サイト内検索

詳細検索

送料無料(~12/31)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(1202-06)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. 環境問題はなぜウソがまかり通るのか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

電子書籍化お知らせメールサンプル

環境問題はなぜウソがまかり通るのか
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 93件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.3
  • 出版社: 洋泉社
  • サイズ:19cm/221p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-86248-122-1
  • 国内送料無料

紙の本

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)

著者 武田 邦彦 (著)

資源7倍、ごみ7倍になるリサイクル、猛毒に仕立て上げられたダイオキシン、地球温暖化を防げない京都議定書。環境問題は人をだましやすい! 「故意の誤報」を明らかにする、安易な...

もっと見る

環境問題はなぜウソがまかり通るのか (Yosensha Paperbacks)

1,028(税込)

ポイント :9pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2016年12月2日(金)~2016年12月8日(木)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

資源7倍、ごみ7倍になるリサイクル、猛毒に仕立て上げられたダイオキシン、地球温暖化を防げない京都議定書。環境問題は人をだましやすい! 「故意の誤報」を明らかにする、安易なリサイクル推進運動に警鐘を鳴らす書。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

武田 邦彦

略歴
〈武田邦彦〉1943年東京生まれ。東京大学教養学部卒業。工学博士。名古屋大学大学院教授。多摩美術大学、中部大学非常勤講師。専門は資源材料学。日本工学アカデミー理事。著書に「エコロジー幻想」等。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー93件

みんなの評価3.8

評価内訳

環境問題を冷静かつ正しく理解できる格好の書

2007/06/23 00:25

11人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Skywriter - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は環境問題全般について、世間にどれだけウソが撒き散らされているかを明らかにしている。多くの人は善意で環境問題に取り組んでいるのだろうが、その行動の多くは環境を改善する効果が全くない、とは驚きではないか。

 たとえば、ペットボトルのリサイクル。実は、回収されたペットボトルのほとんど全ては焼却されている。熱にしてエネルギーを回収するという意味でリサイクルという言葉が使われているのである。それでは何のために多くの人が苦労してゴミの分別回収に協力しているというのか。

 それでもゴミを分別して出すことに何らかの利点があるなら良い。しかし、現実はそうではない。ゴミを分別しなければならなくなったことで、排出されるゴミの量は増加してしまった、と本書は指摘する。環境先進国とされることの多いドイツも、ゴミの分別収集を実施した結果、ゴミが激増してもはや国内では捌ききれなくなっている。なんのために我々はゴミの分別回収をしているのだろうか。もう一度じっくり考える必要があるのではないか。

 いや、それでもダイオキシンの問題があるではないか、と指摘されるかもしれない。ダイオキシンを発生させないためにゴミを分別するのだ、と。それにも本書は応えている。ダイオキシンには、大した毒性はない。

 驚かれるかもしれないが、これはもう明らかになっている。冷静さを欠いた、おどろおどろしい報道によってダイオキシンが猛毒だと思わされてしまうかもしれないが、ダイオキシンの急性毒性として知られているのはなんとニキビができることくらいである。ダイオキシンは環境問題で注目を浴び、徹底的に調べられたのに、人間にニキビ以上の害をもたらす証拠がないのだ。タバコとは大違いである。

 いやいや、ダイオキシンの真の威力は急性毒性ではなくて慢性毒性にあるのだ、と思われる人もいるかもしれない。しかしそれも過ちである。イタリアで起こった化学製造会社で起こった爆発によって近隣の住人が大量のダイオキシン類を浴びてしまったセベソ事件があるが、ここでも多くの調査が行われたものの、ダイオキシン暴露が原因と確定できる死者は出ていない。カネミ油症に至っては、ダイオキシン類ではなく毒性があることが明らかになっているPCBがダイオキシンと強弁されている始末である。

 これらの事実を明らかにしているだけでも本書の価値は大きい。その価値を更に高めているのは、なぜこのような不合理なことがまかり通っているのかまで踏み込んでいる点だろう。気になる方は是非とも本書を手にとって欲しい。

 環境問題は善意だけではなく、冷静に何が必要なのかを知らなければ取り組めないテーマである。イメージ優先で、感情に訴える手段はコマーシャリズムとしては有効かもしれないが、環境を守るためには役に立たない。まず知識を手に入れ、考える土壌を作る。その上で、極めて有効な本だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

