詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 経済・ビジネス
  4. さようなら!「あがり症」 10人から100人の前でラクに話せる

さようなら!「あがり症」 10人から100人の前でラクに話せる

  • 発行年月:2006.9
  • 出版社:同文舘出版
  • サイズ:19cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-495-57281-4

  • 国内送料無料

さようなら!「あがり症」 10人から100人の前でラクに話せる (DO BOOKS)

麻生 けんたろう (著)

紙書籍

1,620 ポイント:15pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

「あがり症」を克服してラジオDJに転身した著者による、あがり脱出マニュアル! 10人程度の前で話すケースから、結婚式のスピーチや講演といった100人規模の前で話すケースま...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

「あがり症」を克服してラジオDJに転身した著者による、あがり脱出マニュアル! 10人程度の前で話すケースから、結婚式のスピーチや講演といった100人規模の前で話すケースまで、あがらずに話すためのノウハウが満載!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

麻生 けんたろう

略歴
〈麻生けんたろう〉1967年東京生まれ。東京電機大学工学部卒業。ラジオDJ/ナレーター。初めてでもあがらない話し方研究会代表。(株)アイディアサンタ代表取締役。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.1
3.1
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(1件)
★★★☆☆(6件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/29 10:36

しゃべることを準備して考え方を変えるとあがらなくなる、と書いてる。筆者が元アナであがり症だった経験もあるという。なかなかあがり症を克服しよう、というハウツー本にはなかなかない切り口で書かれてる

評価2 投稿元:ブクログ

2008/02/03 13:20

あがり対策2冊目。これも1冊目と同じで、実践する機会がないと・・・   あがりを治さないと、実力があっても社会で活躍できないそうです!あたりまえか。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/15 14:40

【目的】:あがらないコツ、上手なしゃべり方が知りたい。
・あがらないコツは、思考を変えることと、準備を怠らないこと。
・思考を変えるとは、あがっていることを認めることと目標をすりかえること。
・あがるのは、きちんとやろうとしている証拠。聞き手も助けてくれる。
・あがるのを心配することより、本来の目的(理解してもらうなど)に集中する。
・「いまはダメ、でも・・」
・事前に「拍手喝采」や「私の話は必ず共鳴し、役に立つ」を何回も唱える。
・日頃のあいさつ練習、「ありがとう」を言う癖づけ。
・21日間の法則で、3週間愚直に続けてみる。
・相槌と質問のテクニック。
・多人数相手でも、一対一が基本。
・レジュメはマインドマップで
・深呼吸によるリラックス。セキにも効果。

#相手も話を役に立てたい、共に会の成功を願っていることを意識するだけでも安心感がでる。また、準備をしっかりしていれば、それも自信につながることが理解できた。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/12/27 23:35

僕はあがり症です。
いつの間にやら気づいたらあがり症になっていました(涙)

小さなグループワークなどでは緊張しないものの、
100人くらいの人数の前だとどうしても緊張してしまう。

すがる思いで、購入した1冊です(笑)
現役の脱サラDJが著者です。

あがりを克服するための手段が幾つか挙げられていますが、
そこが本の趣旨のはずが、若干、ポイントがずれているような…
ただ、何件か利用してみようと思える要素もありました。
まずは、それを実践だー!

1章 「あがり症」はこんなに損をする
2章 ハイブリッド克服法
3章 場面別あがり克服法
4章 アナウンサーもこっそり使っている!あがりを抑えるテクニック
5章 魅力的な話し方に挑戦する

評価2 投稿元:ブクログ

2009/01/11 20:29

【内容】
昔はあがり症だったが、現在はラジオDJをしている著者があがり克服法を伝授。
<目次>
1.「あがり症」はこんなに損をする
2.ハイブリッド克服法
3.場面別あがり克服法
4.アナウンサーもこっそり使っている!あがりを抑えるテクニック
5.魅力的な話し方に挑戦する

【ポイント】
「ハイブリッド克服法」・・・?思考を変える?準備をする

?思考を変える
・あがっていることを認める
 あがっちゃいけないと思えば思うほど緊張する。「私はあがっている」と素直に認める。
・誰も期待していないと思う
 無理に「気の利いたことを話さなきゃ」と思う必要はない。
・目標をすり替える
 どうしたら話を理解してもらえるか、どうしたら楽しませられるか、と別の目標へ。
・「脳は矛盾を許さない」ことを利用する
 講演前に「拍手喝采・・・」と3000回声に出す。できるだけ短い言葉で。すると、講演が拍手喝采になる理由を脳が勝手に探してくる。

