詳細検索

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

長崎くんの指

  • 発行年月:2006.7
  • 出版社:マガジンハウス
  • サイズ:20cm/205p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8387-1684-2

  • 国内送料無料

長崎くんの指

東 直子 (著)

紙書籍

1,512 ポイント:14pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

郊外のさびれた遊園地に交錯する人間模様。謎めいていて、ときにやさしく、ユーモラス、ときに残酷に…。イマジネーション豊かな「ひがしワールド」の新しい形がここに。連作短編6編...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

郊外のさびれた遊園地に交錯する人間模様。謎めいていて、ときにやさしく、ユーモラス、ときに残酷に…。イマジネーション豊かな「ひがしワールド」の新しい形がここに。連作短編6編と掌編「夕暮れのひなたの国」を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

長崎くんの指 5-26
バタフライガーデン 27-50
アマレット 51-87

著者紹介

東 直子

略歴
〈東直子〉1963年広島生まれ。「草かんむりの訪問者」にて第7回歌壇賞受賞。著書に「春原さんのリコーダー」「愛を想う」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.7
3.7
評価内訳 全て(28件)
★★★★★(5件)
★★★★☆(10件)
★★★☆☆(8件)
★★☆☆☆(4件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

美しい世界がここにある

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2011/02/22 15:34

評価5 投稿者:なかはらとまと - この投稿者のレビュー一覧を見る

美しい世界がここにある。なにげない日常がこんなにも光り輝いて見えるのは、歌人でもある東直子さんの言葉の魔法のなせる技だろうか?「コキリコ・ピクニックランド」にまつわるエトセトラ。長崎くんの指に恋してしまう女の子の物語り。長崎くんに恋してるのか、指に恋してるのか、まったく分からないながらも長崎くんに惹かれ続ける、わたし。

やはり、歌人だなぁと感じさせる文章を引用させて下さい。とても素晴らしいのです。「言葉ではないものが、いいんですよ。毎日、毎日、家でも仕事場でもいろんな言葉があられみたいにぶつかってくるでしょう。もうずいぶん慣れました。慣れましたが、傷つくこともありますよ、生身ですからね。でも、花や蝶は黙ってきれいなものを見せてくれる。心を動かしてくれる」

心に潤いを与え続けてくれる東直子さん。感受性が豊かになれそうな、そんな、作品。連作短編で、読みやすく、お話が繋がっているので、楽しく読書出来ました。是非おススメしたい作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

どこかで読んだ、っていう感じが付きまとうんですが、それが決して嫌な感じではありません。この上品なエロスはなかなかです

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007/02/10 17:24

評価5 投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

装幀だけを見て選んだ本ですが、当たり!でした。でも、てっきりポプラ社のものかと思っていたんですよ、このブックデザイン。いわゆるソフトなハードカバーで、手にした感触がとてもいい。しかも、カバー写真がとても素敵なんです。長女に見せたら、それって毬藻?って聞かれてしまいましたけれど、緑色の球体が可愛らしい。無論色合いも素適です。
そんなカバー作品は勝本みつる、[ sound from a study in green ] Mitsuru Katsumoto。装丁が名久井直子、撮影は清水朝子。
目次の書き方が、ほんの少しだけ楽しいので写しておけば
長崎くんの指/目次 と、この「/」の入り方がいいです。で各話を( )内に初出を補って紹介すれば
・長崎くんの指 (『ウフ.』2005年 9月号):家出をして仕事と住居を探していた私が見つけたのは、遊園地の仕事と物置みたいなところ。それを提案してくれた長崎くんの指は、すっきりと細く、すんなりと長く、すべて適度にふくらんでいる几帳面さがたまらない、まさに知的で完璧な指だった
・バタフライガーデン (『ウフ.』2005年10月号):妹の娘の面倒を見ている私は、遊園地の温室。そこで働いている岩山さんに魅せられて
・アマレット (『ウフ.』2005年12月号):その人並みはずれた美貌のせいで小さい時から誤解されつづけてきたマリアさんが、会社の受付を辞めて辿り着いたのは、遊園地の観覧車
・道ばたさん (『ウフ.』2005年 1月号):麻美の家の前で行き倒れていた女性を引き取ったお母さんは、記憶を失った彼女を道ばたさん、
・横穴式 (『ウフ.』2005年 3月号):遊園地の洞窟アトラクションに心霊スポットの取材に行った私が出会ったのは
・長崎くんの今 (書き下ろし):服を脱ぎ散らかして寝てしまうことがある長崎くんもやっと一児の父に。そんな彼がふと思い出す
——————
夕暮れのひなたの国 (『短歌ヴァーサス』第4号)−あとがきにかえて
となります。読みながら川上弘美や角田光代、三浦しをん、それに小川洋子といった人たちを思い浮かべました。男の人との距離感、ちょっとフェティッシュなところ、人間関係の捉え方。同時代性としかいいようの無いものが、これらの人にはありますが、それが決して流行のお涙頂戴に流れないところも似ていて、いいです。
それから性的なものの表現が、とても上品で、女性からみたそれがとても自然に描けていて、これが耽美的な方向へ向かうと、決してそうはなりません。一つ上の世代が、ともすればベトベトしたセックスを描くのとは大きく違って、どこかサラっとしている、それでいて気取っているわけでもない(ま、しをん、はもっと露悪的ではありますが)。私は表題作が1番好きですが、他もすべて水準以上の出来。気負っていないところが素適です。
著者は歌人だそうで、これが初の小説集。「コキリコ・ピクニックランド」という遊園地を舞台に、七人の人間がゆったりと縁を結ぶ、そうとでも言いたい連作集です。連作といっても緊密さは控え目。なんていうか、繋がってはいるんですが、延ばした手と手が触れずに、それでいて求め合うような感じ。
著者略歴を見ると情報が満載。私は全く知りませんでしたが、それを見る限りはこの人、かなりの人気者らしいです。この分であれば、次作も期待できそうです。おなじ人間の縁(えにし)を描いても、加納朋子の『モノレール猫』に感じた甘さはありません。ちょっとクールな感じが、私好み。それにしても『ウフ.』っていう雑誌、心惹かれません?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