真実、そして本当に大事なこととは

2007/08/12 18:16

5人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきはじめ - この投稿者のレビュー一覧を見る

以前から疑問に思っていたことのいくつかがすっきりしました。北極の氷が解けると海面は上昇するのか、木はそんなに酸素を生成するのか、地球温暖化はまずいことなのか、排出権の売買に何の意義があるのか、京都議定書の数字にどれだけの効果が期待できるのか、本当に大事なことは何なのか。
 と同時に、もっともらしい名目の下に莫大な対策費用を無駄につぎ込んで、志のない環境屋を儲けさせるのも癪に障ります。ただ、リサイクルや環境対策の費用、必要資源については絡み合う要素が多くて、どんな計算が妥当なのか、何がどれだけ無駄なのかを判断しにくいことも確かです。
 環境問題について元アメリカ副大統領による啓蒙も話題になりましたが、それは人間を中心とした生物の存続問題ですから、真実を生む原因と真実がもたらす影響を客観的に見極め見通して、本当に大事なことをきちんと実行して行かなければなりません。まずは真実を知ることですが、この本は真実を基に客観的判断をすることの重要性を訴えつつ、本当に大事な問題は何であったのかを思い出させてくれます。
 その後の事は、自分達ひとり一人の思いがどんな社会的流れを生み出せるかですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一刻も早く環境に悪いリサイクルをやめるべき

2007/09/17 22:02

14人中、13人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:GTO - この投稿者のレビュー一覧を見る

リサイクルという美名の下にいかに馬鹿げたことが行われているかを告発している。ただ、この本がベストセラーになったことは歓迎すべきことであるが、誤解を生みやすい面があるのを感じた。著者は決して環境問題を軽く見ているわけではない。真摯な態度で問題に向き合うこと、各分野の専門家が知恵を出し合うことを訴えているのである。そのことは、2000年に上梓された同著者の『リサイクル幻想』(文春新書)を読めばよく分かる。
 
 その後、いっこうに改善がなされないどころか、日本の環境への取り組みが誤った方向へと向かっていることに危機感を感じて、環境を余計に悪化させるリサイクルで儲けている人、ダイオキシンが猛毒だと吹聴して利益を得ている人、地球温暖化を出世の道具として利用している人を糾弾したのがこの本である。では、解決策はと言われるむきにも、上述の『リサイクル幻想』を読むことをお勧めする。
 
 とにかく、マスコミはいい加減な報道を一刻も早く止め、政府はペットボトルのリサイクルを、再生紙の利用をやめさせてほしい。

 ※ただし、著者が原子力推進者であることを考慮して読む必要がある。

(出版社へ、この本の価格はワンコイン、500円にするべきだったと思います。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マスコミのウソとそれにダマされないためのヒント

2007/10/22 23:07

10人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は環境問題に関して,まちがった知識が流通していること,それがマスコミによって流通させられていること (とくに朝日新聞のなまえが複数回あらわれている) を指摘している.そして,われわれがどういう論理にだまされているのかをしめしている.ダイオキシンは猛毒だとか,温暖化によって北極と南極の氷がとけて海水面が上昇するというウソには私もダマされていた.マスコミがウソをながさないようにすることがまず必要だが,それにだまされないようにするためのヒントをあたえてくれている.とはいえ,だまされないようにすることは,そんなに容易ではない.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

これはマスコミ論である

2007/09/02 06:48

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くにたち蟄居日記 - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の新聞の環境関係はいささか過熱気味である。環境が錦の御旗となってかえって僕らは盲になっているのかもしれない。それが本書を読了した感想だ。


 環境問題は優れて科学的な問題であるが その「科学性」に対して疑問を投げかけているのが本書だ。本書で取り上げられるダイオキシンやDDTの話には いささか呆然とした次第である。

 本書が「科学的」に正しいかどうかは 僕には分からない。但し かような問題提起は大いにされてしかるべきであり 本書に対する「科学的な批判」もどんどんされるべきだと思う。

 結局 本書が描き出しているのは マスコミ論なのだと思う。「科学がマスコミに負けた」という主張がいくつか見られる。ダイオキシンにしてもDDTにしても マスコミが必要以上に煽り立て それに僕らが盲目的に乗ったという図式だ。この図式には 正直思い当たる節もある。

