詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 経済・ビジネス
  4. 打つ手は無限 変貌する社長業

打つ手は無限 変貌する社長業

  • 発行年月:2007.2
  • 出版社:サンマーク出版
  • サイズ:20cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-7631-9740-5

  • 国内送料無料

打つ手は無限 変貌する社長業

牟田 學 (著)

紙書籍

2,160 ポイント:20pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

成功も繁栄も、執念と思い込みの通りになる…。40年にわたり11万社にのぼる企業の経営指導に命を賭けてきた著者が贈る、自分を磨き、事業を大きくするための考え方と物事のとらえ...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

成功も繁栄も、執念と思い込みの通りになる…。40年にわたり11万社にのぼる企業の経営指導に命を賭けてきた著者が贈る、自分を磨き、事業を大きくするための考え方と物事のとらえ方。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

牟田 學

略歴
〈牟田學〉昭和13年佐賀県生まれ。社長専門コンサルタント。日本経営合理化協会設立。同理事長。玉川大学大学院教授。著書に「社長業実務と戦略」など。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.9
3.9
評価内訳 全て(10件)
★★★★★(3件)
★★★★☆(3件)
★★★☆☆(0件)
★★☆☆☆(2件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/02 09:56

社長専門コンサルタントの牟田 學の新刊です。

自分を磨き、事業を大きくするための考え方、物ごとのとらえ方が書かれています。

経営者、これから起業したい方にお薦めの本です。

《私は仕事柄、長い間、社長の職にある人や政治家を友人やお客様にしてきた。日本で一番多く、成功者たちにあってきたと思っている。》と自負している著者が書いていますので、実例を具体的に書かれており、たくさんのヒントに溢れ、これからも「打つ手は無限」と感じました。

また事例だけでなく、考え方も書かれており、経営に役に立つだけでなく、人生の指針にもなります。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/06/09 23:28

とてもすばらしい本でした!!
具体的な業種ごとの例をもとに解説されており、また覇道、王道の解説もとてもわかりやすく、今後のビジネスでの考え方にとても役に立つと思います。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/03/11 17:46

色々な業種で、こんなことが考えられると実際に仮説と実情を紹介しているところが面白かった。
社長じゃない自分でも、こんなことをしたいと考えている時に、この本を読み返すと何かしよう、チャレンジしたいとその気になる、何度も読み返したい本です

評価2 投稿元:ブクログ

2007/12/07 23:40

著者は、社長業に対するコンサルティングを仕事にしているらしく、彼の本業への広告本である気がする。小田急線や、新百合ヶ丘の話が出てくるので、親近感がわくが、わたしが参考にできる話は無かった。

評価0 投稿元:ブクログ

2011/02/02 04:09

数ヶ月前に買っていながら、やっと読みました。
たまたまアマゾンで見つけた、社長専門コンサルタントの牟田さん。
自らも数社のオーナー経営者をされているだけあって、幅広い見識と知識、
それに先見性を感じました。

情報とは、情を報せる世界。
目から鱗。
そっかー。そうだよなー。
と1人納得。

WEBサイトも情報を集めたモノ。
紙媒体で作る会社案内やチラシとはまた違う情放伝達媒体。
そう考えると・・・色々考えさせられます。。
勉強になりました。

評価4 投稿元:ブクログ

2010/06/12 10:38

尊敬するI社長から頂いた、牟田先生の「打つ手は無限」を読んだ。
感想としては、「仕事にためになる本」でした。

市場がどんどん変化する中で、その変化を捕らえる感性を磨いて、会社の繁栄の為に、次の一手を打つことの大切さを痛感しました。
社長は何をしなければいけないか!

良く考えろ!
そして、思い切り実行して、成功させるぞと強く思う執念が必要なんだと感じさせられた。

僕達会社も、今まで時代の流れに乗って、売上を伸ばすことはできましたが、この地域だからこそできるビジネスで、差別化を図っていければと思いました。

しかし、先人の成功者が読んでいる本は、本当に共感させられることが多く、今後もいろいろな人が読まれた本を調査してみたいと思います。

評価2 投稿元:ブクログ

2015/12/29 18:46

お客様をとらえる目線がズレているとどんなに努力しても商品は売れない
欠点や不便は全分野に起こることであり、その全てが事業の起源となる
自分が自分自身に課した創業時からの強い思い込みのとおりにかならない

評価4 投稿元:ブクログ

2012/04/04 22:44

知性(物事を正誤で判断)、感性(五感)、霊性(第六感)、のすべてを鍛え役立たせることが大切。
革命的なことを起こした人は、狂人が多い。狂人を作るには、大勢の最大公約数をとるのではなく、一人に任せて突出したアイディアを採用していく必要がある。
端的には、覇道は量を追求し、王道は質を追求するということ。覇道よりも王道を追求したいと思う。

数々の事例を扱っているが、事例ごとの内容は薄い。

評価4 投稿元:ブクログ

2011/12/24 11:17

この本のタイトル『打つ手は無限』を座右の銘にしている人は多いのではないでしょうか。私もその一人。
 『打つ手は無限』という言葉を唱えたのは、千葉船橋の中小企業経営者滝口長太郎氏。中小企業とは言っても、問屋、不動産、レストランなど多角的な経営を行っていたいわば実業家です。著者は滝口氏の事を父親のように慕い、多くの事を学んだ事からこの言葉を本書のタイトルにしたとのエピソードも。
 本書には、実に多くの業種の今と昔、そしてこれからどう変貌して行くかが詳細にかつ分かりやすく記載されており、なるほどなと思うアイデアから、“基本的な極意”まで、その全てにオリジナルのエピソードを交えつつ持論を展開しています。さすが様々な業種に触れているだけあり、私はこの本をまるで業種別インデックスを引くかのように検索、情報収集を楽しみました。
 本書の中で、筆者は“繰り返し”の重要性を強く主張しています。
1章第4節住宅、建設、不動産業の変貌では、住宅業界を今後の有望な成長産業をした上で
安定とは「繰り返し買ってもらうシステム」と表現。
なるほど繰り返しの中に安定を見いだすのか。では、繰り返しを生み出す為には何をすべきなのでしょうか。その答えは、京都とディズニーランドにありました。
第2章2節「遊び」の変貌と戦略ー「繰り返し」が繁盛の決めてーP129
~一過性のものは、何の商売でも厳しい。特に、大きな投資を行う事になるレジャーやリゾート開発は、一種の施設産業であるから、繰り返し、繰り返し、幾年も同じお客様に可愛がってもらわなければならない。~
 つまり、京都もディズニーランドもバラエティに富んでいるからこそ“安定”しているのだ。と。安定を求めるということは、変化を求めるという事に等しい。とはなんとも逆説的な話ではないですか。この二つの違和感を見事に融和してくれたのが、あとがき。筆者はここに、ダーウィンの進化論を引用します。
~種の存続条件、最後に残って栄えるものは、厳しく、激しい数々の環境や状況の変化に耐え、弾力的に沿っていくものだけである。~
多くのビジネス書で語られる“進化論”、変化を受け入れたものだけが生き残れる。と環境に対して受け身な変化を説く本は数あれど、『変化そのものを能動的に起こして行く』企業=生物としての生き抜く本能を安定とするまさに“攻撃は最大の防御”的視点は、読了感が清々しく良いです。

ちなみに、今年は平成23年。今読んでも十分に面白い。

評価0 投稿元:ブクログ

2014/04/15 20:57

実名を挙げて経営手法を紹介されているためイメージを持ちやすい。実現への信念がすべての根源であるが、それを土台とした様々な努力を必要とする、ということであると理解。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.