1章は、4人がそれぞれ別々の事件に遭遇して、持ち前の才能を生かして一応の解決を見る。「あぁ今回はこういう趣向なのね」と、短編集なのかと思っていた。「それはそれで面白そうじゃん」とも思った。
 ところが、第1章は前ふりで、第2章以降に起きる様々な事件に、あるものは緊密に別のものは緩やかに絡んでくる。響野が経営する喫茶店「ロマン」で交わされる、空疎で上っすべりな会話も、後になって意味を持ってくる。巧みな伏線が特長の伊坂作品の魅力が今回も生きている。

 最初私が短編集だと思ったのもムリはなく、第1章は2004年から2005年にかけて月刊誌「小説NON」に載った4つの短編を改稿したものだそうだ。以降の描き下ろし部分につなげるために「大掛かりな」改稿をしたそうなので、月刊誌の読者も第1章から読んだ方がいい。もっと言えば、「陽気なギャングが地球を回す」のエピソードが関連する部分もあるので、1作目から順番に読んだ方がいいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あなたも5人目のギャングになったつもりで読んでほしい。

2006/05/15 23:08

6人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

面白くて当たり前。
ここ数年、直木賞候補の常連にのし上がって来た伊坂さんに対して私たち本好きの期待は膨らむばかり。
伊坂作品も10作以上となった現在、エンターテイメント性においてこのシリーズに勝るものはないと思われる。
第1章のギャングメンバーそれぞれのエピソードが素晴らしい。
タイトルもそれぞれ洒落ていて読者にとって教訓的。
日頃の仕事振り(たとえば成瀬の公務員姿)などが垣間見られ、読者にとって意外な一面が演出されている。
この各エピソードが第2章以降に勃発するある事件に絡んでくるという展開。
期待に胸を膨らませて読んだのだが・・・
ニュアンス的には前作は“痛快かつ爽快な作品”、本作は“痛快だけど爽快とはいいがたい作品”なような気がします。
なぜなら、軽妙洒脱な会話とストーリー展開の面白さが伊坂さんの魅力の2本柱なんだろうが、今回は後者においては少し平凡かなと思います。
ただし、他の作家と比べて言ってるわけじゃありません。
たとえばクドカンが書いた脚本と他の脚本家とのそれは比べにくいでしょう。
伊坂さんの場合、読者の好き嫌いは別として他の作家と比べられる段階じゃない(少なくとも同じようなジャンルの作家においてでは)と思われます。
もはやそういうレベルじゃない。
そのことが私のレビューの大前提です。
ちょっと伏線が多いというかひねりすぎているような気がしないでもない。
その結果として第1章が素晴らしすぎて第2章以降、落胆された方も多いんではなかろうか。
第2章にてお得意の銀行強盗が勃発、饗野の演説も堪能。
ただ第1章同様メインとなる話への伏線。
後の騒動はどちらかと言えば、スリの名人・久遠と演説の達人・饗野が中心。
ふたりの会話はとにかく面白い、これは前作以上で饗野のボケキャラがすこぶる心地よい。
問題点はここからである。
人質となった娘を取り返すところがポイントだったわけだけど、当の本人があんまり誘拐されている緊迫感がないのと、どちらかと言えば悪人の娘として登場している部分が読者にとってマイナスイメージだったような気がする。
前作の地道さんのようなハッとさせられるキャラの方が魅せられるかな。
いずれにしても、ギャングにつきものの仲間内において“軽い騙しあい”はあっても“裏切り”がなかったのが物足りなかった大きな要因のような気がする。
でも身構えて読んだつもりでも、柔道部員が出てくるシーンは面白かった。
あと前作から出てくるキーワードである“ロマンはどこだ!”のロマンについて自分なりの考えを記したいと思う。
銀行強盗を颯爽とさりげなく行う4人組に対してのスマートなフレーズなんだろうが(もちろん読者受けするということも踏まえて)
私的にはたとえば、前作で雪子が地道に対して持った助けてやろうという気持ちや、地道がパチンコ店に息子を助けに来た気持ちに大きな“ロマン”を感じたのである。
それに比べると、本作は全体的に希薄で安易なような気がする。
あと惜しいと思われるのはまぬけな誘拐犯2人の後半の行方が描かれていない点と誘拐された娘の父親(チェーン店社長)の存在感の無さ。
私って贅沢な読者なのかな(笑)
意外と辛口となったが、現在人気ナンバーワン作家と言って過言ではない伊坂氏の作品が新書版で読めるというのは嬉しいことだ。
普段、図書館で借りられてる方も財布の紐が緩くなって買われた方も多いのだろうと思う。
版元である祥伝社さんと伊坂さんのサービス精神を称え、本屋に直行して伊坂ワールドにどっぷりつかって欲しい。
なにっ、買わなきゃ久遠さんに財布掏られそう(爆)
久遠さんが言ってるよ。
「たくさん買えばまた強盗します」って・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/05/12 21:32

投稿元:ブクログ

前作同様に非常にテンポが良く、キャラが元気!
ストーリはオチの予測がついてしまうものの、勢いで読まされてしまう感じ。
久遠、ほんとに天才じゃないですか?

