サイト内検索

詳細検索

送料無料

全品ポイント2倍(~7/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 千里眼The Start
千里眼The Start(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 37件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.1
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/284p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-383602-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

千里眼The Start (角川文庫)

著者 松岡 圭祐 (著)

日本最強のヒロインが活躍する「千里眼」シリーズが、装いも新たに角川文庫に登場!元航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットにして、現在臨床心理士の岬美由紀。胸に大きな悲しみを抱え...

もっと見る

千里眼The Start (角川文庫)

555(税込)

千里眼 The Start

540(税込)

千里眼 The Start

ポイント :5pt / 紙の本より15おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

日本最強のヒロインが活躍する「千里眼」シリーズが、装いも新たに角川文庫に登場!元航空自衛隊初の女性戦闘機パイロットにして、現在臨床心理士の岬美由紀。胸に大きな悲しみを抱えつつ、事件に立ち向かう等身大の女性の活躍を、よりリアルに、より繊細に、そしてよりダイナミックに描く。緻密な伏線と鮮やかなどんでん返しで累計400万部を超える人気シリーズ、伝説の新たな扉を開く書き下ろし最新作第1弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー37件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

千里眼、再び。

2007/02/20 20:44

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ひろし - この投稿者のレビュー一覧を見る

岬美由紀が帰ってきた!とうとう始まった、ファン待望の新シリーズ第一弾!である。その名も「The Start」!うほー!
とにもかくにも飛び込んでみて、千里眼ファンはきっとみな驚かされる。これまでのシリーズで、美由紀の得意技としてきた目の動きでその人間の心中を読んだり、幼少時への逆行を試みる事でトラウマを除去したりというのが、初手から否定されているのだ。一瞬、違和感を感じるが、ああそうかと納得。心理学の成長とともに、物語も成長しているのだ。
美由紀が臨床心理士として使う、色々な技法。これが常識に反していてはこの物語、ちっとも面白くない。あくまでリアルに人間の特性をとらえた技法であるからこそ、読む側はうむむとうならされるのだ。であれば当然、リアルが変われば物語りも変わる。当然の事だ。
だけれど、これは言うほど簡単じゃ無い。美由紀はあくまでスーパーマンだ。リアルを踏襲しながらも、やはり有り得ないスーパーマンでいてもらわないと困る。そのすれすれの線をもう、ものの見事に描き出している。
ページ数がこれまでより少なかった分、こぢんまりとした感があったが、「何かが始まる感」は十分に感じさせてもらえた。「千里眼の新シリーズ」というより、「千里眼の真シリーズ」を期待させるのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/10/24 09:12

投稿元:ブクログ

クラシックシリーズ、ミドリの猿より断然こちらの新シリーズのがおもしろかった!

岬美由紀の自衛官辞めて臨床心理士になるまでの間。
色々葛藤あり。
完全版に名前だけでてきた舎利佛先生出てきます。


@手持ち本

2007/10/09 22:12

投稿元:ブクログ

今更読み始めました。
面白いんだけど、物語の展開がわたしにはいささか早すぎ。
もー少しじっくり書いて欲しいかな。

2007/02/18 22:06

投稿元:ブクログ

千里眼シリーズが、出版社を変えて再開されることとなりました。前シリーズの続きということでなく、主人公の経歴など、前シリーズと、ある程度オーバーラップさせながら、別のお話になっており、臨床心理士の資格をとるまでのエピソードと、旅客機の爆弾テロを防ぐお話でした。
新シリーズでは、心理学の最新情報も織り込んだとのことで、これまでのシリーズで定番のようにあった「右上を見たら見覚えのないものを想像していて、左上を見たら以前に記憶をしたものを思いだしている・・・」も、あっさり否定してくれています。ずいぶん勉強しているというか、けれんみがない点は好感をもちました。
それにしても、かなり意外な真犯人でしたが、松岡さんの小説では、犯人が馬脚を現す前と後とで、あまりに人物像の落差が激しすぎるところがあると思います。そこまでしなくとも。。。とか、却ってリアリティがなくなってしまうように感じます。2007/2/7

2007/09/21 08:53

投稿元:ブクログ

弟オススメ、というめずらしいことを言うもんだから読んじゃった。しかし…、セカチューを買って読む彼とワタシとの好みの差をもっと考慮すべきやった…うぅ。「千里眼」岬美由紀ができるまでの展開が正直強引…かな。美由紀以外のキャラの作り込みが雑、です。マメ知識は得られたけど…そういうものは(あくまでワタシは)小説に求めないしなぁ テレビドラマの脚本のようでした。美由紀一人が善で、完璧で、正しくて笹島初め脇役はおなざり、という印象を受けました。主人公が引き立つように(わざと一方的で独善的な)セリフを吐いているような…。セリフ(会話)で状況を説明しすぎ。心理学+「人の感情(≠ココロ)が見えてしまう」ということに対する主人公の葛藤も航空業界の隠蔽体質という着眼点はいいと思うだけに…惜しいです 

