詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. Shelter 長編推理小説

Shelter 長編推理小説(祥伝社文庫)

  • 発行年月:2006.9
  • 出版社:祥伝社
  • レーベル:祥伝社文庫
  • サイズ:16cm/278p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-396-33306-4

文庫

  • 国内送料無料

Shelter 長編推理小説 (祥伝社文庫)

近藤 史恵 (著)

紙書籍

617 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

“人はなぜ、最も大切な人をいちばん傷つけてしまうのだろう?”これ以上、妹を傷つけたくないと過去から逃れるように東京に来た江藤恵は、いずみと名乗る謎めいた少女と出会う。「殺...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

“人はなぜ、最も大切な人をいちばん傷つけてしまうのだろう?”これ以上、妹を傷つけたくないと過去から逃れるように東京に来た江藤恵は、いずみと名乗る謎めいた少女と出会う。「殺されるかもしれない」とすがってくる少女にいつしか妹の面影を重ね…。愛し合い傷つけ合う若者の心に染みいる異色のミステリー。【「BOOK」データベースの商品解説】

〔「シェルター」(2003年刊)の改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 3.3
3.3
評価内訳 全て(16件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(7件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

自分を救うのは、何よりも自分自身であると、やはり思う

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2009/03/09 11:09

評価5 投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る

 過去から逃げるように東京にいった恵(めぐむ)は、やはり何かから逃げているような不思議な少女、いずみ、と出会う。
 整体師合田力先生のシリーズ。

 読後、立原道造の詩が浮かんできた。正確には、三善晃作曲の「三つの抒情」の中の立原道造の詩による「ふるさとの夜に寄す」
 <やさしいひとらよ たずねるな。
  なにをおまへはして来たかと 私に>

 ここに描かれているのは、やさしいがゆえに過ちをおかし、迷い、傷ついた人たちだ。派手な事件はおこらない。むしろ、起こらないゆえに、閉塞感がつのる。
 人は、閉じた世界では生きられない。
 けれど、自分を守るためという錯覚で、世界を拒絶してしまう。

 そんなコリをほぐしてくれるのが、合田先生だ。
 が、本人が自分の閉塞に気づき、治療を受け入れるようにならなければ、効果はない。手をさしのばさなければ、自分を救いあげる手には届かない。
 結局、自分を救うのは自分自身なのだ。

 そんな単純で明快なことを、簡単に忘れていることに気付かされる。

 <いまは 嘆きも 叫びも ささやきも
  暗い碧の闇のなかに
  私のためには 花となれ
  咲くように にほふように>

 すべては、自分の中で昇華され美しいものになると信じていたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価2 投稿元:ブクログ

2007/06/27 20:38

\" 人はなぜ、最も大切な人をいちばん傷つけてしまうのだろう?\"これ以上、妹を傷つけたくないと過去から逃れるように東京に来た江藤恵は、いずみと名乗る謎めいた少女と出会う。「殺されるかもしれない」とすがってくる少女にいつしか妹の面影を重ね…。愛し合い傷つけ合う若者の心に染みいる異色のミステリー。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/02/26 00:02

★あらすじ★整体師シリーズ第三弾。旅行に行くと言って姿を消した江藤恵は、東京のコーヒーショップで一人の少女と出会う。帰る場所がないという少女を放っておけず、恵は自分の泊まっているホテルに連れて帰る。少女は複雑な事情を抱えているらしい…一方、姉の失踪で情緒不安定ぎみの歩を見て、恋人の小松崎は心配でならなかった。そんな中、小松崎は新人女優が失踪したという噂の真相を確かめるため訪れた東京で、偶然恵の姿を目撃する…
★感想★この最新刊では、恵・歩姉妹の事情や合田の過去など、今まで語られなかった背景も明らかになります。ストーリー展開は読めてしまったものの、合田先生の語りには感動しました。今まであまりクローズアップされなかった恵姉さんも素敵な女性でした。それぞれが抱えている心の闇は深刻でも、きちんと受け止めてくれる人がいれば、いつかは越えていけるんだと思います。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/12/17 13:27

惜しい!

