詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 芸術・アート
  4. ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

  • 発行年月:2006.12
  • 出版社:春秋社
  • サイズ:27cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-393-93505-5

  • 国内送料無料

ピアニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと

トーマス・マーク (著), ロバータ・ゲイリー (著), トム・マイルズ (著), 小野 ひとみ (監訳), 古屋 晋一 (訳)

紙書籍

2,484 ポイント:23pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

鍵盤楽器奏者が知っておくべき「からだ」の問題についてわかりやすく解説し、実際の練習や演奏に生かせるようなさまざまなアイディアを紹介。オルガニストに向けた補足の説明も掲載。...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

鍵盤楽器奏者が知っておくべき「からだ」の問題についてわかりやすく解説し、実際の練習や演奏に生かせるようなさまざまなアイディアを紹介。オルガニストに向けた補足の説明も掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

トーマス・マーク

略歴
〈トーマス・マーク〉ピアニスト、ピアノ教師。アンドーヴァー・エデュケーターズ所属教師。
〈ロバータ・ゲイリー〉シンシナティ大学音楽院のオルガン科教授および鍵盤楽器部門主任。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 4.5
4.5
評価内訳 全て(15件)
★★★★★(8件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(2件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

正しい場所に各部位をもっていくということは、結局余分な力をかけないということなのだろう。

6人中、6人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2010/07/13 20:14

評価5 投稿者:mayumi - この投稿者のレビュー一覧を見る


 チェリストで、米・オハイオ州立大学音楽学部で教えているウィリアム・コナブル教授が提唱した、<ボディ・マッピング>に基づく、ピアノを弾くための体の使い方。

 ようするに、体の各部位があるべき場所にあれば、痛みや呼称はなくなるそうで…。
 本は、大きな骨格図や筋肉図などがあって、わかりやすいといえばわかりやすい。
 が、じゃ、実際自分がどう歪んでいるのか、どう妙な力を入れてるのか、それを判断する材料が少なくて、よくわからないなぁというのが率直な感想。
 
 うーん。
 実際、腕や手に痛みを感じている方には、福音になるのかもしれない。
 
 とはいえ、目からうろこ、なことは多々ありました。
 と、結局のところ、体を長持ちさせるには日々のメンテナンスが必須なんだなぁと思うのであった。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

評価4 投稿元:ブクログ

2007/04/22 00:15

鍵盤楽器奏者が知っておくべき「からだ」の問題についてわかりやすく解説し、実際の練習や演奏に生かせるようなさまざまなアイディアを紹介。オルガニストに向けた補足の説明も掲載。

評価5 投稿元:ブクログ

2008/04/06 01:31

知ってるのと知らないのとでは練習のしかたが
全然違うと思います。
ピアノ弾くなら読んどけっていう本。

評価3 投稿元:ブクログ

2009/01/14 17:12

 小野ひとみさんのアレキサンダー・テクニークの講習のときにピアノを実際にご指導いただき進められた本です。講習を受けた人ならわかると思いますが、ピアノの演奏技術というより、からだの上手な使い方についての本です。まず、からだの感覚に気付くためにはどうしたらよいか、そして骨がどの位置にあることがバランスよいかなど、からだの色々な部分ごとにイラスト付で解説してあります。実際にレッスンを受けているとき、小野ひとみさんが私の頭の位置や首や背中をチョコっとさわって修正する場面がありました。それがどういう意味だったのかがこの本に載っていました。自分だけで確認するのは難しいですが、この本のように感覚をイメージし続けることができたら、ピアノの演奏も変わってくるのだろうと思います。(畑田)

評価4 投稿元:ブクログ

2010/02/12 00:25

演奏の上手い人が、フォームも良いとは限らないのです。。。死ぬまで演奏楽しみたい人は少しは知っとくべき。分からなかったら、どうぞウチにレッスン来て下さい。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/05/03 21:34

プロ・アマを問わずすべてのピアニスト・オルガニストに、とくに体のどこかに故障を抱えている人におすすめしたい名著。
「ボディ・マッピング」と呼ばれる体の感覚と使い方を養うための本で、読んでフォーム改善に努めればきっと一段上の演奏ができるようになると思います。
読み流して終わりではなく、譜面台において日々訓練してみるようにしたいです。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/05/06 20:33

鍵盤弾き以外の方には、ちょっとつらいかもw
内容的には全ての楽器、ひいては全ての運動に関係するのですが。


なかなか重要な情報がたくさん載っています。
問題は、体得するのが難しいってことです。
ただ、切り口として考え付きもしなかった事柄も、
きっと載っているので、それに気づくだけでも
価値はあるのでは??


