サイト内検索

詳細検索

経済・ビジネス・コンピュータ・新書 ポイント2倍(~9/4)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌
チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 13件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.2
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • サイズ:20cm/381p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-081181-8
  • 国内送料無料

紙の本

チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌

著者 メアリー・マイシオ (著),中尾 ゆかり (訳)

チェルノブイリ原子力発電所事故から20年、人体には危険すぎる周辺地域は、動物が棲息する森に変わっていた。しかしその土地は、今なお汚染されているのだ…。ウクライナ系アメリカ...

もっと見る

チェルノブイリの森 事故後20年の自然誌

2,376(税込)

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

チェルノブイリ原子力発電所事故から20年、人体には危険すぎる周辺地域は、動物が棲息する森に変わっていた。しかしその土地は、今なお汚染されているのだ…。ウクライナ系アメリカ人ジャーナリストの決死のルポルタージュ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

メアリー・マイシオ

略歴
〈メアリー・マイシオ〉ジャーナリスト。ニューヨーク大学で生物学と法学を専攻。チェルノブイリ原子力発電所事故の現地取材を行う。「国際研究交流ボード・ウクライナ−報道・法律・防衛・教育プログラム」責任者。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー13件

みんなの評価3.9

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (5件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

チェルノブイリ事故後の貴重な記録。そして今後の課題が見えてくる

2011/07/24 11:17

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:JOEL - この投稿者のレビュー一覧を見る

 福島第一原発事故以来、放射能汚染の恐怖にさらされる日々。野菜やお茶の葉、肉牛などから、次々と許容レベルを超えた放射能が検出される。

 「ただちに健康に影響が出るレベルではない」と繰り返される。たしかに、急性の放射線障害を起こしたという話は聞かないが、長期にわたる被爆の影響はどうなのか? 信用できそうな答えを示してくれる専門家が見あたらない。消えない不安。経験のない事態。

 いや、大きな原発事故は福島第一がはじめてではない。チェルノブイリ原発事故が先例だ。あの事故も、周囲に広大な汚染地区を生みだした。
 1986年4月に起きたチェルノブイリ事故。その影響を調べれば、福島第一の事故後、何が起きるのか、ある程度見当がつくのではないか。

 ところが、意外なほど情報が少ない。本書はそんな中、貴重な記録となっている。果敢に現地取材をおこない、事故後の汚染地区の状況をまとめているのだ。

 さて、本書の多くのページは、チェルノブイリ事故が周辺環境に与えた影響について割かれている。事故直後は、不毛の地が広がるとも予想された原発周辺には、驚いたことに豊かな自然が戻っている。

 人が避難させられた分、人による自然破壊がなくなって、多くの野生動植物がすみつくようになった。もちろん、表向きは自然度が高くなったとはいっても、随所に高レベルの放射線が検出される事実を著者はきちんと指摘する。奇妙にねじれた松、繁殖率の低下した小動物、地中で死んでしまう昆虫などが例示される。

 ただ、一般的に環境指標とされることが多い両生類のカエルに関して、著者の取材した「赤い森」では奇形が一匹も見つかっていないという。ヘラジカ、ヒグマ、オオカミ、オジロワシ・・・、おもいもかけず自然動物園が出現している事実を著者は報告する。もちろん、放射能に汚染された状態である。例えば、キノコなど怖ろしいくらいの汚染度だ。

 人体への影響を知りたい読者は、第7章と第8章から読むといいかもしれない。ページを繰るスピードがぐっと速くなる。
 顕著な影響は、放射性ヨウ素を、事故直後に取り込んだ子どもたちに現れている。甲状腺ガンが5年後から急増したのだ。これは日本でも知られている。では、ほかの影響は? 低線量を長期に被爆した人の健康状態は?

