詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 文庫
  4. アークエンジェル・プロトコル

アークエンジェル・プロトコル(ハヤカワ文庫 SF)

  • 発行年月:2006.9
  • 出版社:早川書房
  • レーベル:ハヤカワ文庫 SF
  • サイズ:16cm/591p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-011581-8

文庫

  • 国内送料無料

アークエンジェル・プロトコル (ハヤカワ文庫 SF)

ライダ・モアハウス (著), 金子 司 (訳)

紙書籍

1,015 ポイント:9pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

2076年、元ニューヨーク市警の刑事で、いまはしがない私立探偵のわたしは、その依頼に愕然とした。「いまはリンク上に現われている天使は偽者なので、その正体を暴いてほしい」と...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

2076年、元ニューヨーク市警の刑事で、いまはしがない私立探偵のわたしは、その依頼に愕然とした。「いまはリンク上に現われている天使は偽者なので、その正体を暴いてほしい」というのだ。しかも男は、報酬としてリンクとの接続の回復を申し出た。そんなこと、絶対に不可能なのに…世界大戦により荒廃したニューヨークを舞台に、電脳空間に出現した天使の謎を追う女探偵の活躍を描く、アメリカ私立探偵作家クラブ賞受賞作。【「BOOK」データベースの商品解説】

【アメリカ私立探偵作家クラブ賞】【「TRC MARC」の商品解説】

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

SFなのにアメリカ私立探偵作家クラブ賞受賞作

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2006/10/15 00:42

評価4 投稿者:シノスケ - この投稿者のレビュー一覧を見る

大戦後、メデューサ爆弾により荒廃したニューヨーク。ディードリ・マクマナスは警察を辞め、リンクからも切り離され、苦痛とともに日々をすごしていた。世間ではリンクに忽然と現れた天使の話題で騒然としているというのに! さて、警察を辞め、リンクとの接続を回復できる見込みのないディードリ。彼女の元にきた依頼人は、こともあろうか世界の人々の大半が信じるリンク天使を偽造だといい、さらには絶対不可能であろうリンクとの回復を報酬として提示してきた。荒廃した世界と、張り巡らされた電脳世界を舞台に女探偵が謎を追いかける……。

電脳、荒廃した世界、リンク等々、サイバーパンクの下地たっぷりに、ハードボイルドが語られる。語り手たる主人公ディードリは、アンナ・リー、V・I・ウォーショースキー、サーズデイ・ネクスト、解説で語られている彼女ら女探偵に負けず劣らず魅力的な探偵だ。元敏腕刑事、電脳世界への能力は折り紙つき、しかし今はさえない私立探偵に身をやつしている。元恋人は投獄され、その事件の真相はいまだ解明されず、心に残している傷は深く大きい。

凄腕のハッカーやAI、リンク中毒など、何か目新しいギミックが登場するわけではない。しかし、折に触れて混ぜられるディードリの心情と、天使の超自然的な存在がSF的な背景に巧みに色付けをしていく。マイケルとのロマンスや、普通には起こりえない奇跡の存在があるけれども、核となるのはあくまでもディードリ、つまり人間だ。さすがに欧米の小説らしく、宗教観がたっぷり詰まっているし、ファンタジイにサイバーパンクにハードボイルドにとちょっと欲張りすぎだけれども、基本はエンターテイメント。さてこの世界の終末やいかに。続きもぜひ読みたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2010/04/05 01:14

SFミステリかと思いきや、実はファンタジーでもあるというある意味力技の話。
面白かったんだけど、もうちょっと天使のことについて踏み込んでほしかった。
とはいえ、シリーズ第一作らしいんで、先を読めばその辺のこともわかるのかなぁ。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/04/01 16:12

ダメだこりゃ、文章的に読みにくい\(^^)/。ラストもよく分からん。でも設定が面白い。近未来サイバーパンクの女探偵物。キリスト教要素有。ハーレクインのふりかけ。結構酷評されてるけど私は好きだよ!SFとキリスト教要素を組み合わた世界観にどっぷり。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.