私は今ではこの作家の大ファンだ。どの作品を読んでもそこそこ面白いし、佳作揃いだ。文章だってとても読みやすい。そして、物語の中で、心に傷を持った人々が、自分のいる場所で踏ん張る姿に私自身も奮い立たせられることが多い。しかし、この作家が今のポジションを突き抜けてトップに立つことができない原因がこの作品を読んでわかった気がする。

本作は本当に素晴らしい作品だ。私が大好きな整体師<合田力>シリーズの3作目である。これまで外側からしか触れられてこなかった、合田接骨院の受付譲の姉妹の傷に踏み込んだ本作。この姉妹があまりにかわいくて素敵だからこの作品でも彼女たちに出会うのが楽しみだった。
相当な期待を持って読み始めた。

なかなかよい出だしだったのだが、どうしても私の期待を上回ることはなかった。多分にご都合主義が多く、強引に着地させた感は否めない。
この作品はもしかしたら、大傑作になる可能性を秘めていたと思う。うまく行けば桐野夏生くらいになる可能性だ。だから、残念でしかたない。つまらないわけじゃない。充分に面白い。

でも私はこの作家を引き続き応援し続ける。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/07/12 01:42

カナリアシリーズ第3弾。

シリーズを通して、『心に傷持つ女性たち』が登場し、
その傷たるや、現代社会の発展に伴い近年ことに取りざたされる問題が根底にあり、かなり「イタい」ものだった。

元来が楽天家なわたしには、共感し難い傷なのだが、
そこは同じ女性・・・わからなくもない登場人物たちの心身の辛さに
読みたい気持ちが逸るものだった。

合田のような人物のいる治療院があれば、すぐにでも行きたいのに・・・と思わせるキャラ、取り巻くキャラはそれぞれに変わり者だが、ひきつけられる。

恵&歩姉妹については、過去をきっぱり清算することは、難しいだろうが、時間と合田と小笠原とが、いつか心の重しをなくしてくれんことを祈りたい。

シリーズ最終章としては、やや物足りない終わり方だったのが残念。



【“人はなぜ、最も大切な人をいちばん傷つけてしまうのだろう?”これ以上、妹を傷つけたくないと過去から逃れるように東京に来た江藤恵は、いずみと名乗る謎めいた少女と出会う。「殺されるかもしれない」とすがってくる少女にいつしか妹の面影を重ね…。愛し合い傷つけ合う若者の心に染みいる異色のミステリー。 】

評価3 投稿元:ブクログ

2009/08/22 21:53

旅先で少女を拾った姉。
旅行に行く、としか聞いていなかったその妹。
姉はどこに行ったのか。
拾った少女は何なのか。
先生を訪ねてきた男は?

あちらとこちらで進む話は別なのか、と思いきや
がっちりとひとつの道になってしまいました。
どうもこの前に2冊分話があるらしいのですが
これだけでも充分面白いです。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/06/14 21:50

このシリーズは前後して読んでしまったため衝撃が少なかったかも。順に読んだ方がおもしろかったはず。こういう設定が好きなので興味深いが純真な男キャラに感情移入できん。姉が好き

評価2 投稿元:ブクログ

2009/09/11 20:00

『これ以上、妹を傷つけたくないと過去から逃げてきた女、江藤恵と
いずみと名乗る謎めいた少女の邂逅から物語は始まります。
「殺されるかもしれない」とすがりついてくる少女に
いつしか妹の面影を重ね…』



ミステリと書いてありましたが、
純粋なミステリとして楽しむよりは
心に傷をもつ登場人物を見守っていく気持ちで読んでいました。


最初から、何かありそうな雰囲気を醸し出していましたが、
この少女に関する問題が、ぎりぎりまで謎のままだったのが
釈然としない感じでした。
もっと早くても良かったんじゃ…!


