サイト内検索

詳細検索

紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

亡者のサーカス(ヴィレッジブックス)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

亡者のサーカス (ヴィレッジブックス アニタ・ブレイク・シリーズ)

著者 ローレル・K.ハミルトン (著),小田 麻紀 (訳)

妖美なマスター・ヴァンパイア、ジャン=クロードに心を囚われたままのアニタ。ヴァンパイアを狩る側なのに、その絆はおいそれとはアニタを放してくれない。そんななか、きわめて強力...

もっと見る

亡者のサーカス (ヴィレッジブックス アニタ・ブレイク・シリーズ)

1,015(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

妖美なマスター・ヴァンパイア、ジャン=クロードに心を囚われたままのアニタ。ヴァンパイアを狩る側なのに、その絆はおいそれとはアニタを放してくれない。そんななか、きわめて強力な力を持つヴァンパイアが首謀者と見られる集団殺人が立て続けに発生した。警察と捜査にあたるアニタは、犯人捜しのヒントを得るため、ジャン=クロードの店を訪れる。そこで出くわしたのは、意外な事件と、もうひとりの運命の人リチャードだった!—ジャン=クロードとの絆は断ち切れるのか?リチャードとの恋は成就するのか?ロングセラー・シリーズ、待望の第2弾。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/11/04 13:59

投稿元:ブクログ

一作目より話も文も断然魅力が増しています。化けた!というのが正直な感想。ダラダラ感が見事に消えた…!『血の絆』を巡るジャン・クロードとアニタの駆引きに引き込まれます。続きが気になる!!

2008/06/06 20:24

投稿元:ブクログ

2008年6月6日再読完了。

3巻を読んだ後、1巻を再読して2巻に来ました。
読み返してみると・・・ジャン・クロードって、実は何もしてない?
やはりエドワードのプロフェッショナルぶりっていうか、へんな人ぶりが際立って素敵でした。

2007年2月1日読破。
このシリーズは本当におもしろい。吸血鬼ものと言っても人狼は出てくるし、ラミアは出てくるし、わけのわからない化け物だらけです。そして人間も癖のある人ばかり。
主人公は女性なのに、これでもかこれでもかというくらい普通なら一回で死んでるような目にこの1冊の中ですら何回もあっている。手に汗握り続ける展開に、分厚いこの本があっという間に読めました。
早く続きが読みたい。

2007/03/25 01:16

投稿元:ブクログ

本屋で見つけて即買!
ヴァンパイアっていう言葉に惹かれて。笑
面白かったです!
ヴァンパイアだけじゃなくて人狼とか色々でてくるんです!
毎回ドキドキです!ってもまだ翻訳2冊しか出てないのですが。
アニタとジャン・クロードとリチャードの関係が気になります。

2008/02/23 18:26

投稿元:ブクログ

ラスト・バトルの結末が訳わからない。
いろんなモンスターが次々と出てきて面白いではあるけど。
主人公は吸血鬼の口づけから、まっさらになるけど前途多難なのは間違いなし。
さて、どうなる事やら。
とりあえず、続きにはまだ期待できるかな。