2006/07/01 11:47

投稿元:ブクログ

銀行強盗ではなく、日常メイン。周りから見た彼らの姿が描かれていたり、違った切り口が面白かった。軽妙な楽しさは相変わらず。

2006/06/02 13:31

投稿元:ブクログ

5月21日購入。31日読了。崩れたピースがぴたぴたとはまっていく伊坂幸太郎,久々の王道の作品でした。楽しく読めてよかたです。

2008/11/09 02:43

投稿元:ブクログ

1作目を読んだ記憶がないのにそこそこ楽しめた。
キャラ自体が笑いを誘う設定になってんだもん。

改めて「〜地球を回す」も読んでみたい。

2008/05/27 07:25

投稿元:ブクログ

ギャング4人も魅力的ですが、田中の存在がいい。「田中の情報や道具に頼ってばかりいると、またかと思われるかもしれない。」「誰にだ」という突っ込みに吹きました。

2007/02/06 21:56

投稿元:ブクログ

「陽気なギャングが地球を回す」映画化につき大興奮のところでこの新刊。うまいタイミングですね。映画まだ観てないんですけどもね。
あたしはこれ出るの知らなくて、たまたま本屋で見つけて即レジへ。


伊坂作品は大好きなんだけど、どうも最初のほうの作品のほうがあたしには合うらしく、最近マンネリだなぁと思ってたところだったので、久しぶりに成瀬・響野・久遠・雪子と祥子のドタバタが読めて楽しかったです。
きっとこれ、なんも思わなかったり嫌いな作品だったとしたら細かくおかしい点とか目につくんだろうけど。
好きなものの欠点(つっこみどころ)って目を瞑りたくなります。

面白かったです。(*´∀`)

伊坂作品で一番好きなラッシュライフ的な、パズルピースみたいな物語の断片のあつまりが好きです。これは少し弱いけど。

2006/06/05 16:47

投稿元:ブクログ

陽気なギャングの4人組が、刃物男、メッセージを残して消えた謎の女、送り主不明のチケット、親父狩りといった事件にそれぞれ遭遇する。そして4人組は大手ドラッグストアチェーン社長令嬢誘拐事件に巻き込まれる。。。一見無関係に見える事件が巧妙に絡み合って、最後にはスカっ爽快な気分にさせてその後何も残らない、というB級テイストたっぷりな「陽気なギャング〜」シリーズ第二弾も、期待を裏切らない出来でした★今回の成瀬さんは前作以上に怖かったよ〜。挿絵がキュートだったので★一個おまけ。

2007/03/20 19:11

投稿元:ブクログ

本当にねーいつも伊坂さんにはほれぼれしてしまうのだ。
久遠くんが一番好き。
君は犬派か猫派か!久遠派だ!

2006/08/20 11:02

投稿元:ブクログ

昔からチームを組んで戦う場合には、そのキャラを際立てることが重要でした。例えば、ゴレンジャーなら、その能力は覚えていないにしても、視覚的に分かるように、色で区別していました。赤がリーダーで、青がニヒルなタイプ、ピンクは女性って感じ。

性格的にも、リーダーとひねくれたニヒルなタイプ、女性に、少し太った奴に子供って組み合わせはガッチャマンなんかでも際立って踏襲されています。

しかし、この「陽気なギャング」の4人組に関して言えば、色や体型よりもその能力で際立ったキャラとなっています(サイボーグ009みたい)。嘘発見器、スリ、演説、体内時計の能力を持った4人の話です。これだけで、充分キャラが際立ちますが、前作に続く今回の作は、その間に映画化されて、それを見ちゃったせいもあって、もう視覚的にも印象深い便物になっています。そういう意味では、映画化のときに配役がよかったわけですね。

この作品でも、絶妙な会話は健在だし、スピーディな行動力は映画を見るようで楽しめます(^^)。でも映画化すると、きっと難しいのだろうなあ。配役はいいのだけどね。

伊坂さんの作品では個人的には最も好きな作品。
ただ、前半の短編が意外に面白かっただけに、後半は話の設定自体が少しつまらなかった感じは否めません。外国風の会話のノリは面白いけど、それがないと辛いものがあったかも。でも、戦隊のヒーローものってのはワンパターンが安心でもあるのですが(^^)

2007/06/03 21:44

投稿元:ブクログ

伊坂さんねぇ・・・サイコーです。軽い読み物なんですけどね、もうね、上手すぎますね、何もかも。あのー、ストーリーが、とか、構成が、とか、非現実的だ、とか、そういうこと言うのはやめましょう。文章が上手すぎます。それで十分ではないですか、はい。

2006/08/17 10:22

投稿元:ブクログ

前作よりは衝撃薄いかなぁ。でも全部ばらばらの短編で書いたのに、よくここまでつなげられたもんだ。キャラの味は健在!