詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 男性向けコミック
  4. 魔法先生ネギま! 15 (講談社コミックス)

魔法先生ネギま! 15 (講談社コミックス)(少年マガジンKC)

  • 発売日:2006/08/17
  • 出版社:講談社
  • レーベル:少年マガジンKC
  • サイズ:18cm/191p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-363692-5

コミック

  • 国内送料無料

魔法先生ネギま! 15 (講談社コミックス Shonen magazine comics)

赤松 健 (著)

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「魔法先生ネギま! 15 (講談社コミックス)」が含まれるセット商品

魔法先生ネギま!(週刊少年マガジンコミックス) 38巻セット(少年マガジンKC)

魔法先生ネギま!(週刊少年マガジンコミックス) 38巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.3
4.3
評価内訳 全て(8件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

タイムパラドックス

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/08/27 23:11

評価4 投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ネギのつらいところは、無条件で頼れる人間がいなかったこと。おねえちゃんはいたが、過去の事件のこともあって、頼れる、という関係ではなかったことだろう。
 最近の関係を見ていると、エヴァはネギのおかあさんみたいだなぁと思う。やさしく、強く、行く先を照らす闇色のひかり…。彼女が少しずつほぐしていかないと、いつかポッキリと折れちゃっていたんだろうな、きっと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2006/08/18 02:12

自分は通常版の方でいいや(笑).学園祭ラストに向けた大事件の発生までを収録.唯一のツッコミなちうが気の毒だ….

評価5 投稿元:ブクログ

2006/09/28 19:52

ついに憧れのタカミチとデートすることになったアスナ! 今日こそは告白するぞ!と意気込むものの、どうも空回り……。その一方で、アスナたちのクラスメート・超は、学校をやめると急に言い出し、それを知ったネギは理由を聞きに駆けつけるが、何と超と闘うことに!?

評価5 投稿元:ブクログ

2006/11/19 03:29

アスナの失恋から始まり、とうとう超が動き始める。
今回も上手く伏線を作り、また処理する赤松氏の技量に脱帽。

評価5 投稿元:ブクログ

2006/08/17 20:30

ついに憧れのタカミチとデートすることになったアスナ!今日こそは告白するぞ☆と意気込むものの、どうも空回り‥‥。その一方で、アスナたちのクラスメート・超は、学校をやめると急に言い出し、それを知ったネギは理由を聞きに駆けつけるが、何と超と闘うことに!?

評価5 投稿元:ブクログ

2006/09/03 01:57

パンチラだけの漫画ではありません。正確な設定に基づくストーリーはとても面白く、矛盾がなく、知識欲を満たしてくれます。キャラクターもかなり魅力的。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/06/24 13:24

懐かしい。

先日友人が、HPを開いたということでメールが来たのだが…。

その友人によく赤松さんの本を借りていたな。
と思い出しちまった。

評価3 投稿元:ブクログ

2015/10/16 02:00

超の計画が実行される学園祭最終日を前に、アスナがついにタカミチとのデートを実現するも、玉砕に終わります。その後、超から自主退学するという報せがネギのもとにもたらされ、ネギは超との一対一の話し合いに臨みます。

しかし、魔法の存在を全世界に知らせるという超の決意は変わらず、さらに時間を自由に飛び回る超に対して、ネギのみならず刹那と楓もまったく歯が立ちません。けっきょく楓は、クラスメイトたちがおこなうお別れ会に超を連れ出すことで、ドローに持ち込みます。

その後、ネギたちはエヴァンジェリンの別荘で、超との最終決戦に向けて英気を養いますが、このときすでに彼らは超の罠に落ちていました。別荘から出てきた彼らは、とうに学園祭の終わった1週間後の世界に飛ばされていたのです。すでに超の計画は発動しており、世界中の魔力を利用して、全世界の人びとに向けて魔法の存在を信じさせる「強制認識魔法」が行使されていたのです。ネギは学園の奥深くに身柄を拘束され、オコジョにされることが決定してしまいます。

一方アスナたちは、超によって改変された歴史をふたたびもとに戻すため、ネギの幽閉されている学園へと向かいます。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.