サイト内検索

詳細検索

送料無料

小説・文庫・ラノベポイント2倍(~9/29)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. ライトノベル
  4. ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者
ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者(MF文庫J)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2006.12
  • 出版社: メディアファクトリー
  • レーベル: MF文庫J
  • サイズ:15cm/263p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-8401-1766-1
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者 (MF文庫J)

著者 ヤマグチ ノボル (著)

才人は使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生。トリステインとアルビオンの戦いの後、ご主人さまであるルイズとともに学院に戻った彼は、女王アンリエッタか...

もっと見る

ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者 (MF文庫J)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ゼロの使い魔 10 イーヴァルディの勇者」が含まれるセット商品

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 21巻セット(MF文庫J)

ゼロの使い魔 (MF文庫J) 21巻セット

商品説明

才人は使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生。トリステインとアルビオンの戦いの後、ご主人さまであるルイズとともに学院に戻った彼は、女王アンリエッタから騎士に任命される。誰かに必要とされることで、才人は次第に「こっちの世界でみんなの力になりたい」という思いを強くしていく。ルイズは、態度こそ今までどおりに邪険にしながらも、「サイトが一番幸せになる方法」を考え始めるが、敬愛するアンリエッタまでが才人を英雄視していることで、自分が才人に好かれているという自信が持てないでいた。一方、タバサは母を救い出そうと、単身母国ガリアへと向かい—。大人気の異世界使い魔ファンタジー、第10弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (10件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/01/12 22:10

投稿元:ブクログ

2006/12購入。読了。

この一つ前の外伝できゅいきゅい言ってたタバサの使い魔のドラゴンと、そしてタバサがメインの回。とはいえ、タバサずっと捕まってるんですが。主人公は、全てのキャラと、フラグ立てないといけない、ということで、ついにタバサにまでフラグが!
見ていて安心するのがコルベール先生とキュルケのカップルです。ルイズは相変わらずツンデレで良かった。というか、10も巻を重ねてきて、結局ルイズのツンデレを愛でるための書である、というのが僕の見解です。ラブコメはこうじゃないとね。熱い展開そんなには要らないよね。

2007/01/14 09:52

投稿元:ブクログ

才人は使い魔として異世界ハルケギニアに『召喚』されてしまった高校生。トリステインとアルビオンの戦いの後、ご主人さまであるルイズとともに学院に戻った彼は、女王アンリエッタから騎士に任命される。誰かに必要とされることで、才人は次第に「こっちの世界でみんなの力になりたい」という思いを強くしていく。ルイズは、態度こそ今までどおりに邪険にしながらも、「サイトが一番幸せになる方法」を考え始めるが、敬愛するアンリエッタまでが才人を英雄視していることで、自分が才人に好かれているという自信が持てないでいた。一方、タバサは母を救い出そうと、単身母国ガリアへと向かい――。大人気の異世界使い魔ファンタジー、第10弾!

2007/01/12 10:38

投稿元:ブクログ

アンリエンタフラグが立ったと思ったら仲たがい。最近ルイズとシエスタの影が薄いと感じるのは、タバサが真のヒロインだからさ!!というのはタバサ好きである私の願望。

2007/06/03 00:53

投稿元:ブクログ

ハルケギニアに伝わる御伽噺がある。
それはイーヴァルディの勇者と呼ばれた、特別でもなんでもない、単なる英雄譚だった。
けれど少女は待っている。自分を救い出すイーヴァルディの勇者を。
多分イーヴァルディは虚無とも関わりのある話なのでしょう。ベタベタ。

しかしエルフがここまで脅威に扱われる作品も珍しいなぁ。

2007/01/07 15:25

投稿元:ブクログ

えーと。悪くは無いんですよ。
展開は面白いし、(今回は少なかったけど)ラブコメとバトルが揃ってて。
ただね、読みにくい。なんか文章が読みにくいんだよなぁ。
これがヤマグチ節とすんなり受け入れられるかどうかの問題になってきたなぁ・・・・・・

2010/06/19 08:58

投稿元:ブクログ

テーマは「勇者」ということで、囚われのお姫様(タバサ)を救い出すというベタベタな展開。

剣士や魔法使いは当然の事として回復役やら踊り子がパーティー組んでたり、救出するのにBOSSが居たりとまるでどこぞのRPGゲームのような感じ。

2007/02/14 22:42

投稿元:ブクログ

タバサ編正史といった感じ。ルイズその他のファンの方はちょっとがっかりするかも。大筋としては進歩なく、ルイズと才人の関係も大きな進歩無し。

2007/04/02 22:05

投稿元:ブクログ

前巻はラブコメ路線全開でしたが
今回は結構な冒険でした
読んでてわくわくしました
それででルイズの葛藤が堪らなく可愛い…!
キュルケ大活躍です
僕は何気に彼女が好きです
そして
タバサ,本当に良かった(涙
この先どんな事態が待っているか予想もつかないんですが
信念を曲げずにやることをやりきったという感じがエピローグで流れていてとてもすがすがしい気持ちになりました

2008/01/31 00:10

投稿元:ブクログ

踊り子の衣装の挿絵とか、そーゆー系のが多かった気がする。エルフ強かったね。

「イーヴァルディの勇者」の引用があったり若干読みにくかったかも。韻竜とか変な種
タバサ→→サイトがすげー気になってくる。俺はけっこうタバサが好きなのかな。てか、好きじゃないキャラのが少ないな



2回読んだ。

2010/01/22 21:38

投稿元:ブクログ

この本を読んでまずコルベール先生が生きていたことにびっくりしたし感動しました。
私はけっこうコルベール先生は好きでしたが絶対死んだとと思っていました。
サイト的にはコルベール先生が生きていたことはとても大きなプラスだと思いました。
この異世界の中で唯一と言ってもいいくらいの日本がほんとにあると強く信じてくれていた人でした。
だからキュルケと一緒にサイトとルイズを助けに来た時は鳥肌が立ったし、感動しました。

2010/07/10 09:55

投稿元:ブクログ

2010/07/09~2010/07/09
星4.3

 遂にタバサが大きく活動し始める巻。
 といっても、タバサ"が"動くのは次巻からみたいで、今巻はタバサ"を"動かす話。
 ま、毎回のごとくストーリーティングはよかったと思う。文章力がもう少しなんとかなったら、ラブコメとして☆5、なんだけどなあ。

2010/08/22 18:46

投稿元:ブクログ

もてない男こそが最強という話。
マリコルヌさんには是非とも30歳まで操を死守して、真の魔法使いになって欲しいものです。

2011/01/09 04:56

投稿元:ブクログ

 なんかデルフリンガーにおもいっきしディスペルかけてたけど、奴は魔法で喋ったり出来てるんじゃないの? 何かの伏線か?

2011/01/13 11:47

投稿元:ブクログ

連れ去られたタバサとそれを助けようと立ち上がる騎士団。
 そして現れたエルフの力は。

 今回はコンパクトにまとまり面白かった。
 タバサ萌かな。

2010/12/10 13:02

投稿元:ブクログ

シリーズを11月中ごろから読み始め、やっと10巻目。
ルイズと才人のすれ違いっぷりには、ある意味感動。
才人のハーレム状態がすごい・・・。

MF文庫J ランキング

MF文庫Jのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む