風変りな遊園地「コキリコ・ピクニックランド」を舞台とした連作短編集。歌人である作者の懐の深さが十分に出た作品集ですね。透明感のある文章で人間の弱さ儚さを綴った素敵な物語。ちょっと疲れたあなたにピッタシで少し背中を押してくれるところが癒されます。

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/08/24 18:31

評価4 投稿者:トラキチ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この物語は現実にちょっと疲れた読者には格好の一冊ですね。

幻想的で非現実的な話を散りばめて楽しませてくれるのですが、胸が少し痛くなったのはやはり舞台である「コキリコ・ピクニックランド」が経営難のために廃園となることですね。
物語の冒頭でこのことが語られているので、読み手にとってはその後のいくつかの物語がすべて想い出っぽく感じられ(時系列的にそうなりますよね)より感慨深いものとなっている点です。
これは作者の素晴らしい技巧だと思います。

作者はきっと人生に対して敏感な人なのでしょう。
この物語は一見“人生の楽しいことは本当に一瞬であり、そしてほとんどが辛いこと”という感じです。
でもそうじゃないのですね、私的には上記言葉を逆のプラス発想で捉え読み終えました。
“人生辛いことがあるからこそ楽しいんだ”と言うように。
いきなり表題作で仕事に疲れて遊園地にたどりついた女性が描かれます。
そしてその女性が長崎くんという男性の“指”に恋するのですね。この発想、女性作家ならではのものなのでしょう。
ちょっと残念だったのは、この銀行のお金を着服する女性がその後が語られてなかったことかな。
そしてその後登場するのかなとやきもきして読みましたよ、でも出てこなかったです(笑)
私的には長崎くんよりも気になりましたし、この人が主人公の恋愛小説なのかなと勘違いしました。
逆を言えばそれほどインパクトの強い表題作ですね。

連作短編集とはいえ、あんまり各編ごとに緊密性がないのがこの物語の特徴ですよね。
そう“ゆるやかに”語られているところがいいのでしょうか。
もっとも讃えたい点はやはりすべての登場人物がこの「コキリコ・ピクニックランド」を踏み台として生きている点であろう。
たとえ廃園になろうが、いろんな人が癒されたスポットなのですね。そして東さんの凄いところは訪れた人だけでなく、そこに働いている人々の人生にもスポットライトを当てているところですね。
「アマレット」での観覧車の番人の森田さん、「横穴式」に出てくるサヌマさんといが坊・ぐり坊親子。

ありきたりですが“大人のおとぎ話”が本当に的を射た言葉だと思います。

遠い昔、子供のころに“ぬり絵”をしたことを思い起こしました。
この物語はまるで読者は作者からぬり絵前の状態を突き付けられたような気分にさせられる。
どんな色を使おうとOK、でもあんまり暗い色ばっかりもね(笑)
なぜならいろんな感じ方ができます、いろんな人に共感できます。ちなみに私が一番共感できたのが「道ばたさん」を家においてあげる母親役の人ですね。

最後に(私の感覚ではぬり絵の仕上げですね)、長崎くんを再登場させ少し現実感を伴った話を展開させたところ賛否両論はあると思いますが、私はよかったと思います。

私的にはあとがきに代えた「夕暮れのひなたの国」の良さは読解力不足のためにあんまりわからなかったのですが(笑)、これは作者のことを本当におぼろげにしかわかってないからでしょうね、いい宿題ができました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

色は薄いけど味はついている

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2007/08/01 23:14

評価4 投稿者:トマト館 - この投稿者のレビュー一覧を見る

色は薄いけど味はついている、
関西系うどんのような味わい。

長崎くんのすてきな指。
道ばたでたおれていた道ばたさん。
遊園地の施設に住んでいる人。
透明な観覧車。

どれもなんだかすうっと消えてしまいそうな物や人なのだけど、
コキリコ・ピクニックランドの観覧車が見える風景が、
頭の中からなんだか消えない。

こういう消えてしまいそうで消えないものの雰囲気に、
敏感でありたいと思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2006/12/04 11:35