2007/05/24 12:58

投稿元:ブクログ

トラウマは本当に人の人生を左右するのか。両親との辛い別れの思い出を胸に秘め航空機爆破計画に立ち向かう岬美由紀。その心の声が初めて描かれる。
アクション控えめの上品な仕上がり。少し強引な面も感じるが、それはそれとして相変わらずのおもしろさ。

2008/10/03 11:47

投稿元:ブクログ

うわ〜
この千里眼は、小学館で出てた旧シリーズとは、まったく違うんだ!!
書き下ろし。と書いてはあったけど。

岬みゆきは、ただただ、強くて
自衛隊幹部候補生で、防衛大首席で卒業。
パイロットで、臨床心理士に転向してからもスキがなく
一瞬にして、人の感情を読み取ってしまう。

が、その岬みゆきの、臨床心理士へ、なぜなろうとしたのか。
そこには、何があったのか。
臨床心理士になるまでに、どんな苦悩があったのか。
そこで関わる、一人の精神科医がいるのだけど、その医師(笹島)のおかげで
「トラウマ」について学ぼうと決心した岬みゆき。
そして、その医師によって、あらゆる感情を体験したみゆき。

最後は、度肝を抜くような事件が、やっぱり起きるんだけど
岬みゆきの起点で回避。
そして、その結末は、笹島が、どう関わっていたのか。
うううう〜ん、何度書き直しても、やっぱり裏切らないね、松岡圭祐さん。
これは、まったく新しいシリーズとして読むべきだね。

2015/04/05 22:03

投稿元:ブクログ

 航空自衛隊で二等空尉パイロットである岬美由紀は、上司の命令を無視して被災地の楚樫呂島に救難ヘリを飛ばしたことを糾弾されていた。リエゾン精神科医の笹島雄介が、その行動は美由紀が2年前に両親を亡くしたトラウマから起こったものだと分析したが、美由紀はそれに反発。そして自分をかばって失職することになってしまった板村三佐を復職させるために、臨床心理士の資格取得を目指す。

 基本的な設定は残したまま、全く新しい話が綴られる新シリーズ。友里佐知子の紹介(本人は登場せず)で、舎利弗浩輔の元で心理を学び始め、すぐに驚異的な才能を発揮して学び続ける美由紀。しかしそんな美由紀が唯一理解できないのが自分に向けられる恋愛感情ということで、やっぱりそこには疎いのか…と思いきや、旧シリーズとは違って、普通に恋もし始める。アクションも控えめで、超人さはちょっとマシになっているらしい。今回はその恋も悲しい結末に終わってしまうが、どんでん返しもあり、次に期待がもてる読後感だった。

2007/05/05 14:48

投稿元:ブクログ

もう一度・・・設定を変えていないから楽かも〜自衛隊を辞めるきっかけを作った精神科医のトラウマ理論に反発した岬美由紀は臨床心理士を目指す。表情筋の読み方は動体視力抜群の彼女にうってつけ。週刊誌の航空機爆破予告暴露記事を追っていき,高度600m以下になると爆弾が爆発することを見抜き,松本空港に着陸。犯人は精神科医だった〜千里眼の新シリーズだが,大きな事件の合間合間にあったことを書いていくのだろう。それにしても,標高650mの松本空港を犯人が見落としていたならアホだ!!・右上を見たら見覚えないものを想像していて,左上を見た場合には以前に記憶したものを思い出している・・・というのは嘘・・・食べたものを口に入れたと同時に,少し上唇があがって,左右非対称になるのは嫌悪を感じたから・唇の両端が下がっていると同時に両頬が持ち上がり,視線が下向きになるのは罪の意識を感じている・口角が下がり両頬が持ち上がっているのは悲しみの感情・上瞼が上がり,口が開いた状態で唇が左右に水平に伸びるのは脅え・目が輝かせ,微笑を浮かべるのは愛情・驚きは目が見開かれて眉毛が上がる・びっくりは目を細めて眉毛が下がり唇はきつく結ぶ・眉と頬に表れる眼鏡筋が収縮するのは心から嬉しいとき・軽蔑は顎が上がって下唇が突き出され,唇の端が引きつり僅かに吊り上がる・下瞼が緊張した状態で眉毛を上げ目を見開き顎を下げ口を開け唇を左右に伸ばすのは不測の事態に対する警戒・頬筋が左右のバランスを欠きひきつるのは嫌悪あるいは瞬時の不快感・大頬筋と眼鏡筋が同時に収縮しているのは惚れている・・・携帯で111とダイヤルし電源を切ると着信テストができる・プッシュホンで184−090−310−1655でドコモのメールセンターを呼び,相手の電話番号と*2*2,11でア21でイ・・は古のポケベルと同じ・・・という豆知識付き