 本書は、低線量被爆以外の影響要因との区別をつけるのがむずかしいとする。ウクライナ、ベラルーシといった高濃度に汚染された地域は、貧しいこともあって、社会経済的要因(飲酒、喫煙、栄養不足、劣悪な公衆衛生)が無視できないくらいにあるのだと。

 原発事故の影響を受けた人に関する、信頼のおける健康調査がなされていない。これにはがっかりだ。こういう点にこそ、国際社会は支援の手を差し伸べて、低線量被爆の医学的追跡調査をすべきではなかったのか。

 放射能汚染の不安におびえる私たちへの決定的な答えを本書は教えてくれない。ただし、著者は、遠回しながら、野生の動植物が回復していること、低線量被爆による明らかな健康被害が認められないことから、それほど不安におびえることはないと言いたいようにも見える。

 ただ、読後に思ったのは、現時点で事故から25年が経過しているが、今からでも、汚染地区の人たちの健康調査をしてもいいのではないかということだ。

 どんな手がかりでもいい。情報を集めて、不安に感じている人にもたらせば、いくらか不安を軽減できるし、あらかじめ打っておくべく措置もそれなりに分かるのではないだろうか。チェルノブイリという先例がありながら、国際社会は、その経験を共有できていない。

 サマショールと呼ばれる、汚染地区に戻ってきてしまった人たちのことが取り上げられている。あるいはリクヴィダートル呼ばれる除染作業員が80万人にものぼるという。実際には除染作業に携わっていない人まで混じっているということだが、慎重に抽出すれば、医学的追跡調査は不可能とは思えないのだが。

 「残念ながら、事故が健康に与えた長期的な影響については、これまでのところ、きちんと計画された公平な医学調査が少ないため、ほとんど何も証明できない。とはいえ、ひとつはっきりしていることがある。原子力業界は、ウクライナでも、世界中でも、チェルノブイリ事故の健康調査を推進する活動をほとんどしてこなかったということだ」(p.312-313)

 今からでも、できることはあるだろう。
 健康調査によって明らかになったことを日本に適用し、健康被害を少しでも小さくする。そして、その知見を逆に国際社会に還元していく。こうした国際協力があってもよいように思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/23 21:08

投稿元:ブクログ

人間の立ち入りが宣言されたことで、チェルノブイリの森は野鳥の楽園になり、絶滅危惧種動物の繁殖が可能になっているそうです。

2007/05/26 14:54

投稿元:ブクログ

事故後20年が経過したチェルノブイリ周辺。ほとんどの住民が避難し、無人となった環境では、皮肉にも人がいなくなったおかげで野生動物の生息に適した環境になっていた・・・その膨大な放射性物質の除けば。現地を訪れチェルノブイリ周辺の自然を観察するという面白い視点の本だが、そこから浮かび出てくるのは、この地域が忘れられつつある現実。森の研究はほとんどされておらず、放射性物質が長期的に生態系に及ぼす影響はほとんどわかっていない。また、原発を封じ込めている石棺の老化による再汚染が懸念されているという事実。無鉄砲な原発での稼働実験のツケはかくも長く払わされ続ける。

2011/05/01 21:55

投稿元:ブクログ

読了:2011/05/01 図書館(調)

事故後のチェルノブイリ周辺の自然についてが主で、放射能と健康や、「ゾーン」に住み続ける住民などの話が所々からまります。文中の放射線量の単位がレントゲンやレムなので、シーベルトに慣れちゃった頭ではぱっとイメージわかず残念。

2008/06/14 18:39

投稿元:ブクログ

153pまで
2007.2.25発行
原書 WORMWOOD FOREST:a natural history of Chernobyl

2011/10/02 17:10

投稿元:ブクログ

チェルノブイリの事故後、閉鎖された土地がどうなったのか、
現地を見たようすが書かれています。

今の福島の状況を考え合わせると、
とても興味深い内容です。

チェルノブイリは「死の大地」になったか?
なんの生命も存在できない場所になったか?

