詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 経済・ビジネス
  4. あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編 新版

あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編 新版

  • 発行年月:2006.5
  • 出版社:ダイヤモンド社
  • サイズ:19cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-478-47084-7

  • 国内送料無料

あなたを変える「稼ぎ力」養成講座 決算書読みこなし編 新版

渋井 真帆 (著)

紙書籍

1,512 ポイント:14pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

知識ゼロから始めても、1社の数年分の決算書を比較しつつ、同業他社とも比較できるようになり、会社の現在・過去・未来のすべてを見抜く力が身につく、画期的な決算書入門。株式投資...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

知識ゼロから始めても、1社の数年分の決算書を比較しつつ、同業他社とも比較できるようになり、会社の現在・過去・未来のすべてを見抜く力が身につく、画期的な決算書入門。株式投資に役立つ指標等を新たに加えた新版。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

渋井 真帆

略歴
〈渋井真帆〉立教大学経済学部経済学科卒業。(株)マチュアライフ研究所代表取締役社長。キャリアアドバイザー。著書に「仕事心の育て方」「渋井真帆の日経新聞読みこなし隊」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.1
4.1
評価内訳 全て(21件)
★★★★★(9件)
★★★★☆(5件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2008/02/17 15:56

決算書は読めるようになってきましたが、読みこなしてるのか?といわれると自信がない。そんな気持ちのまま勢いで買ってしまいました。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/09/28 18:14

書評にはいろいろあるが、個人的には一番わかりやすいと感じた決算書の解説本。用語の意味が理由とともに説明されている点がよく、段階的に読み進めていける。

評価2 投稿元:ブクログ

2006/07/02 17:54

貸借対照表や損益計算書やキャッシュフロー計算書など決算書についてわかりやすい言葉で説明されています。

評価3 投稿元:ブクログ

2006/10/11 10:01

どの大富豪本をよんでも必ず書いてあるのは「財務諸表が読めるようになりなさい。」ということ。なのに、まともな教育がされてないので、まずはこういう本から読んでアレルギーをなくすのはよい方法だと思う。もちろん、これ一冊じゃ不足です。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/02/19 23:46

財務諸表の読み方をわかりやすく解説している。ポイントだけを押さえた最小限の説明なので初心者や手っ取り早くコア部分だけ理解したい人にオススメ。また日産、伊勢丹、SONYなど実例をあげた企業の時系列分析、同種企業比較分析もしてあるので、実践的。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/01/05 10:25

この人の書く本はとても分かりやすい。
他の本で挫折した人も、これだと理解出来ると思う。
お金の視点で経営を考える力がつくと思った。
お金で全てを比較するのが経営。時間で比較するのがプロジェクトだと感じた。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/09/04 17:48

私が会計を学ぼうと思って手にした初めての本。財務諸表の読み方をわかりやすく解説しているので、この本さえ読みこなされば…多少は決算書を理解することが出来るのでは???

評価4 投稿元:ブクログ

2008/05/23 17:09

決算書の解説本
渋井真帆さんの本は面白い。日経新聞読みこなし隊でもあったように、決算書もドラマがあると書いてある。
決算書は筋の羅列だけをみるのではなく、数字の中に含まれている人間の感情や行動を考え物事をみていくとあらゆる数字が楽しく見える。。。という。
たしかに連ドラは面白いので見る人は多い。
決算書を見ない人には、こういう切り口があって入りやすそう。

評価4 投稿元:ブクログ

2008/09/23 06:16

とにかく最後まで読めました。
アバウトにイメージはつかめました。
経営には必要な知識だと思います。
何回か読み直したいと思います。

(63/1000冊読んで人生変える!プロジェクト)
2008−24

評価5 投稿元:ブクログ

2011/05/16 23:21

ちょっと昔の本ですが、
決算書の読みこなしについての良書です。

読みこなしといっても、隅々まで理解するのではなく、
ポイントのみを分かりやすく説明してくれています。
これを理解することで、財務分析の視点の基本は、
充分身につけられます。