?準備をする
・相手にとことん興味を持つ
 「話を聴くことで必ず何か得るものがあるはずだ」「今まで知らなかったことを教えてもらうんだ」と思い、相手と話すたびに知識が増え、得だと思う。
 相槌+要約=「(ハ行の驚き言葉)+(相手の最後の言葉)」
・進行表は「マインドマップで」
 話す内容をキーワードごとに関連付けた放射線状のメモを作成。話の全体像が分かりやすいし、話す内容を忘れることもない。
・あがりを防ぐ食事
 「セロトニン」の原料となるたんぱく質→豚肉、鶏肉、卵、牛乳(特に温かい牛乳)

○対処法、その他
・あがるかもしれないと不安になったら「なーんちゃって」と心の中で思う。「なーんちゃって」という言葉には、全てを白紙にしてしまうほどの力があり、不安がゼロに。
・あがってしまったら「セキ」をする。そうすると必ず腹式呼吸になるので落ち着く。
・自分のことを実況中継する。客観的に見ることができる。
・ぼんやり遠くを眺めるようにし、視界に入るもの全て(参加者)を風景の一部と感じる。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/03/13 00:52

・エレベータの人に挨拶をする
・一人一人とのコミュニケーションを大事にする
 ⇒相手に興味を持つことが大事!
・あがりの原因は思考なので、思考を変えなければならない
   ⇒刺激が起こる→思考する→身体に影響がでる
 例:⇒プレゼンをする→失敗するかもしれないと思う→身体が震える、どもる
・1年前に悩んでいたことはなに?ときいてもほとんどの人は覚えていないだろう。面白いな。
・1つの話に2つ以上のメッセージを入れない。2つ以上伝える時は分けて話す。
・もし20秒しか話せないとしたら…1つのテーマしか話せない!と考えて話す。
・プレゼンの場では、みなさんは〜と呼びかけずあなたは〜と呼びかけるテクニック。
 確かにラジオなどではよく使われている。

読了日:2009/03/13

評価3 投稿元:ブクログ

2010/11/27 20:52

【思考】
・二念をつがない。(勝手に想像して自らコケない)
・誰も期待していないと思う
・過去形で自分に語りかける(学習などにも!)
・脳は矛盾を起こさないことを利用 繰り返し、暗示
・深呼吸

【準備】
・基本は1対1
・3回に1回は無言で相槌
・進行表をマインドマップで作成
・掴みと締めをちゃんと練る

評価0 投稿元:ブクログ

2010/05/04 14:37

1:準備する事でアガリ症は無くせる
特に、その分野で詳しく学びたかったら基礎的な本を5冊読んでおくだけでも十分変わる。

2:読んだ本を3分で相手に要約を伝えられるようにする。
相手にわかりやすく短く伝えるこつがわかる。

3:話には行き先を決める
何が言いたいのかをまずきめる。そのあと、簡単に細くの説明を加える。

評価4 投稿元:ブクログ

2013/02/03 11:16

あがり症について知りたくて読書。

参考文献や書き方が・・・と思っていたら著者はフォトリーダーのようだ。

あがらずに話すハイブリット克服法として、思考と準備について説明。

なるほど、まだまだ人前で話す時に緊張して後から猛省することが多いので、参考になる。もっと上手に人前で話せるようになりたい。

再読する予定の本。

読書時間:約55分

評価3 投稿元:ブクログ

2012/01/26 19:01

自分は上がり症だ。面接で落ち着いた自分を見せるために本書を手に取る。

腹式呼吸が大事ということが、同種の書籍で何度も目にした。それ以外にも重複することがあり、少なくともそれらは信頼してよさそうだ。
(2012.1.26)

評価0 投稿元:ブクログ

2013/07/23 16:49

あがり症の人のためにアドバイスを送る一冊。
大事なのは、思考を変えることを準備することと筆者は言っています。

またTIPSも豊富。

ちょっと試したのですが、なかなかいい感じかもしれない。


でも同じジャンルの中で、もう少しいろんな人の本を読んでみたい。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/07/20 23:21

対人で悩んでいた時に買った本。
やっぱり表に出る時は準備不足だとよけいに上がるよなぁ・・

自分に対する見せしめとして登録(-_-)

評価3 投稿元:ブクログ

2011/09/11 16:44

自分は「あがり症」なのか、人前では多弁になり、相手に理解してもらうことを考えず話してしまう。

この本に書かれてあることを実践してみようと思った。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/08/28 12:54

基本的に大人数相手に話すことが前提とした本

1.「思考」を変える
・あがっていると認識する
・他人は期待していないと思う
・目標を変える⇒「どうやったら理解してもらえる?楽しんでもらえる」
・間違った条件反射を修正する
 一度失敗する⇒同じ失敗をまたするのではないか?(間違った条件反射)

2.「準備」
・4W1Hで質問する
・一つの話に一つだけのメッセージ(二つ以上のメッセージを入れようとしない)
・マインドマップで進行表を用意しておく

3.魅力的な話し方
結論から話す

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.