答えはNOだった

人間が変えた自然が、人間がいなくなったことで、
元の姿に戻っていったと言うのです。

放射能で汚染されているけれど、
その地に適応した植物や動物(絶滅危惧種なども)が繁殖している
死んだような場所にはならないというのです。

人間が森を切り開いて作った平地は 森に戻り
干拓した沼は 沼に戻る

内容的には本当にインパクトがあります

(ただ・・ 翻訳がね、ちょっと読みにくいのが残念
原文で読みたいです)

2011/06/20 15:28

投稿元:ブクログ

事故が起こり、放射能汚染地域に人間が住めなくなると、絶滅と思われていた鳥が高濃度に放射能汚染された水場に、奇跡の繁栄を遂げていた…。
一見すれば楽園。放射能さえなければ。でも、放射能がなければ鳥はいなかっただろう。何という皮肉だろうか。
著者にとって、今の福島はどう映っているだろうか。何年かたつまでは、私も考えないようにするしかない。今の原発論議は、まだまだ二元論で全くつまらない。取り込まれないように気をつけたい。

2014/05/25 19:26

投稿元:ブクログ

「第三の天使がラッパを吹いた。すると、松明のように燃えている大きな星が、天から落ちて来て、川という川の三分の一と。その水源の上に落ちた。
この星の名前は「苦よもぎ」といい、水の三分の一が苦よもぎのように苦くなって、そのために多くの人が死んだ。」
ウクライナ語のチョルノブイリは苦よもぎと言う意味だとしばしば言われチェルノブイリの原発事故はヨハネの黙示録に重ねられて来た。実際のところではチョルノブイリは正確には苦よもぎに似た別の草なのだが。そして事故後20年のチェルノブイリでは放射性物質に汚染されながら、絶滅危惧種の数が増え野生動物に取っては魅力的なすみかになっている。2000年に行われた調査ではウクライナ側に生息するほ乳動物は66種で事故以前には姿を消していたビーバーが1500匹に増えていたほかキツネ、タヌキ、ヘラジカ、アカシカ、イノシシ、ヒグマ、オオカミ、オオヤマネコ、オジロワシ・・・そして、絶滅危惧種の野生のモウコノウマが放牧され繁殖している。

放射線が動物達に与えた影響は大きい。例えば最も汚染が濃縮する有機堆積物(腐葉土と考えれば良い)中のコガネムシの幼虫は数を減らし、通常は一度に7匹の子供を産む野生のネズミは平均4匹しか産まなくなり繁殖に影響があることを示している。わずかながら奇形のクワガタやアルピノのツバメなども見つかった。それでも事故直後の1987〜88年にハツカネズミと野ネズミの数は1ヘクタールあたり20〜30匹から2500匹に膨れ上がり、ついでキツネやイタチと猛禽類が数を増やした。88年の秋には食料を食べ尽くしたネズミが大量に餓死し、腐食動物が数を増やす。そして30kmゾーン内は高放射線量の下、均衡を取り戻した。

植物の方も最も汚染のひどい「赤い森」では枝がねじれたりあらぬ方を向いて芽を出した松の木がある。名前の由来は86年に木が枯れる前に真っ赤に染まったからだ。セシウムは泥炭のために賛成になっている湿地帯では水に溶けやすく水苔に取り込まれ、ストロンチウムは土壌中では固定されずいろんな植物の根から吸収されていく。時間が経つとともに地表からは減り、水中の澱や腐葉土の中にたまっていくが亡くなるわけではない。湿原が氾濫したり、逆に水がなくなり乾燥して泥炭が火災を起こしたりすると再びばらまかれる。地下水も浅い帯水層は汚染されてしまっている。

ゾーンで見られる野生生物は一般に健康的でこれは直感には反するかも知れないが恐らくこういうことだ。放射線の影響で弱った個体は淘汰され姿を現さない。逆に人の手の入らない「自然」は例え汚染されていても人間が多すぎるのよりも住みやすい環境なのだろう。例えば水田の様な環境を好むコウノトリは逆に捨てられた村からは姿を消していく。そう言うことも含めて「ゾーンのあらゆる食物連鎖の環にしのびこんだ放射線核種は、ゾーンの不自然に自然な要素になってしまった。放射能に汚染されたチェルノブイリのニガヨモギの森では、人工物が自然の不可欠な要素になっているのだ」と言える。

