サイト内検索

詳細検索

カレンダー全品ポイント5倍(1001-31)

闘王(ハヤカワ文庫 JA)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/314p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030878-0

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

闘王 (ハヤカワ文庫 JA グイン・サーガ)

著者 栗本 薫 (著)

剣闘士として闘技会に出場しはじめたグインは、たちまちのうちに頭角を現わし、対戦相手を次々と倒してゆく。そしてタイスの四剣士のひとり、青のドーカスを打ち破る。試合後、グイン...

もっと見る

闘王 (ハヤカワ文庫 JA グイン・サーガ)

583(税込)

グイン・サーガ112 闘王

432(税込)

グイン・サーガ112 闘王

ポイント :4pt / 紙の本より151おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

剣闘士として闘技会に出場しはじめたグインは、たちまちのうちに頭角を現わし、対戦相手を次々と倒してゆく。そしてタイスの四剣士のひとり、青のドーカスを打ち破る。試合後、グインをたずねてきたドーカスの真摯な態度に心を動かされ、グインは自分が本当にケイロニアの豹頭王であることを明かす。さらに残りの四剣士、赤のガドス、黒のゴン・ゾーをも打ち倒したグインに、白のマーロールが放つ怪しの技が襲いかかる。【「BOOK」データベースの商品解説】

【日本SF大賞(第30回)】【星雲賞日本長編部門(第41回)】【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

脱出劇

2007/02/14 19:46

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:にい - この投稿者のレビュー一覧を見る

マーロールとの決着もつき、何とかタイスを脱出しようとするグイン一行
しかし、思いもよらぬアクシデントが発生し・・
足かせとなるものがあまりに多く、グイン一人の力ではそう簡単には逃げられそうにありません
戦いでは向かうところ敵なしでも、半ば人質を取られた状態では思うようにいかない様子
しかし、すっかりいいおじさんになってしまったグイン
ホントにスーティを育てる気でしょうか

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/04/24 06:13

投稿元:ブクログ

武闘大会予選会の最終戦は当然グインが勝ってくれましたが、何やらシコリを残したまま、例によって決着は先送りです。
そのシコリとガンダルとの対決にも心残りはありますが、それよりも早く本筋(パロへの道)へ戻してもらいたく、脱出寸前のあと1歩のところまでいきましたが、そうは問屋がおろしてくれませんでした。
スイランの身元判明させたことで、ご勘弁、といったところでしょうか。
とうとうタリク大公にお目通り。。。となって、以下次巻に続くとなりました。ガンダルとの対決は、まだ数巻先のことでしょうかね。。。2007/4/10

2007/02/09 23:57

投稿元:ブクログ

一歩話が進むかと思わせ、ぐっと力を溜めるがごとくの巻。内容は面白く、あっという間に読んだ。次が楽しみ。今月はグインが年8冊出るとか。

2007/02/12 23:08

投稿元:ブクログ

やっぱり112巻でもタイス編は終わりませんでした。まぁスピードダウンというか、一つの出来事にはまるとストーリーが進まなくなるのはグインサーガの特徴ですし、それもまた楽しいと思って読まないと。
 以前から怪しげな動きをしていたスイランの正体がようやく明かされます。タイスからの脱出行のはずだったのですが、結局元の木阿弥に。最強戦士のガンダルを出さずにタイス編が終わってしまう方がもったいないので、これはこれで良しとしますか……
 で、ホントに栗本さんは200巻続けるつもりなんですかねぇ。年齢や健康状態を考えるとグインだけは未完で終わらせて欲しくないので、もう少しペースアップ(刊行速度じゃなくてね)して欲しいなぁ。

2008/07/13 17:46

投稿元:ブクログ

まだまだ、タイス篇です。

スイランの正体があきらかに。
まあ、そうだわな。

でも、この人が、なんでこのタイミングで正体を現そうとしたのかは謎。
邪魔なだけじゃないか??

