詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

ヴィンランド・サガ 3(アフタヌーンKC)

  • 発売日:2006/10/23
  • 出版社:講談社
  • レーベル:アフタヌーンKC
  • サイズ:19cm/218p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-314433-8

コミック

  • 国内送料無料

ヴィンランド・サガ 3 (アフタヌーンKC)

幸村 誠 (著)

紙書籍

617 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) ヴィンランド・サガ(3)

紙書籍より:77円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

【文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞(第13回)】【講談社漫画賞(第36回)】【「TRC MARC」の商品解説】

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヴィンランド・サガ 3」が含まれるセット商品

ヴィンランド・サガ(アフタヌーンKC) 17巻セット(アフタヌーンKC)

ヴィンランド・サガ(アフタヌーンKC) 17巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.4
4.4
評価内訳 全て(13件)
★★★★★(4件)
★★★★☆(5件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

電子書籍 トルケルさん、パないです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2016/05/04 23:11

評価5 投稿者:ひばな - この投稿者のレビュー一覧を見る

北欧神話、ヴァルハラをガチで崇拝する敵将・トルケルの登場です。
ここまで戦バカだと、キャラクターとしてはとても魅力的です(現実では何があっても会いたくないタイプ)
案の定、トルケルに滅法気に入られるトルフィン。この関係は長く続きそう…というか面白いから続いて欲しい。

今回関心したのは、西洋にも日本の平安末期でいうところの末法思想があった点。科学もマスメディアも未熟な時代だから、当然と言えば当然かもですが、戦争の背景に戦いを正当化する宗教観があったことも加熱した原因なんでしょうね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価3 投稿元:ブクログ

2011/04/09 13:55

容赦ない悲惨な場面、殺伐とした戦闘が続く中、巻末のユルヴァちゃんでほのぼの安らぐ。トルフィンが肉体的な強さよりも精神的な強さを身につける日は遠そうだ。トルケルの今後の活躍にも期待だ。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/03/29 21:58

1013年のスヴェン王によるイングランド侵攻。
ロンドン橋を護るのはシグヴァルディの弟トルケル。
トルフィンはアシェラッドの命を受け、トルケルを討つために単騎で懐に飛び込む。
攻め倦んだスヴェン王は、息子クヌートに後を任せて退いていく。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/12/18 16:11

マガジンからアフタヌーンへ移行しての最新刊です。
時代に凝ってるあたりとか思想を織り交ぜてるあたり少年誌ではきつかったんでしょうか。
父親を殺したバイキングとともに旅を続けるトルフィン。成長が楽しみです。
捕虜のアル中神父が、どちらの神が偉いかと言う問いかけをされたとき、「酒を作ったほう・・・」と答えるのがなんとも(笑)

評価4 投稿元:ブクログ

2006/12/03 21:35

絵の緻密ですごい。寄木細工ですか、コレは?
ただ、個人的には『遅筆の人』が書いているという先入観(?)が残ってしまうな(笑)
勝って損は無いと思う。今後のストーリー展開に期待。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/06/08 16:11

2011/06/08:コミックレンタルにて読了。日本では源氏物語が執筆されていた頃かしら。とても同じ時代とは思えないです…。

評価4 投稿元:ブクログ

2006/12/17 22:09

ヴァイキングの少年を描いた物語です。海賊という一面を持ち、戦に明け暮れたイメージがあるバイキングの歴史が描かれています。月刊アフタヌーンに移り、最初の単行本、第3巻です。少年時代の話も終わり、少し成長した主人公、目的はまだ果たされてはいないようです。ヴァイキングの時代は、急速に終わりを迎えています。いかに戦い、いかに死ぬか。ヴァイキングのヴァイキングたる信念の中で少年は生き延びて故郷に帰れるのか?巻末は「はたらくユルヴァちゃん」少年が失踪した後の家族が描かれています。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/11 16:20

フローキーさん恐!!トルフィンが子供の時代から考えると(今でも子供だけど)隨分と様変わりしていますね。それにしても、ユルヴァちゃんが可愛い。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/11/24 19:13

久々に読みたくなって掘り出してきたので登録。トルケルの尋常じゃない強さ,おかしいて。コラコラ,トルフィン,蛇を結んじゃいけません。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/10/26 22:18

アシェラッド!

子供トルフィンが可愛い。トルケルも強敵って雰囲気出してる。
トルフィン、まだまだ脇役になっていない。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/08/02 20:28

デンマークとイングランドの戦争が始まり、トルフィンがアシェラッドの下で小間使いをさせられてる。
トルケルが登場する。
トルケルとその部下が強すぎてアシェラッド隊が突然弱くなったように感じる…

評価3 投稿元:ブクログ

2012/06/23 12:14

順当に面白いです。
キャラクターをかっこ良く魅せてくれるのはありがたい。意図的だろうけど、アシェラッドが一番カッコイイな。トールズのが格上感あったけど。
主人公の短剣二刀流は良いね。FF11でも短剣/片手刀の二刀流は好きだったなぁ。
そして今巻もユルヴァちゃんが大活躍。癒してくれますねぇ。

評価5 投稿元:ブクログ

2015/10/28 10:44

 物語はイングランドへと舞台を移す。デンマークヴァイキング軍による、イングランドの襲撃。それが、凄まじい規模で行われていたという歴史的事実が克明に描かれている。
 物語は次への弾みをつけているところだろうか。最後に収録された「はたらくユルヴァちゃん」などは、そうした箸休め的な要素を強く感じるが、この巻自体がそうであるようにも見える。
 アシェラッドとトルフィンの関係には、戦士としての気概のようなものがハッキリと見える。相手側に回ったトルケルも含めて、この物語はヴァイキングの戦士らを描いているのだということがよくわかるところだ。

 今回も面白かった。星五つで評価している。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 1~3日 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.