夢の中を漂っているような不思議な感じの本だ。詩人らしく言葉のあちこちに新鮮な響きがありここちいい。物語としてはおもしろいのかどうかわからない不思議さがある。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/07/29 23:56

摩訶不思議。

廃れた遊園地を舞台に繰り広げられる、人々の物語を描いた連作短編集。淡々とした中に、すごく独特で妙な雰囲気を漂わす作品。ちょっと危なげな感じだったり、ふわふわしたかと思えば、いきなりミステリー路線に入ってゾクゾクさせられたり。何とも一筋縄ではいかない。

微妙な余韻を残しつつ終わるラストに「えー!!」と思いつつ、そそられる。特に「横穴式」は◎。その先が気になって仕方ないけど。
「道ばたさん」の奇妙な舞いも、あれはあれで面白かった。

全体的に結局なんだったんだろうとか、どうなったんだろう?と疑問が残る作品のオンパレード。でもそれが不快じゃないのは、作品を包む不思議なオーラの魅力のせいかもしれない。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/12/30 17:55

2010.05.15. 久々に読み直して、ものすごく好みだということに気づく。こんな妙な雰囲気を持った小説だったっけ。アヤシイ色気がちらりとのぞくのもいい。東さんの初小説だと思うんだけど、原点はここにあるなあ。★の数アップします。

2006.12. 不思議な微妙な気持ちを残す連作短編集。表題作の「長崎くんの指」が1番良かったかな。★3つ

評価4 投稿元:ブクログ

2007/05/23 20:15

みんな、いま、どうしているんだろう。長崎くんの今、を読んでも心に張った薄膜がなくなりません。私の心も、コキリコ・ピクニックランドで立ち尽くしたまま。灰色がかった、薄ぼんやりした水色の世界がぽやぽやと広がっています。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/12/08 14:30

『コキリコ・ピクニックランド』に引き寄せられる人々を描いた連作短篇集です。どの人々も世の中とちょこっとズレている。完璧じゃないところが気持ちいい。ちょっとへんてこでも生きていけるということで、救われるのです。でもそんな人は人間離れをしていてちょっとおっかない。そんなところも私を釘付けにする魅力を持った本です。

評価2 投稿元:ブクログ

2007/02/25 23:01

さびれた遊園地を舞台にした不思議な話。うーん自分に合わなかったのか、なんともとりとめのない感じが…そこが良い所なのかもしれないけど、なんだかとにかく本当に不思議。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/06/15 01:44

「コキリコ・ピクニックランド」という風変わりな遊園地を舞台に綴られる短編連作集。「長崎くんの指」ちょっと小川洋子っぽいかな。「バタフライガーデン」蝶の庭で過ごす夜。「アマレット」マリアさんと観覧車係の森田さんの交流。「道ばたさん」記憶喪失(?)の道ばたさんとの日々。「横穴式」恐怖の洞窟アトラクション。「長崎くんの今」立ったまま眠ってしまう長崎くんがパパになる?「夕暮れのひなたの国(あとがきにかえて)」おねいさんの話。これが一番ぞくっときた。実話なのでしょうか。これだけちょっと特別。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/02/10 21:06

掴みどころがなく、不安定で不確定なところがとても好き。
既成事実で永遠にしてしまおう、っていいな。
現実的なんだかロマンチックなんだかね。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/08/18 00:16

ひとつのさびれた遊園地にまつわる短編集。
明るい未来のない、ゆるく退廃的な感じがする。
マリアさんがいい。

評価2 投稿元:ブクログ

2008/03/27 18:03

錆びれた小さい遊園地を通して
関わる人達のそれぞれのお話

錆びれた遊園地に集まる人は
それぞれ
なんとなく寂しい人達
それだけに人間的なものもあるんだけれど
やっぱり
寂しいですねぇ・・・・・

評価4 投稿元:ブクログ

2008/06/29 14:57

郊外のさびれた遊園地「コキリコ・ピクニックランド」がかならず出てくるオムバニスドラマのような小説集です。
装丁の「長崎くんの指」というタイトルに惹かれて買ってしまいました(笑)

家出をしてたまたま訪れたコキリコ・ピクニックランドに住み込みで働くようになった人の話、勤めていた銀行のお金を着服しあても無く逃げていた途中たまたま訪れたコキリコ・ピクニックランドで働くことになった人の話、行き倒れになっていた女性を助け一緒に暮らし始めてしまう母娘の話、雑誌社の心霊特集の取材の為にコキリコ・ピクニックランドを訪れそこで不思議な体験をしてしまう人の話、何十年もコキリコ・ピクニックランドの観覧車を回し続け観覧車の前で生涯を終えた人の話・・・

コキリコ・ピクニックランド人生劇場といった感じでした。

心霊特集の取材の為にコキリコ・ピクニックランドを訪れた女性記者が、最後にはあの世につれていかれるように闇に消えていくところが読んでてちょっと怖かったです。
最初と最後にタモリが出てきてもおかしくない感じでした(笑)

日常の中のちょっと不思議な物語ですね。。。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.