サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説&文庫&ラノベポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. マリア様がみてる 25 大きな扉小さな鍵
マリア様がみてる 25 大きな扉小さな鍵(コバルト文庫)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2006.10
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/196p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-08-600823-8
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

マリア様がみてる 25 大きな扉小さな鍵 (コバルト文庫)

著者 今野 緒雪 (著)

瞳子も立候補した生徒会役員選挙。順当に祐巳、由乃、志摩子の3人が当選!クリスマス・イブ以来、遠ざかったままの祐巳と瞳子の関係。乃梨子、祥子さらには柏木までもが心配している...

もっと見る

マリア様がみてる 25 大きな扉小さな鍵 (コバルト文庫)

453(税込)

マリア様がみてる25 大きな扉 小さな鍵

356(税込)

マリア様がみてる25 大きな扉 小さな鍵

ポイント :3pt / 紙の本より97おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

瞳子も立候補した生徒会役員選挙。順当に祐巳、由乃、志摩子の3人が当選!クリスマス・イブ以来、遠ざかったままの祐巳と瞳子の関係。乃梨子、祥子さらには柏木までもが心配しているのだが…。月曜日、今年も新聞部からバレンタイン企画が山百合会に持ち込まれる。紅薔薇さま、黄薔薇さまの承認をすでに得ているというのだが、その中身は…!?瞳子の秘密も明かされる、ドキドキの展開。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

引き続き瞳子問題

2006/10/06 11:49

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

今回は祐巳視点の話がなく、由乃や乃梨子・瞳子達の視点で描かれる物語ですが、瞳子の話をやたら引っ張りますね
バレンタイン企画があったり優がでしゃばって来たり、瞳子の秘密が明かされたりしますが、まるで新しい展開がなくていまいち面白みがないです
ギスギスピリピリした人間関係がそのまま雰囲気に出ていて読んでるのが辛くなってきます
元の能天気な展開にはいつ戻れるのでしょう

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/10/28 09:56

投稿元:ブクログ

結論、出ず!
引っ張るなぁ、くそー。
瞳子の秘密は・・・予想外ではあったけど、あまりに想定外だったので「へー」という感じにしか受け取れませんでした。

2006/10/13 02:35

投稿元:ブクログ

そろそろ瞳子との関係にケリがつくのでしょうか。次巻くらいで次の話に切り替わりそうな予感がしますね。それにしても乃梨子にやらせる予定だった、でキャラが走ったためにヤバくなった話ってのは、何なんでしょう。

2006/10/10 23:32

投稿元:ブクログ

帯のおかげで楽しみ半減。こんな書き方をされたら誰だって想像がつくだろう。そこを差し引いても面白いとは思うが。祐巳に妹ができるのはいつの日のことか。

2007/07/16 12:38

投稿元:ブクログ

生徒会選挙後。瞳子の人が心を閉ざした理由が明かされる。祐巳以外の視点で語られると祐巳の深く貫禄ある印象に驚く。07/6上旬

2007/02/02 21:58

投稿元:ブクログ

瞳子ちゃんだよー。

かわいいとおもう反面、絆を断ち切る無駄な意地が私に似ていてちょっとせつない。バカだなあ!
重い。重いですね。志摩子さんやリコちゃんの事情とは次元が違いますな。
でも同じレベルで考えられるからこそ、バスっと言っちゃえることってあるとおもいました。次巻以降に期待ですわ乃梨子!
大きくなると、問題を華麗にスルーする技を身につけちゃうからね。ぶつかれぶつかれー!

2008/01/20 16:46

投稿元:ブクログ

2006*10*04購入。瞳子に対しては乱暴な口調になる柏木に萌えた。お前呼ばわりかよ!柏木の今後を見守るためにこれからもシリーズを読んでいこうと思わせられる程だった。

2010/06/19 08:44

投稿元:ブクログ

よかった。最近の巻がタラタラ味気ない話が続いてたので特に。

あとがきで書かれてて気がついたのだけど今回は祐巳視点のシーンがなし。その反面他人の視点から祐巳を見ることで、第1巻から比べものにならないほど大人になって、山百合会メンバーとしての貫禄が出てきたのが分かる。

他のキャラも生き生きとしてた。
志摩子の「ただ、乃梨子の隠したカードを探したかっただけで・・」とか、前巻の由乃さん好き発言といい何気にとばしてるw
ちょくちょくチェックしているクロイチゴのkyoさんがこのイラストを描いてくれるかなぁ・・とちょっと期待。

次巻からまた大きく話が動きそうなので楽しみ。

2006/10/23 16:26

投稿元:ブクログ

出生を持ち出していじめるのは二次元お嬢様のステレオタイプですな。でもどうだろう、リアルでもお嬢様であるが故にそういう事って大事だったり?

2006/10/05 23:48

投稿元:ブクログ

今回は、祐巳視点ではなく、他の山百合会メンバーそれぞれの動きが見所。
瞳子と乃梨子の友情も、裏のストーリーかなと。
ていうか、1年前は祐巳が主役だったのに、微妙に瞳子が主役になっている?

2006/10/07 21:57

投稿元:ブクログ

黄薔薇は堅実。白薔薇はあつあつ。紅薔薇はまぁ・・・。
乃梨子ちゃんが一年生の頃のがむしゃらだった祐巳を思い出させてくれて、時間がたったんだなぁと。祐巳が落ち付き過ぎで、少し違和感。いっぱいいっぱいだった祐巳ちゃんはもういないなぁ。祐巳視点が無いのもそれに拍車をかけたような。だから、乃梨子の方に感情移入した。祐巳が何考えてるのかさっぱりだった。
柏木さんがぼろぼろ本音を出しているのが珍しい。それも全部瞳子のことで、それも気になる。祥子さまが言った、『男も』の意味がぐるぐる。誰? 瞳子と祐巳の姉妹問題より、正直こっちのが引っかかってぐるぐる悩み中。柏木さんの株も上昇中(何故。

2006/10/15 22:29

投稿元:ブクログ

ついに出ました最新刊。
お話は生徒会役員選挙発表の直後から。
前回から完全に続いています。
でも、著者もあとがきで述べていますが、今回は主人公である祐巳からの視点がありません。
だからかな、結構祐巳が大人びていましたね。
まわりからみると祐巳はそれなりに成長しているんだ、ってことが、よくわかります。
さらに帯であおっていた「瞳子の秘密」っていうのがなにか。
最後まで読んでみないとわかりませんでしたね。
しかもそれが不確定要素たっぷりという・・・。
また次が気になる〜っ ていう終わり方でした。
もう、すごく上手な引き方です。
次の発行まで待てない! そんな思いです。

2006/10/07 12:35

投稿元:ブクログ

好きキャラがメインじゃなくても、話が動いているのであまり苛々しなくて済みました。でも、やっぱり一年生Sに愛情がもてないと読んでいて楽しくないな…。

2006/10/06 09:52

投稿元:ブクログ

ようやく、というかとうとう、というか。ここまで来た。今後への期待を込めてあえて点数はこのまま。でも、動かされるものはある。

2006/12/18 07:32

投稿元:ブクログ

前作あたりから俄然面白くなってきた。旧作にもさりげなく小さな伏線がちりばめられているあたり、さすが今野緒雪、という感じ。今後の展開が楽しみ。

コバルト文庫 ランキング

コバルト文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む