ホントに体得したら、格段にうまくなるし、
ピアノ弾いている以外の時間でも、
すべての動作が楽に、かつ思い通りになるはず。


スランプに陥っている人に特にオススメ。
あ、ただこれ読むと一時的に極度のスランプに落ちいるかもw
フォームチェンジみたいなもんだからね。

評価3 投稿元:ブクログ

2010/07/13 20:12

 チェリストで、米・オハイオ州立大学音楽学部で教えているウィリアム・コナブル教授が提唱した、<ボディ・マッピング>に基づく、ピアノを弾くための体の使い方。

 ようするに、体の各部位があるべき場所にあれば、痛みや呼称はなくなるそうで…。
 本は、大きな骨格図や筋肉図などがあって、わかりやすいといえばわかりやすい。
 が、じゃ、実際自分がどう歪んでいるのか、どう妙な力を入れてるのか、それを判断する材料が少なくて、よくわからないなぁというのが率直な感想。
 
 うーん。
 実際、腕や手に痛みを感じている方には、福音になるのかもしれない。
 
 とはいえ、目からうろこ、なことは多々ありました。
 と、結局のところ、体を長持ちさせるには日々のメンテナンスが必須なんだなぁと思うのであった。

評価5 投稿元:ブクログ

2009/11/18 08:40

『音楽家なら知っておきたいからだのこと』の併用本みたいな気がする。

この手の中身のぎっしり詰まった本は、何か曲を弾きながらスランプに陥った時に読んだ方が中身がしっかり実体験と一緒に頭に記憶できるから、辞書のように使ってる。

結局、色々丁寧に書いてあるけれど、表紙の絵が1番言いたいことなんじゃないかなと。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/03/26 03:14

タイトル通り、ピアノを弾く人なら知っておいた方が良い内容で詰まっている。

私の場合、先生に何度も注意されていたことが解剖学的な観点から理屈で説明されていて、こういうことかと納得出来ただけでも価値があった。
いまいち体の使い方がわからない人に特にオススメ。

後、書いてある内容は、ピアノに関わらずためになります。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/07/04 11:01

タイトルは”ピアニストなら…”と書かれているが、この本はすべての”ピアノを弾く人”にとって知っておくべきことがかかれている。
ピアノを弾くために、自分の身体をどのように使えばよいのか、ということをじっくり考えさせれらる良書。専門的な図を用いた解説のみならず、「やってみましょう」という項目で、具体的に指示を出しているのも嬉しい配慮。
「おわりに」も必読ポイント。「ピアノを演奏することが、生涯にわたる幸せと達成感を与えてくれるものでありますように…。」

評価0 投稿元:ブクログ

2011/11/26 10:33

体の構造を丁寧に考察し、どのように整え、どのように動かすと最も最適化が図れるかを解説したもの。
普通1時間に1500回以上繰り返す動作を、「非常に反復性の高い運動」と定義するそうだが、ピアニストの反復動作はまったくその比ではない。
体のことを良く知って動かさないと、最適な動作が出来ない上に故障の原因になる、なるほど。
もっともドキッとしたのは手首について。
手首は非常に繊細な作りをしていて、もっとも故障しやすいのに、それに対する配慮が少なすぎる。
オクターブの連打を行うのに、手首から先を曲げて弾くことがある。手首には致命的なダメージを与える。
手首の角度も、親指側がまっすぐになるような角度は大きな負担になる。
小指側をまっすぐにする「小指主導」の手を意識する必要がある。
想像以上に面白い本だった。

評価0 投稿元:ブクログ

2012/05/26 21:54

ピアニストじゃなくても、ピアノ弾く人だったら知っておきたいこ​とが書いてあります。自力で実践するのは難しいかもしれないけど​、知ってるだけでもプラスになるんじゃないかな。

評価5 投稿元:ブクログ

2012/10/13 02:23

解剖学の視点でピアノ演奏の姿勢を解説しとります。
ピアノを習っていて、先生から「肩の力を抜いて」とか「手首を柔らかく」とか言われるけど、「力んだらダメなことは重々分かってます。教えて欲しいのは“どうしたら力まないで演奏出来るか”です」と聞くと、「練習するしかないです」とピアノ教師じゃなくても言えるセリフでお茶を濁されてやり場のない思いに暮れている、そんなような方々は読んでみると良いんじゃないでしょうか。

評価5 投稿元:ブクログ

2014/11/14 10:54

ピアノを習っている人にはぜひおすすめの一冊
これを知っていたら、もっと苦痛なく練習ができたのにと思います。
リストも指が曲がってしまうこともなかったかも…?

体の仕組み、使い方を説明してくれているので、
とても理にかなった、良書だと思います。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.