2008/01/25 01:23

投稿元:ブクログ

臨床心理学かじっている身としては気になるシリーズだったので読んでみた。ら、これは新シリーズなんですね。小学館文庫の方が旧かな?でも臨床心理士の体制など、ちゃんと現実に合わせて書き直しているらしいので、参考に読み続けようかな。
内容は、突飛な主人公のお陰で「ありえない」感じがなくもないですが、専門知識をうまく使っていてなかなか面白かった。ただ39キロは細すぎるんじゃないか…?苦笑。あと、数ページごとにぶつぶつ切れる構成は正直あまり肌に合わなかった。

2007/02/18 16:02

投稿元:ブクログ

元自衛官、現臨床心理士の主人公が自衛隊時代に身に付けた技術と臨床心理士として身に付けた相手の表情から感情を読みとる能力を駆使して、航空機爆破テロを阻止しようと奮闘する。新シリーズ第1段!

今回、はじめて千里眼シリーズを読みましたが、前シリーズを読んでいなくても、充分に楽しめる作品だと思いました。主人公が千里眼と呼ばれるまでの経過が書かれているのも、初めてこのシリーズを読む人には分かりやすくていいと思います。
同姓としてかっこい主人公が活躍する姿は、読んでいてとても気持ちがいいです。

2008/08/23 19:45

投稿元:ブクログ

えーと、「催眠」が、全然、わたしにはあわなかった松岡圭祐です。

次があわなかったら、バイバイしようと思って「千里眼」を読み出そうとしていたのですが、角川の方で、新シリーズがはじまったということで、最新作の方が面白いだろうということで*1、こっちを読み始めました。

で、感想ですが、これは面白かったです。

まあ、やっぱり、キャラクター的にしっくりはこないところもあるんですけどね。主人公が、女の子(?)だから採点が甘くなっているのかもしれませんが。

相手の思考を表情から読み取るというのは、「催眠」に比べれば確かにリアルになったのかもしれませんが、あり得ないままです。

だいたいにして、人に本当に「そんな感情があって」、「そんなことを考えている」というのは、実は本人以外にには知りようがない(というか、本人にすら知りようがない)。
その表情が、その感情を表しているとしたら、それは、「その表情」と「その感情」が、イコールで結ばれているわけではなくて、「その表情」をする感情を総称して「その感情」という名前で呼んでいるにしかすぎないのです。

えーと、あんまり上手に説明できないなぁ。
まぁ、ある程度は統計的には大雑把な感情はわかるかもしれないけれど、思考まで読み取ることは無理ということです。

にもかかわらず、コレが面白かったのは、「千里眼」と呼んじゃうことで、もうそういう理屈はすっとばして、「超能力」なんだということをわたしが理解したからだと思います。

そう、これは、筒井康隆の七瀬と同じような超能力者の物語なのです。
しかも、普通、そういう超能力は、人にはばれていけないのに、世間的に有名になってしまっている。思えば、けっこう悲惨な状況かも。

でも、それにもほとんどめげず(このあたりに、わたしの共感を阻むものがある気がする)、事件を解決していく。
頭脳派なだけではなくて、肉体派のヒロイン。

今、女・九十九乱蔵という言葉が、閃きました……。いや、乱蔵の方が、もっと深いんですけど。

ということで、小学館のシリーズではなく、この角川のシリーズに、しばらくの間つきあってみようと思います。

2007/03/07 23:53

投稿元:ブクログ

<内容>
岬美由紀、新登場! 角川文庫へ活躍の場を移してのシリーズ新境地!
トラウマは本当に人の人生を左右するのか。両親との辛い別れの思い出を胸に秘め航空機爆破計画に立ち向かう岬美由紀。その心の声が初めて描かれる。シリーズ累計400万部を超える超弩級エンターテインメント最新作!

2007/05/02 19:27

投稿元:ブクログ

初めて千里眼シリーズを読みました。岬さんがものすごくかっこいいです。完璧すぎるとはこのことでしょうか?実際にいなさそうだからこそ、面白いのかもしれません。前シリーズもたくさんあるので読んでみようかなと思っています。

2008/05/08 09:04

投稿元:ブクログ

千里眼新シリーズの第一弾!旧シリーズをウマく一度リセットした状態ですんなりと物語に入れます。
短いので物足りなさは残りますが・・・

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む