詳細検索

暮らし実用&児童書絵本ポイント3倍(エントリー)(0520-29)

現代人のための脳鍛錬(文春新書)

  • 発行年月:2007.2
  • 出版社:文藝春秋
  • レーベル:文春新書
  • サイズ:18cm/195p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-16-660555-2

新書

  • 国内送料無料

現代人のための脳鍛錬 (文春新書)

川島 隆太 (著)

紙書籍

767 ポイント:7pt

発送可能日: 購入できません

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

「脳トレ」ブームの火付け役・川島隆太教授が、ビジネスマンからお年寄りや子どもまでのあらゆる世代に贈る、今日から始めて生涯使える決定版「脳の鍛え方」。この一冊で、脳力「格差...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

「脳トレ」ブームの火付け役・川島隆太教授が、ビジネスマンからお年寄りや子どもまでのあらゆる世代に贈る、今日から始めて生涯使える決定版「脳の鍛え方」。この一冊で、脳力「格差」を生き抜き、人生の「勝ち組」になる!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

川島 隆太

略歴
〈川島隆太〉1959年千葉市生まれ。東北大学大学院医学研究科修了。東北大学未来科学技術共同研究センター教授。「脳機能イメージング研究」の日本における第一人者。著書に「天才の創りかた」など多数。

関連キーワード

ユーザーレビュー

全体の評価 3.4
3.4
評価内訳 全て(5件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(0件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価3 投稿元:ブクログ

2008/03/22 18:04

脳トレで一躍有名になった、東北大教授の川島隆太氏。
体を鍛えるように、脳も鍛えなさい、と。
生活のちょっとした工夫で脳も鍛えられる。

評価5 投稿元:ブクログ

2011/11/06 08:27

チェック項目22箇所。単純な音読や計算が脳を活性化させる。最初に改善されるのが非言語コミュニケーション力。表情。次に言語コミュニケーション力。会話、挨拶。要求。身辺自立能力。難しい教材を渡してはいけない。実践にはエラーレス・・・こんなやさしい教材もできない自分に気付いた途端プライドが傷つき、引きこもる。週3日では足りない。週4日でやや効果あり。即時フィードバック。すぐに採点する。コミュニケーションをとるのが目的。認知症になると本人はわけがわからなくなって・・・誤解。本人はわかっているなにもできない自分を。脳のしわは生まれたときから変わらない。人間とは前頭前野が発達した生き物。カラスも脳が重たい。イルカや象は前頭葉以外の部分は人間より発達している。音楽を聴いているときは脳は動かない・・・休むのに最適。脳も鍛えるばかりでなく休めることが必要。人間だけが持つ笑い。高次なコミュニケーションに必要だから。脳は寝ている間に復習する。ゲーム、漫画、テレビは癒し。

評価3 投稿元:ブクログ

2011/05/03 17:50

結論から、やっぱり脳を知るというのは面白いことだなと改めて思わされました。
前頭前野の話が多く、脳を活性化させるプロセスの話で自分自身理系だなと思わず感じてしまいました。
それにしても海外で脳についての研究をしていたのは驚きでした。やはり日本人はもっと外に出る経験がないとと考えさせられる話もありました。

全体として、研究を社会に還元したいという川島先生の思いが分かる本だと思います。

チェックした点
・三原則の一つ目は読み書き計算を伴うこと。二つ目はコミュニケーション。三つ目が指を使って何かを作ること。
・右の脳、左の脳という話はナンセンス。
・脳の情報処理能力は夜になると落ち込む。
・前頭前野の重要性。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/04/29 13:01

もっと脳トレーニングについての内容を厚く書いてほしかった。
筆者が今の活動をしている動機なんかが結構なスペースを使って書かれているが、正直そんなことには興味がない。

とはいえ、簡単に実践できる脳トレーニングが記述されているので、時間を見つけてやってみようかなという気にはなった。

評価3 投稿元:ブクログ

2013/02/19 06:48

暗算や音読が認知症予防によいことは、今や一般の人まで広がり常識になっています。
常識を作り上げたのが、東北大学教授川島隆太先生が書いたこの本です。
短期間で常識になってしまうほどこの本はベストセラーでした。
治療薬がない認知症を改善するということでマスコミがこぞって取り上げたからです。
川島先生は、暗算や音読により脳の前頭前野(認知症の責任部位)が活性化することを発見しました。
このような研究が可能になった背景には、ある行動をすることで脳のどこが活性化するかわかるポジトロンCT検査と機能的MRI検査の開発があります。
川島先生はいち早くこの検査に目をつけたところが凄かったですね。
http://ameblo.jp/nancli/entry-11474383312.html

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.