詳細検索

経済ビジネス ポイント5倍(0601-05)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 小説・文学
  4. アラスカを追いかけて

アラスカを追いかけて

  • 発行年月:2006.11
  • 出版社:白水社
  • サイズ:19cm/312p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-560-02759-5

  • 国内送料無料

アラスカを追いかけて

ジョン・グリーン (著), 伊達 淳 (訳)

紙書籍

2,160 ポイント:20pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

本好きの美少女アラスカが、ぼくたちの高校生活を変えてしまった。遠く離れた彼女の姿を追いかけて、僕たちは「苦しみのラビリンス」から抜け出ようと奮闘する…。全米の十代に熱い支...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

本好きの美少女アラスカが、ぼくたちの高校生活を変えてしまった。遠く離れた彼女の姿を追いかけて、僕たちは「苦しみのラビリンス」から抜け出ようと奮闘する…。全米の十代に熱い支持を受けている、涙あふれる「再生」の物語。マイケル・L・プリンツ賞受賞(2006年度)。【「BOOK」データベースの商品解説】

【マイケル・L・プリンツ賞(2006年度)】本好きの美少女アラスカが、ぼくたちの高校生活を変えてしまった。遠く離れた彼女の姿を追いかけて、ぼくたちは「苦しみのラビリンス」から抜け出ようと奮闘する…。全米10代の熱い支持を受ける、涙あふれる再生の物語。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョン・グリーン

略歴
〈ジョン・グリーン〉ニューヨーク在住。デビュー作「アラスカを追いかけて」で2006年度マイケル・L・プリンツ賞を受賞。

ユーザーレビュー

全体の評価 4
4.0
評価内訳 全て(3件)
★★★★★(2件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(1件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2012/05/13 21:40

ピュアで過激で、スイートで苦い青春物語。
シモン・ボリバルの「一体どうやってこのラビリンスから抜け出せばいいんだ?」という言葉がキーになる。まっすぐラビリンスに突っ込み突き抜けていった魅力的なアラスカと、アラスカのせいで深いラビリンスに迷い込む語り手のバッジとカーネル。
突拍子もないアラスカと、彼女を見つめるバッジが主人公だけれども、この物語では誰にも「それぞれのラビリンス」があることが感じられるのがよい。それまではわき役だった友達のタクミの存在が後半になってぐっと強くなったとき、物語の厚みも増した。
ほんの数行しか登場しないアラスカのお父さん。ルーマニアから移民してきたバッジの彼女。生徒の敵にみえて実は…の厳格な先生。
それぞれがそれぞれのラビリンスで模索しながら手探りで、道を進んでいる。

評価5 投稿元:ブクログ

2010/06/24 18:10

おとなになる、すこし前。
未来や人生は見え始めているけれど、まだやわらかく、
だからつかむことはできず、でも、形をかえようともがける時代。

たのしむことも、もがくことも、苦しむことも、
するなら今だ!とばかりに、全力投球する主人公たちのかもす
高揚感にとっぷりとつかって、
一緒になって夢中で生きるように、読みました。

構成も、文章も、空気も、ストーリーも、キャラクターも、好き。

大切なキーワードが、たくさん、みつかりました。

評価3 投稿元:ブクログ

2014/01/23 11:24

「偉大なるもしかして」を求めてアラバマの寄宿学校に転入したバッジ、ルームメイトのカーネル、いたずら好きの美少女アラスカ、いたずら仲間のタクミ(と移民のララ)たちがラビリンスのなかでもがき、救いを求めて奔走する青春小説。

ピュアと言っても、純粋無垢という意味ではなく、なにか「キラキラしたもの」を求めて、ときには身勝手に、情緒不安定に、突拍子もなく過ごしていくなかで、アラスカというキーパーソンを軸にバッジたち少年が恋や友情や生死について悩み、暴れ、受け入れていく。
『ライ麦畑でつかまえて』をどことなく彷彿させるような、楽しい青春物語というよりは、多感な年頃の少年がさまざまな出会いや出来事をつうじていろいろなことを感じていくという雰囲気。
イタズラが物語の大きな要素になっているあたり、そしてイタズラの内容も含めてアメリカの高校生ってこんな感じなのかなあと思った。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.