サイト内検索

詳細検索

送料無料

経済・ビジネス・コンピュータ ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ユーフォリ・テクニカ 王立技術院物語
ユーフォリ・テクニカ 王立技術院物語(C★NOVELS FANTASIA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ユーフォリ・テクニカ 王立技術院物語 (C・NOVELS Fantasia)

著者 定金 伸治 (著)

真空からエネルギーを取り出し、水の裡に封じる。産業革命を推し進め、新世紀に繋がる最先端の技術、「水気」—十九世紀末叡理国、ネルは東洋人として初めて王立技術院応用水気技術学...

もっと見る

ユーフォリ・テクニカ 王立技術院物語 (C・NOVELS Fantasia)

972(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

ユーフォリ・テクニカ - 王立技術院物語

648(税込)

ユーフォリ・テクニカ - 王立技術院物語

ポイント :6pt / 紙の本より324おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

真空からエネルギーを取り出し、水の裡に封じる。産業革命を推し進め、新世紀に繋がる最先端の技術、「水気」—十九世紀末叡理国、ネルは東洋人として初めて王立技術院応用水気技術学科に赴任してきた。だが、研究員の募集に応募してきたのは、情熱はあるが常識は蹴倒す破天荒な少女エルフェールのみ。しかも彼女は王女だというのだ—?定金伸治の暴走科学ファンタジー。【「BOOK」データベースの商品解説】

19世紀末、叡理国。ネルは東洋人として初めて王立技術院応用水気技術学科に赴任してきた。だが、研究員の募集に応募してきたのは、情熱はあるが破天荒な少女エルフェールのみ。しかも彼女は王女だというのだ!?【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

定金 伸治

略歴
〈定金伸治〉1971年生まれ。大阪府出身。京都大学大学院工学研究科修士修了。91年「ジハード」で第1回ジャンプ小説NF大賞に入選しデビュー。著書に「Kishin」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価3.7

評価内訳

2007/07/15 10:49

投稿元:ブクログ

一応ライトノベルの分類で。
がんばるお転婆お姫様ものが大好きです。
猪突猛進にがんばるエルがかわいい。
研究開発もののため、バトルだとか激しい展開だとかはありません
ヒロインと、それを見守る東洋人ネルの魅力でおなかいっぱいです。

2011/04/27 13:00

投稿元:ブクログ

2010/12/19:以前に「C・N25」で日常?風景を描いた短編を読んでちょっと気になっていました。19世紀イギリス風架空の世界を舞台にしたドタバタ工学系ファンタジー。変(態)すぎる王女様のキャラがなんとも強烈ですが、楽しく読めました。

2011/09/28 12:52

投稿元:ブクログ

王女がちょっとハチャメチャ過ぎてついていけない。いやハチャメチャなのはいいんだけど、「ハチャメチャってこういうものでしょ」的な感じで。
マンガのギャグシーンの部分だけを切り張りして作ったようなキャラ。共感できるとっかかりがない。

話も事件のはじまりから結果までが数頁程度で出るから、個々のエピソードのつながりがうまく感じられず、まとまりがない・とってつけたような印象。

2009/07/12 23:08

投稿元:ブクログ

Amazonの星4.5の評価に、ぽちっと購入してみる。

19世紀ヨーロッパに似た、どこかにありそうな欧風な国の中にある、
「王立技術院」という、今でいう大学の研究室のような場所で、
情熱的で暴走気味な元気少女が失敗と成功を繰り返していく成長物語。

世界観の設定や、それの活かし方の安定感はさすが。
例えば、異国人に対する蔑視の風習があるのだが、
それは最後まで弱まることなく忘れられることなく貫かれる。
設定好きにはたまらないトコロ。

ただ、一人称ゆえの問題なのかも知れないが、
冒頭でも触れた「暴走気味の元気少女」が、行動は衝動的で荒々しいのに、
同時に文章上でその行動や自身をひどく冷静に分析していたりして、
読んでいて違和感があった。

2009/11/25 01:53

投稿元:ブクログ

ヒロインがかなり問題アリな性格ではあるものの、
もっと続きが読んでみたくなる話。
1冊でもそこそこ完結していて面白いんだけど、
もうちょっと広がっていくところを見てみたい感じ。

