詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

蟲師 8(アフタヌーンKC)

  • 発売日:2007/02/23
  • 出版社:講談社
  • レーベル:アフタヌーンKC
  • サイズ:19cm/216p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-314442-0

コミック

  • 国内送料無料

蟲師 8 (アフタヌーンKC)

漆原 友紀 (著)

紙書籍

680 ポイント:6pt

発送可能日: 24時間

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

電子書籍

540(5pt) 蟲師(8)

紙書籍より:140円おトク

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「蟲師 8」が含まれるセット商品

虫師(アフタヌーンKC) 10巻セット(アフタヌーンKC)

虫師(アフタヌーンKC) 10巻セット

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.6
4.6
評価内訳 全て(22件)
★★★★★(0件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価4 投稿元:ブクログ

2007/03/23 22:42

■いつもぼーっと読んで、少し考えてまた読み返す感じです。自然は厳しくても優しくても、ただそこにあるだけで善悪の区別はない、とゆー言葉を思い出しました。蟲もそーゆーもんだと思いました。…それにしてももう少しめくりやすい表紙にはならんもんでしょうか…?

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/03 01:52

今回も四季が美しいです。このマンガの冬がとても好きだよ。最後の話、好きだけど、最後にこれってすごいなあ

評価3 投稿元:ブクログ

2007/05/22 09:18

「虫師」の続き? もう喜び勇んで読みまくり。この方の描く、単行本の表紙のようなカラーの質感が相変わらずで素敵。「天辺の糸」に出てくる二人が可愛らしい、かも。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/02/12 13:33

3/20
7巻でストーリーの流れが変わったような感じがして、「あれえ…?」てなってましたが、今巻はいつも通りに感じられて良かったです。やっぱ好き。再確認。
ヌシ様の話と最後の話が、好きです。ううん。今までには余りない形。
映画もすごく楽しみです。でも淡幽は短髪が良かった!

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/17 02:19

作者の方もおっしゃってたが、この巻の最後に収録されている作品は後味が悪め。私の理解が足りてないのだけれど、山に帰れなかったのはおっさんなのか少年なのか。もしも少年なのならば、ほんっとうに!後味が悪い。けど、それも含めてあの世界なのだと思うので、とくに嫌いになることはないな。後味は悪いが。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/02/26 23:48

遥か彼方に忘れてきてしまった、神々との対話が描かれているような気持ちで読んでいます。「蟲」が人を伝って伝えることもあれば、人の心が憑かれた「蟲」によって見えることもある。
そんな、おばあちゃんから聞いたお話を聞いてるような気分になる心が震えるファンタジー。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/05 02:05

好きです。
この独特な雰囲気と世界観?っていうのかな。
アニメにもなったそうですけど、アニメはどうだったのかなー。
ギンコ好きです。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/01 22:41

いつの間にか出てました!
ホント面白いですよね、蟲師!
22世紀に残したいマンガNO1です!
今回始まり具合が7巻と似てて、「やば!思ってるの買った?!」と焦りましたが、そんなこともなく。

蟲師は昭和レトロな日本ぽいと頃を舞台に、「蟲」が引き起こす様々な怪異と出会っていく話です。主人公の蟲師ギンコは、ほんと渋くてかっこいいんですが、ちょっとスナフキンぽいな、とかも思う今日この頃。
蟲とかかわる人々と、その人たちの日常が非日常であったり、それを指摘しなければいけないギンコさんと人々とのやりとりとか、淡々としつつも深く暖かいです。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/04/09 14:52

一年に一冊しか出ないのが惜しい。絵も線画細くなってだんだんキレイになってるし独特な世界観、雰囲気は今も健在だと思います。今回も切ない話ばかりでした。けど初期の巻数の方が個人的に好きかも。関係ないけど読んでるうちにいつも背表紙辺りが折れる…。これはこれでオシャレだけどジャンプみたいにもう少し柔らかい紙の方がいいなぁ。原作もいいけどアニメもとても好きです。音楽も最高。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/03/24 10:32

蟲という妖怪のようなものにまつわる、不思議な世界な話、切なかったり暖かかったり、しんみりいい話ばかりです。アニメも素敵な時間の流れを味わえます

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/17 00:10

いきなりギンコが行き倒れててびっくりした巻。『冬の底』が好きです。『泥の草』がかなり怖い!この巻の表紙絵がお気に入り。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/11/26 11:13

人間も自然の一部、利用するだけでなく利用される側でもあるのです「冬の底」主が悟りの領域です 蟲師にしてはめずらしくホラーな話「泥の草」

評価5 投稿元:ブクログ

2008/03/12 07:45

潮わく谷(うしおわくたに)
冬の底(ふゆのそこ)
隠り江(こもりえ)
日照る雨(ひてるあめ)
泥の草(どろのくさ)

評価5 投稿元:ブクログ

2007/08/04 16:26

 もう大好きです。
 絵と話と世界観が絶妙にマッチしていて、切なかったり愛しかったり哀しかったりという、静かな感情が味わえます。ただそこに存在している「蟲」と、ただ存在しているだけではいられない「人」。どちらが良い・悪いではなく、「そういう存在」として受け入れ見つめている眼差しを感じるにつけ、「ホンマ好きやわ〜」と思うのです。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/11/11 14:44

ただ深々と静かに降り積もるように圧倒的に―水彩の美しさとどこか仄暗い世界観にきゅんきゅんします…!蟲と蟲師と人と―不思議な世界にどうぞごゆるりと

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 24時間 納期・配送の目安について

  • 買い物カゴに入れる

    ギフト購入する

    購入前にご利用中のデバイスが
    対応しているかご確認ください。

    PC iPhone iPad Android

    電子書籍版を立ち読みする

    hontoアプリの確認

    立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

    • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

    最新の「honto」アプリをご利用の方

    立ち読みする

    最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

    hontoビューアアプリ

    ビューアアプリについて

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.