2007/06/10 22:57

投稿元:ブクログ

闘王の座を手に入れたグインだが、これ以上目立つのはまずいと(既に充分以上に目立っていると思うが)脱走を図る。しかし予期し得たはずの出来事を見落としていたため、ふたたびタイス伯の手に落ちる一行。そしていよいよ最強戦士ガンダルがタイスの都に現れる……

2007/02/10 01:17

投稿元:ブクログ

1月にでると思ってたのに、待ってました・・・。グインがしゃべりすぎるのが難点かと思うけど・・・。一気に読んでしまうおもしろさです。無事にタイスを抜けることを祈ってます。

2007/04/18 15:18

投稿元:ブクログ

スイランの正体が明かされる巻。お前らいつのまにスーティのことを知ったんだって感じです(笑) グインはあいかわらずすごいです。

2007/03/31 00:46

投稿元:ブクログ

快楽の都タイスで旅芸人に身分をやつし、剣闘士として闘わざるを得なくなった豹頭王グイン。一刻も早く不埒なタイスを脱出したいが、思い叶わぬまま水神祭の日が近づいてしまう。グインの記憶はまだ戻らないが、傭兵スイランの正体が明らかになったり、剣闘士のドーカスなど味方も増える。特にスイラン、ドーカス両名の心意気に魅せられる巻。表紙はスイランとスーティか。

2007/03/22 23:02

投稿元:ブクログ

「グインサーガ 112 闘王」栗本薫:ハヤカワ文庫

惜しいあと2冊早く読めば…最新112巻。
まだまだまだタイス編は続きます。
白の剣士と決着、青の戦士と再戦、脱出を試みスイランと決闘。
再度『紅鶴城』に捕らわれいよいよ水神祭。
だいぶグインの記憶ももどってきたようですが
目的地パロへは当分足止めの模様。

2007/05/03 20:45

投稿元:ブクログ

作者本人があとがきに書いてるけど、久しぶりに面白かった!グインで楽しく読んだのは60〜70巻代以降久しぶりだった気がするよ!て50冊ぶりかい。自分で自分の付き合いのよさに感心するな(笑)そんなわけで、ここ50冊ほどみんなやたらと話が長くなって、しゃべりだすと昔話を延々繰り広げてて話が進まないよ〜!てのに辟易してたけど、今回はそううだうだしてなかった気がする。本当にな、口数の少ないと言うことになってるグインとフロリーはともかく、リギアちゃんとかもここまでおしゃべりおばはんやったか!?て勢いだもんな。あとマリウスの真価がここに来て明かされたような(笑)まっ、パロにたどり着くにはあと少なくとも10冊15冊ほどはかかると思うけど、今回くらい話が展開してたらいいなあ。クリモト先生、グインを書いてて楽しいのはいいけど、ネバーエンディングにするのはちょっと・・・・・。ちゃんと終わらせて下さいヨ・・・・・。後書きでもその辺考えさせられてなあ(苦笑)しっかしここまでグインが父性愛に目覚めてたのも意外だぜ。

2011/06/19 16:11

投稿元:ブクログ

【概要・粗筋】
マーロールの妖しげな術を破り手傷を負わせたグインは辛くも勝利を得る。タイス一の闘王となったグインは、剣の誓いをした青のドーカスとの遺恨試合の後にマリウスを残しタイス脱出を図る。ところが、スイランが本性を現し行動に移す。

【感想】
タイス編の中では一番面白い買った。といっても、往年の面白さに比べると足元にも及ばないけれど。第二話「闘王」でのドーカスがする二度目の剣の誓いと二人の遺恨試合、そして第三話「脱出」でのグインの激高ぶりと細かい見所があった。しかし、どうも外伝としか思えない。

☆x3.5

2012/04/08 18:38

投稿元:ブクログ

いい感じでまた盛り上がってきた。
スイランの正体はまあ妥当なところか。

つーか、早くパロへ向かおうよ!

2013/09/03 19:31

投稿元:ブクログ

あ~あ、まだまだタイスでの足止めは続くのであった。。。と、本編の進行状況にイラつきつつ“あとがき”を読むと、やはりこの頃から体調が宜しくないようで。お気に入りのスーティ坊やの成長を見届けるまでは死ねないという栗本さんの想いが、今から振り返ると心が痛いです。

ハヤカワ文庫 JA ランキング

ハヤカワ文庫 JAのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む