福島とチェルノブイリの比較で言えば事故が起こった際に炉心に蓄えられていた放射性核種の総量は福島が多いが、環境中への放出割合は黒煙火災を起こしたチェルノブイリの方が多い。いずれも長期的に最も量の多い放射線核種はセシウム137とストロンチウム90で、線量計で測られている放射線はセシウム137が大元のγ線のようだ。ストロンチウムの方はβ線(電子線)を出すがこちらを計るのは困難で、カルシウムに似ているため骨にたまりやすい。例えば歯を1本抜いて調べれば汚染の程度がわかるとは言え実施は難しいだろう。チェルノブイリについては既に湿地帯に広くばらまかれてしまった放射線核種をどうやってその場に閉じ込めるかというのが大きな課題なのだが、予算は削られ先行きには不安が残っている。

2015/04/24 00:56

投稿元:ブクログ

チェルノブイリ原発事故から30年(この本が書かれた時点で20年)。町が消え、人の立ち入りが禁止された広大な「ゾーン」で森が復活していた・・・という本だと思ったら、まあそういう話も出てくるが、ゾーンの現状やそこに住んでいる人たち、時々戻ってくるひとたちのことが、あまりとりとめもなく語られている。事故そのものの話はあまり出てこないし、森の状況についてもシカがいた、狼を見た、馬が・・・と目撃談が語られるだけなので、全体像が掴めない。住んでいる人たちについてもご飯を御馳走になってこんな話をした、というレベル。どの方面にもつっこみが足らず、けっこうボリュームのある本を読み通すモチベーションが維持するのが大変だった。別の本を読んでみようかな。
それにしても、チェルノブイリ級の事故が日本で起きるなんて、誰も想像していなかっただろうな。

2012/06/12 12:31

投稿元:ブクログ

放射能汚染された大地-草も木も生えない生物の住めないイメージを覆す現実。
『アレクセイと泉』を観た時にも思ったけど、
本当に大地を汚染するのは、核…?人間…?どっち?
緑豊かな汚染地域は人間以外の生物にとってのユートピアになっている。
それが現実。

2011/03/16 11:09

投稿元:ブクログ

ウクライナ系のアメリカ人である著者が、事故のあといてもたってもいられなくなって、仕事を辞め、現地で取材した記録。

チェルノブイリが一大自然保護区となっていて、絶滅が危惧されたモンゴルノウマが移入されて増えているとか。
大方は、目に見える汚染など無いのだけれど、たまに見つかる汚染のひどい場所では、木がひん曲がって生えたりしているらしい。この写真にはかなり驚く。

ヨハネ黙示録八章10-11節にあるニガヨモギの記述

  第三の御使い ラッパを吹きしに
  灯火のごとく燃える大いなる星
  天より落ちきたり 川の
  三分の一と水の源水との上に落ちたり
  この星の名はニガヨモギという
  水の三分の一はニガヨモギとなり
  水の苦くなりしによりて
  多くの人死にたり

がチェルノブイリ原発事故と関係づけられて当時騒がれたらしいが、実際の植物学はもう少し複雑。
どうもここにあるのはニガヨモギとは違う植物らしい。

チョルノブイリ    アルテミシア・ウルガリス
ニガヨモギ(ポリン)  アルテミシア・アブシンチウム(つやつやした繊毛あり)

著者はたまたま植物学者と一緒に現地を取材して回ったのでこのことを知った。

他にもいかに作られた話を人々が信じてしまうかという実例が紹介されている。
立ち入り禁止区域をオートバイで旅行して回ったといってホームページで写真を公開して話題になった女性の話。
著者が取材の過程で現地の人に聞いたところでは、旦那さんと二人で(あるいは現地ガイドも含めた団体旅行か)
車で回って所々で写真だけ撮っていったらしい。公開しているのはその時の写真。一杯食わされた、というところだろうか。

2011/12/14 11:10

投稿元:ブクログ

当館OPAC⇒http://www.slib.aichi-gakuin.ac.jp/csp/portal/syousai.csp?BN=AJ92035743&Rid=62438744807_827846_1_WEBNEW101&formmei=

2012/01/11 17:15

投稿元:ブクログ

事故後20年が経ったチェルノブイリ原発とその周りで何がいなくなり何が生まれたのか、予想外の話も多く、放射性物質に対する説明もわかりやすかった。フクシマの事故が起きた今、数少ない原子力事故に対するニュートラルな現実を捉えてた内容だと思う。

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む