サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

煌夜祭(C★NOVELS FANTASIA)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 63件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

煌夜祭 (C・NOVELS Fantasia)

著者 多崎 礼 (著)

十八諸島の世界を巡り、世界各地で話を集め、他の土地へと伝え歩く。それが我ら語り部の生業。冬至の夜、我らは島主の館に集い、夜を通じて話をする。それが煌夜祭—年に一度の語り部...

もっと見る

煌夜祭 (C・NOVELS Fantasia)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

煌夜祭

648(税込)

煌夜祭

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

ジュンク堂書店仙台TR店

ジュンク堂書店千日前店

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

十八諸島の世界を巡り、世界各地で話を集め、他の土地へと伝え歩く。それが我ら語り部の生業。冬至の夜、我らは島主の館に集い、夜を通じて話をする。それが煌夜祭—年に一度の語り部の祭。お話ししよう。夜空を焦がす煌夜祭の炎壇でも照らすことの出来ない、真の闇に隠された恐ろしい魔物の物語を…廃墟となった島主の館で、今年もまた二人だけの煌夜祭が始まった—!第2回C・NOVELS大賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【C★NOVELS大賞大賞(第2回)】語り部の生業は、世界各地で話を集め、他の土地へと伝え歩くこと。年に一度の語り部の祭り「煌夜祭」が行われる冬至の夜、彼らは、人を喰らう恐ろしい、だが儚くも美しい魔物たちの物語を語り出した…。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

ニセカワセミ 12-26
かしこいリィナ 31-50
魔物の告白 56-84

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー63件

みんなの評価4.4

評価内訳

二人の語り部が夜通し語る物語

2006/08/03 12:39

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

二人の語り部の語る「魔物」の物語
最初の「ニセカワセミ」で引き込まれました
物語というよりも「お話」といった感じでリズム良く、キーワードを引き継いで次の話へと続いてゆき、全体で一つの大きなストーリーとなっています
「呪い」の話が少しおかしい感じがあり、何故か少し聞き手の側からの視点になっていたり何故語り部の姿になっているのか語られなかったりで、全体的なラストの締めくくりが決まってないのが残念
たんなる種明かしで終わるのでなく、トータル的な仕掛けやレトリックがあって欲しかった

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/09/06 22:54

投稿元:ブクログ

▼急に読みたくなったので二度目。やっぱり好きな話。
▼読了。さらにもう一度読んでもいいです。ホントに好きだ。同じシーンでうるっとくるという……。何度読んでも、いいものはいい。忘れられない、イイ話ダナー……。
▼冷静になって、何でこんなに良いのだろう、と考えてみた。やはり、あまり感傷的にならなかった部分がいい。人は死ぬけど、重たい気持ちにはならない。つまり『ダブルブリット』ではないということだね。だけど、カタルシスそのものは溜まっているから、ラストにすごいインパクトが起こると、それが「スゲエ! 良かった!」に昇華される。全体通したら★4くらいなんだけど、終盤の爆発で、情緒的に★5をつけざる得なくなってしまう。技術だね。
▼ゲド戦記を読んでからの持論だけど、ファンタジー+戦争=(絶望+愛)×未来=希望 というのは、一つの化学式として成立すると思うんだ。
▼今更思ったんだけど、子ども時代のムジカは百合の才能があったってことなのかな? ん?
▼序章で、たぶん語り部の正体に迫っていくのだろうという予感は、誰しもすると思うのだけど、予想を遥かに上回る情報量に、小説家の意図が加わって、中盤〜終盤にかけて、すごいバランスで滑空していく。ちょっとした力で駆動する、梃子とか滑車とか、そういう技術を使っているっぽい感じ。前に読んだ時はそこまで考えられなかったのだけど、今読み直すと、こういうのもあるのか! と思った。
▼でも、序章でもかなり引っ張られるんだよね。そこは文章力かなあ。あと、ファンタジーの間口の広さ、読みやすさが機能していることは言うまでもない。新人ではダレがちな中盤、特に大きな事件はないのに、一回もダレなかった。『魔物の告白』でダレなかったのはなんでだろう、情緒で読ませてるんじゃなくて……やはり、「魔物とはなんだろう」「魔物はどういう生き方をするのだろう」というフックが引っかかって読んでいた、ような気がする。興味の引き方には、情報での引き、というのもあるんだなあ。
(09/9/7 読了)

2011/05/24 00:37

投稿元:ブクログ

冬至の夜、今は廃墟となった屋敷跡にて語り部が得意の話を持ち寄り、火を囲って煌夜祭が始まる…。『煌夜祭をする理由』、『魔物がこの世界にいる意味』、『魔物が死なない理由』。そして『語り部』とは…。
今回は偶然二人だけの煌夜祭だったので交互に話すことになった。二人の語る物語は一見バラバラの昔話に思えたが夜も更ける頃になると…。