2010/08/19 03:25

投稿元:ブクログ

それがストーリー上重要かどうかは別として、ちゃんと「水気」というものを定義して「研究」って感じに本格的に書いてあります。
まー、お話なので理論的に成立はしないのでしょうが。
まっしぐらな王女様がとても魅力的でした。
ただ、みんなそれぞれいいキャラなのにキャラ同士がいまいち踏み込んでない感じがして、そういう意味ではちょっと深みがない感じがしました。
まー、ある程度全編通して楽しんで読めたけど。キライじゃないかな。

2011/08/10 10:08

投稿元:ブクログ

本棚を整理してたら見つけた。

椎名さん目当てでかったものの、読んでみると話の方も
面白かった記憶はあるんだけど、さて、どんな話だったっけ…

今度気が向いたら読み直ししてみよう。

2011/05/30 21:36

投稿元:ブクログ

図書館から借りました

 SF風ファンタジー。
 パラレルワールドっぽい。

 技術者もの。
 イギリスだろうかなー。十九世紀末の「叡理(エーレ)国」に、ネル(錬)という東洋人の青年が初めて王立技術院に赴任してくる。東洋人に対する偏見と闘い・・・はせずに受け流し、淡々と仕事する。
 東洋人への偏見の上、女性蔑視が甚だしくて、ネルのところに転がり込んできた王女エルフェールはまわりを見返してやると息巻く。

 真空からエネルギーを取り出して「水」に封じる技術をメインにしているので、それに関する学術が延々延々と書いてあったりして。でも読まなくても平気なので、読み飛ばした~(ぁ

 若干、読みにくい。紳士の国とかいうわりに、警備員は警棒で女の子の頭かち割るし。差別酷いし。
 次の巻が出たら、読むとは思うけれど、買わないと思う。
 エルフェールは個性的だけれど、どうにも……合わない。

2013/02/21 22:37

投稿元:ブクログ

国外から東洋人がやってきたのは、大学に赴任するため。
そしてそこへ研究員としてやってきたのは、台風の目のような少女。

元気少女が、好き放題走りまわる。
それをのんびり見守る…のが、彼の役目?
ものすごく必死に頑張って、ライバルっぽいのがでてきたりして
結果が出て自意識過剰になって、事件を起こす手はずを整えてしまった。
と、はしょってしまえば王道突き進んでいる感じがします。

英国、みたいな所での騒動ですが、この時代なので
多分みたいじゃない所も、こんな扱いだったかと。
女性は男より劣った生き物、というのもそうですし。

何か最後の方、走っているというか、上澄みだけとったような状態で
特に危機感も…いや、発表できるか否か、という聞き感はありますが
それほど大変な事もなく、終了。
そこに至るまで、の方が大変そうでしたけど。

読めるけれど、それほどわくわくもしませんでしたし
少々迷惑な性格、という程度でしたし。
ただ…最後のメンバー合わせて、で動くとなると
恐ろしく面倒な所になりそうです。

2011/07/09 23:42

投稿元:ブクログ

 通勤図書(6月最終週)
 @min2flyに「理系ホイホイ」関する話でオススメされた。大学の理工系研究室あるある話が網羅されており、かつ話として面白い。

 主人公の女の子はちょっとどころじゃなく変な子。私は変なキャラクターが好きだが、それでも引くくらい凄い娘である。いやでも理系研究室にいる女の子って大抵一癖か二癖あるよなぁ…なんということをしみじみ思い出したりもした。

 以下、作中の科学技術について。
 作中では架空の科学技術である「水気」という理論とその応用技術である「花火」をテーマに主人公たちがドタバタと研究を進めていく。
「水気」は架空の技術ではあるものの、真空の生成や純水の精製、試料作成、または手作り実験装置の癖に苦しんだり、事故の危険など…この手の研究に少しでも携わったことがある人は経験があるだろうことが、しっかりと描かれている。また、理論に関しても実際の物理や化学をモチーフにしてわかりやすいものになっており、読者に壁を感じさせない。なにより、1巻完結であるため所謂「中だるみ」がなく、スピーディに話が進行するところが良かった(うだうだと理論の蘊蓄を語るという雰囲気がない)。
 花火の理論については、現実でいえばLEDや半導体レーザー技術の話が近いかな。世界観としては19世紀後半~20世紀初頭という感じがするのだが、水気技術に関してはかなり現代に近い感じがあり、それも話の明快さの理由かもしれない。

男性向け ランキング

男性向けのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む