カレンダー全品ポイント5倍(1001-31)

喪の女王 5(コバルト文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: コバルト文庫
  • サイズ:15cm/289p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:978-4-08-600874-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

喪の女王 5 (コバルト文庫 流血女神伝)

著者 須賀 しのぶ (著)

ユリ・スカナの新女王となったネフィシカに幽閉されたカリエ。さらに女王はカリエの娘セーディラとエドを手に入れようとサルベーンを追手として遣わしていた。それを知ったカリエは、...

もっと見る

喪の女王 5 (コバルト文庫 流血女神伝)

576(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

ユリ・スカナの新女王となったネフィシカに幽閉されたカリエ。さらに女王はカリエの娘セーディラとエドを手に入れようとサルベーンを追手として遣わしていた。それを知ったカリエは、なんとか宮殿を脱出しようと女王の妹であるグラーシカに取引を持ちかける。その頃、グラーシカが不在のルトヴィア帝国では、皇帝ドーンの新たな施策に不満がつのり、激動の時代が訪れようとしていた—。【「BOOK」データベースの商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

ユリ・スカナの民も結構不幸だと思う

2009/11/09 18:08

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くまくま - この投稿者のレビュー一覧を見る

 表舞台に立てなくなった結果、カリエの直接的な影響力が小さくなって、頼る・祈るというのが取りえる最大の行動になってしまった。無謀な行動力が特徴の人物だったので、何か落日の感がある。一方、エドにも変な役割が割り当てられ、最後の切り札的なポジションになったけれど、一国の権力者を相手取って、剣一本でどう立ち向かうのか?
 ルトヴィアの惨状ばかりが目立っているけれど、神に頼る統治者を持ったユリ・スカナの民も結構不幸だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/16 01:53

投稿元:ブクログ

イーダルとエドの変さ(タイプは違うけど)を再確認笑。
そういやトルハーン何してるんだろ。
サルベーンの幸の薄さがね・・・
エリジスタ夫人の誇りを取り戻すとこでなんか泣けた。こーゆー覚悟の仕方にすごく弱い。須賀しのぶって感じ★
バルアンがもう敵としてしか出てこない雰囲気が悲しいっ・・・

2008/01/04 12:17

投稿元:ブクログ

サルベーンの考えていることが、やっと、なんとなく、わかった気がする。
それまでは、ふらふらと不規則に行動しているように見えた。

2007/02/12 14:56

投稿元:ブクログ

何が良いと言えば、さらっと出てくるエドの親バカが実に良い。・・・何だね君はっ?君は実はそんなに面白いキャラだったのかねっ?!―セーディラが生まれてから、己の中で比較的低かったエドの位置は急激上昇です。

2007/02/06 03:07

投稿元:ブクログ

最新作。
リアルタイムで読んでいますがここまで長くなるとは。カリエもエドも年は取っても変わらない関係って羨ましい。多分ないだろうけど、この2人がくっつくのは絶対に止めてほしいと思います。
ところでこれサバイバル・ファンタジーという括りで良いのか?

2007/02/12 15:04

投稿元:ブクログ

ぜんっぜん展開が読めなくて、毎回うわーって言いながら読んでる。
ミュカが出てくると嬉しい私はあの手のキャラに弱い。

2008/02/01 19:08

投稿元:ブクログ

新しくユリ・スカナ女王となったネフィシカに、カリエは幽閉される。ネフィシカはサルベーンを使って、エディアルドとセーディラまでも手に入れようとしていた。
 一方、ルトヴィアではドムトリアスの政策への不満から、国中が荒れていた。
 
 今回は暗くて重めです。サルベーンが裏切りのような行動をしたり、イーダルが本性をさらけ出したり、ミュカが市民ともめたり、しかもドーンがサルがっ!

2012/04/10 20:51

投稿元:ブクログ

表紙が誰なのかは、読み終わるとわかる。
ネフィシカは、憐れんで傷をなめあい、それで絆を作り女神のもとでひとつになりたいみたい。
憐れみが気持ち悪い。
サラは最後には誇りを取り戻して、嬉しい。
一緒にいることが望みではなく、相手の望みを叶えてやること、と本心で言えるサラならば、グラーシカとも和解できるはず。
グラーシカは自信喪失中で、どう自分を取り戻すのかなあ。
カリエは嘆くのをやめ、来るべき時に備えて体力を蓄える。何度でも立ち上がり、自由な逃亡者となる。光のようだ。
サルベーンはもうだめだね。自分では止めることができないのだろう。

2012/03/07 02:54

投稿元:ブクログ

これはサルベーンの巻だった。サルベーンとエディアルドは対をなしている。不器用だが真っ直ぐで強靭な精神力を持つエディアルド。揺らがない人だ。身の内に闇を抱え、罪を犯し続け、苦しみ続け、神に焦がれ憎み続けるさまようサルベーン。そして、神に対して誰でも戦える。