300ページ弱なのであっさりした感じで
個人的には少し物足りなかったですが、

この人の書く文章はとても綺麗な表現を使うので
最後まで読みやすかったです。


この本はシリーズの3作目ですが、
前作を読んでいなくても楽しめるようになっているので
そこのところは安心です。

評価0 投稿元:ブクログ

2010/06/23 22:30

 過去から逃げるように東京にいった恵(めぐむ)は、やはり何かから逃げているような不思議な少女、いずみ、と出会う。
 整体師合田力先生のシリーズ。

 読後、立原道造の詩が浮かんできた。正確には、三善晃作曲の「三つの抒情」の中の立原道造の詩による「ふるさとの夜に寄す」
 <やさしいひとらよ たずねるな。
  なにをおまへはして来たかと 私に>

 ここに描かれているのは、やさしいがゆえに過ちをおかし、迷い、傷ついた人たちだ。派手な事件はおこらない。むしろ、起こらないゆえに、閉塞感がつのる。
 人は、閉じた世界では生きられない。
 けれど、自分を守るためという錯覚で、世界を拒絶してしまう。

 そんなコリをほぐしてくれるのが、合田先生だ。
 が、本人が自分の閉塞に気づき、治療を受け入れるようにならなければ、効果はない。手をさしのばさなければ、自分を救いあげる手には届かない。
 結局、自分を救うのは自分自身なのだ。

 そんな単純で明快なことを、簡単に忘れていることに気付かされる。

 <いまは 嘆きも 叫びも ささやきも
  暗い碧の闇のなかに
  私のためには 花となれ
  咲くように にほふように>

 すべては、自分の中で昇華され美しいものになると信じていたい。

評価0 投稿元:ブクログ

2009/12/31 01:54

整体師探偵三作目。今回ミステリ的要素は薄めなのだけれど、このシリーズとしての魅力は最大。というのも、ついに江藤姉妹の過去が明らかになるのだから。これは一作目、二作目読んでるときも気になっていたものなあ。
さらに恵が主体になっている部分が多く、前作までではいまいち掴みきれなかった恵のキャラクターが分かってきた感じ。読み終わってみると今まで持っていたイメージががらっと変わって、恵がかなり好きになった。前二作も再読したい気分。
その他の部分も、このシリーズの特色である「優しさ」に満ちている。もちろんシビアな現実の部分もあるのだけど、だから一層「優しさ」が効く。タイトル「シェルター」の意味も趣深い。都会の喧騒の中で生きることに疲れた人にぜひともお薦めしたい一冊。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/01/15 18:51

カナリアシリーズ第三弾。キャラクターはおなじみの布陣。
恵、歩の姉妹の過去が明かされるなど、ますます感情移入してしまう。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/11/15 10:00

大阪から東京に逃げ出してきた恵はいずみという名の少女と出会う。彼女が何かに脅え何かから逃げているのを感じ取った恵はしばらく行動を共にする。
また大阪に残された恵の妹、歩。彼女と付き合っている小松崎は消沈する歩の力になれるよう恵の足取りを追うが・・

まあ無難におもしろい・・・けどところどころいろいろ伏線めいたものがあるんだけど、どれもスルーしてあっさりと終わっちゃった・・・なんか解決はしているけど消化不良感が・・・

と思ったらこれは合田接骨院シリーズの第○作とかなんですね。今回のでシリーズの全貌がわかるとかそういうつくりだそうで。そうか。じゃあ他のも読んでみようかな。。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/03/16 10:53

整体師:合田力シリーズ第3弾

今回も良かった。
合田先生みたいな整体師がホントにいたらいいのに。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/07/16 00:09

前の2冊を最近、読みなおして続きはないのか!って探したらあった(笑)(今さら)


前の2冊がとても面白かっただけに、パンチがなかったな〜。
三部作とか言われてるからもう書かないのか?無理にまとめた感じもしました。

評価0 投稿元:ブクログ

2015/01/15 08:59

カフェで隣り合わせた可愛い子を拾うことから始まるストーリー。兄弟家族、マフィア、相続絡みなど複雑に絡み合う話かと思ったけど普通だった。正直物足りない。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.