何よりもおもしろいのは、著者の吹き出しが多いこと。
なんか真面目に勉強している横で、
ちょっかいかけられてる感じがします。
それがまた絶妙なタイミングで入ってるからよい。
頭にも残りやすいし、そういったのを重視して書いたんだろう。

もちろん、ポイントのみとは言っても、
基本的な指標の説明もちゃんとやってくれるので、
初心者でも一度読めばかなり理解できます。

読み終わったら、あとは実践あるのみです。
財務分析では単体で見るのではなく、
同業他社や時間軸で比較して見るのが大切。
それだけで見ても良いのか悪いのかなんて分からない。

とにかく新聞、雑誌、ネットで目についたら、
都度眺めて指標の背景にある思惑を想像してみよう。

気になったフレーズ:
・決算書は人間の欲望や行動を貨幣という単位で表した
 暗号のようなもの
 →いやあ、沁みますねえ。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/05/07 10:47

決算書の読みこなし方が書かれていた本。
基本事項をわかりやすく解説しており、
この一冊で決算書の読み方の基礎が身に付く。

ただ、文章が固くちょっと読むのにエネルギー使った。
スイスイ飛ばし読みしで何度も読み返すのがいいと思う。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/07/10 16:08

非常に分かり易かった

財務諸表を読むだけで会社の状態や、何を考え、どうしてきたのかがよくわかる
数字は嘘をつかない

とりあえず財務諸表が読めるだけで面白くなる

評価5 投稿元:ブクログ

2010/12/13 22:55

あるとき、普通の主婦がたった一日で決算書を読めるようになる講座があるという記事を雑誌でみた。その「稼ぎ力養成講座」がこの本の元となっている。その記事をみてからとてもこの本が気になっていた。

確かにここに書かれている基礎的な決算書の見方がわかれば、専門家でもない限り必要かつ十分であると思う。

決算書を読みこなすということは、決算書からその企業がどのような状況におかれているのかということであり、決算書はその道具である。
BS(貸借対照表)は債務者の支払能力を示すためのものであり、PL(損益計算書)は株主のためにどのように企業が利益を出しているのかを示すものである。

この2つの主要な決算書を読む上で大切なことは、同業種同士で比較すること、過去何年分で経過をみていくことの2つである。
同業種で見なければならないのは、その業種の平均を知るためである。
例えば食べ物関係は、経費が約7割を占めている。平均よりも低い営業経費でより多くの営業利益を出している飲食業界があれば、その会社は利益率が高い会社であることがわかる。
また、マンションの分譲会社の営業利益は約1割~1.5割である。ということは、新築マンションを買えば、約1割は経費が上乗せされていることが推測できる。
このように、決算書を見ておくと日常生活にも役に立つ。

また一企業の利益を見るとき、規模(総資産)でみることも大切であるといえる。総資産がほとんど変わらないのに、自己資本が低く、有利子負債が多ければ、その会社は勢いがない、ということがわかるからだ。

このような形でとてもわかりやすく説明されている。
上記のような内容であればわかるという人は必要ないが、知らなかったと思う人であれば読む価値大である。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/04/09 16:08

初心者に読みやすく財務諸表を読む取っ掛かりの
指標がわかりやすくまとめてあって、個人的に助かりました。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/11/29 12:34

勝間和代さんお勧めの本

簿記、会計の知識ゼロの私でも、会計の基本が手に取るように分かることができました。
おかげで、たまたま最近受けた昇格試験の財務諸表に関する問題もばっちり解けました。

この本の素晴らしいところは、会計の入門書でありながら、
単なる専門用語の解説ではなく、経営者や投資家が財務諸表を見て
どのような分析をして、戦略を立てているかというところまで、
分かりやすく解説しているところです。

実在のソニー、パイオニア、シャープ、三洋電機など
有名企業のデータを使い、それぞれの経営状況を
分析している章などは、まさに知識だけ無く、
いかに会計を道具として使いこなすかということを、
とても分かりやすく解説しています。

会計初心者向けでは文句なしに★5つです!

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.