サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

東京裁判をさばく
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.11
  • 出版社: 慧文社
  • サイズ:19cm/400p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-905849-57-8
  • 国内送料無料

紙の本

東京裁判をさばく

著者 瀧川 政次郎 (著)

極東国際軍事裁判(東京裁判)で元海相・島田繁太郎被告の副弁護人を務めた著者は、日本法制史の大家。その博覧強記の学識と正義へのたゆまぬ情熱とをもって、勝者が敗者を一方的に裁...

もっと見る

東京裁判をさばく

3,240(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

極東国際軍事裁判(東京裁判)で元海相・島田繁太郎被告の副弁護人を務めた著者は、日本法制史の大家。その博覧強記の学識と正義へのたゆまぬ情熱とをもって、勝者が敗者を一方的に裁いた東京裁判の矛盾を明らかにする一冊。〔「東京裁判をさばく 上・下」(東和社 昭和27,28年刊)の合本〕【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2009/12/07 10:52

投稿元:ブクログ

極東国際軍事裁判(東京裁判)にて副弁護人を務めた法律学者である著者により、東京裁判について、当時の政治状況・裁判の形式・登場人物評・裁判の流れとそれへの批評が詳述された著作。

【配架場所】 図書館1F 210.77/Ta72

2013/02/23 13:00

投稿元:ブクログ

いやいやいやいや、面白かった。
東京裁判には色々問題があると言う話は聞いていたし、所詮は勝てば官軍、それについてどうこう言う話でもないだろうと考えていたんだけど、ムリクリ正当化しようとした故のグロテスクさと滑稽さは、これほどのものやったんや。
昭和27年に書き表されていて、筆者自身が裁判に生に立ち会っているだけに、非常に生々しい。時折筆者の感情がそのまま、それも若干古臭く溢れ出ているが、ぼく自身は全く不快でなかった。
考えの合う人も合わない人も、読めるのではないか。

日本史 ランキング

日本史のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む