世界観が独特、これも最後に関わってくる。ジブリで映画化してくれたらな~。情景をアニメで観たいと思える本でした。
これはライトノベルのジャンルなのかな? 数時間でさらっと読めたので物足りなく、あともう少し肉付けした厚さで読んでみたい。でも再読したら納得して「ちょうど良い長さ」なのかと思うのかも。
レビューの評価が高いけれどあまり有名でない(?でもないか)のがもったいないな~

2007/04/02 16:46

投稿元:ブクログ

ライトノベルと侮ってはいけない。
じんわりと感動してしまった。
ファンタジー好きの人へお勧め本。
二人の語り部が語り合う、ショートストーリ集。しかし最後には一つの壮大なストーリーになる、その構成力に脱帽。

2007/06/25 18:16

投稿元:ブクログ

再読。
やっぱ面白いなー。見事です。
「あの人を食べてやってくれないか」

これはまたすごい作家さんが出ましたね。デビュー作これってすごくないですか。
こういうちょっとずつリンクしていいる(ということに最初は気付かせないところもすごいのだが)話が好みなので、どつぼでした。
ムジカが好きだなあ。

2015/02/06 20:31

投稿元:ブクログ

感想はブログにて。
http://croco.blog14.fc2.com/blog-entry-252.html

2007/01/09 14:14

投稿元:ブクログ

第2回CN大賞受賞作。雰囲気といい展開といい、もろ好みかつ素敵な仕上がりでした。先がちょっと読めても楽しかった。後書きの次作に触れてる姿勢含めて、今後に注目な作家さんです。

2012/02/18 23:15

投稿元:ブクログ

面白いんですけども、もうちょっとハッピーな物語が好きです。
萌えどころはエナド!エナドが一番かっこいい!

2008/12/02 22:30

投稿元:ブクログ

お…ぉおおおおおお。
この感動をどんな言葉で表せばいいのか。この余韻を伝える表現力がない自分が口惜しい…!
仮面をつけた語り手と呼ばれる者がいる。人を食べる魔物がいる。全く新しい世界の夜を語ったすばらしい小説でした。

2007/01/12 22:02

投稿元:ブクログ

コレは凄い。とにかくコレは凄い物語がきた。話の流れ、持っていきかた、盛り上げ方、キャラクターの魅力、全部凄い。涙なしでは読めませんでした。すっきりしたり、辛かったり、痛かったり、苦しかったり。ただ、途中で人物がごっちゃになりますが・・・(笑)

2006/12/18 11:17

投稿元:ブクログ

御伽噺、あるいは伝承の形をとって、語り部の口から語られる魔物たちの物語。
めッちゃ切ないです、でも面白いです。
キャラクターと構成がしっかりしているので、読み応えがありますし。

2010/08/21 12:53

投稿元:ブクログ

2人の語り手により語られる形をとった短編集…なんだけど、読み終わるとすべてが繋がる。非常に面白かった。文章も読みやすい。

独特な響きの名前や地名が多くて、人名地名がこんがらがってしまうところが苦労した。登場人物が特に多いわけでもないのに見分けづらいのは何故だろう。口調にあまり違いがなく、性格も文から読み取りにくいせいもあるかもしれない。かといって人名リストをつけてしまうとネタバレになって面白さは半減するだろう。

個々の短編も面白いのだが、最後の最後にすべてが繋がったときは「おおお」となった。そしてもう一度読み返すと、「なぜこの話をこの語り手がしたのか?」「なるほど!」と新しい発見がある。

2006/08/01 15:32

投稿元:ブクログ

新人は結構チェックしているのですが、久しぶりに熟練した書き手の作品に会いました。語り部の語る夜話。夜話の中に出てくる魔物。絡み合う歴史と、国々。魔物と語り部の正体。
非常に良く出来た円環構造。お勧めです。

2014/11/23 21:30

投稿元:ブクログ

多崎さんの作品初読み。
そうやって繋がっていくのかー!と驚き。
とても好みの作品だったので他のものも読んでみたいと思います。

2006/09/12 09:03

投稿元:ブクログ

年に一度の煌夜祭。この夜、世界中で語り部達が一晩を語り明かします。
言い伝えによると、語り部達の中には人を食べる魔物が混ざっており、夜が明けるまで話続けないと魔物に食べられてしまうとのこと。
この煌夜祭の起源は何なのでしょうか? 二人の語り部が交互に悲しくも恐ろしい魔物の話を始めます。
童話とファンタジーが一体化したような不思議な世界観を楽しむことができました。
魔物が人を食べるシーンが結構あるのですが、語り部の口述ということもあって、血なまぐさくありません。
スプラッタが苦手な人も十分楽しめると思います。