 「自己責任」という言葉がある。流行っている言葉だと言って良い。但し 自分で判断する為の情報が正しくなかったとしたら 判断結果が正しい確率は下がるしかない。僕らは 自分が盲目かどうかもわからないに違いない。

 そんな自分の「視力」が非常に心配になったところである。僕らは見えているようで見えていないのかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

科学に対する無知

2015/12/28 22:13

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本では、我々の科学に対する無知について書かれている。
そして、その無知を利用する人達がいることを知らしめている。
これを読んで、少しでも科学についての知識を仕入れると良いだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/09 19:25

投稿元:ブクログ

どうしても気になったので、読んでみる。
ダイオキシンは有害ではないとか、京都議定書を守っても
温暖化の緩和にはならないとか、実際の研究データを使って
解説をぶちまけている。

ちょっと極論の部分も多いように思うのだが。
それは違うんじゃないかなと思うようなことも。

特に、「森林は二酸化炭素を吸収しない」
という部分については、どうにも疑問。

しかし、「チリ紙交換屋はなぜ街からいなくなったか」
などは、かなり合理的な説明がされている。

環境という名のもとにお金が流れる仕組みができている
ということについては、指摘された方々からの反論を
見てみたいもんだ。

この本を読んで思ったこと。

一ついえるのは、一方的に流される情報だけを
そのまま受け入れとったらアカンということですな。
偏った情報のまま、それを受け入れて既知の事実に置き
換えるのは、問題も生みかねないということか。

自分で??と思ったことは放っておかないということの
大切さは感じましたね。

2008/05/25 22:24

投稿元:ブクログ

すべてを鵜呑みにはできないけど、なるほどなーと納得。特にゴミは分別しなきゃ暮らせないわけで、どうにもならない世の中だなと絶望する。

2007/11/11 00:38

投稿元:ブクログ

ペットボトルの分別や温暖化について、題材は興味深いです。でも出典が分からなかったり、論調が感情的だったりとイマイチ信憑性に欠ける気も。

2007/10/05 11:40

投稿元:ブクログ

環境に優しいって言えば、何でも許され、南無阿弥陀仏で浄土に行けるほど、宗教チックな合い言葉になっている。
私ら専門家でないものは、わかりやすい説明に飢えている。だから飛びつく。それがいいと言われれば、秋刀魚の頭でも祈ってしまうものなんだ。
その愚かしさを、シニカルに見るだけに留まっているところが、ちょっと物足りないかな?

2007/07/08 20:34

投稿元:ブクログ

■現在語られている環境問題のいくつかを否定する本。驚きの事実も多く、かなりショッキングな内容。
■例えばペットボトル。分別回収しているが、結局そのほとんどは燃やされていると言う事実。例えばダイオキシン。元から自然界に存在する物質で、モルモットに対する毒性は高いが、人間に対する毒性は限りなく低いと言う事実。
■本書には各所に論理の飛躍が見られ、若干著者の恣意的なにおいも感じる。それでも、盲目的に信じられている「良いこと」に一石を投じていることには大きな意味があると思う。

■この本を読み、単純に「環境問題は気にしなくて良い」ととるのではなく、「常識だと思っていることは本当に常識なのか?」と問うきっかけとして読むべき。新しい視点をもらった一冊。

2008/06/15 20:44

投稿元:ブクログ

ふ〜〜〜んって感じ。
納得させにかかるだけの説得力はある感じ。
でもそれらを裏付けているデータを私たち一人ひとりが選別・判断できるようでないなら、同じ。
面白いは面白いよ。

2009/10/25 01:23

投稿元:ブクログ

温暖化やリサイクルについて、一般的に報道されている事をがんがん覆す内容。ただ、リサイクルする為に、新品を作成するより多くのエネルギーを投入する事については、無駄なのでやめた方がいいと思うが、温暖化について、実際は大丈夫だよ、という論調は無駄を奨励しているようで反対

2010/07/13 15:38

投稿元:ブクログ

2007年のベストセラー。知らなかったことを断定的に諭されると、程度の差はあれ「感心」してしまうのが人間の性、ではないだろうか。この本の正当性については正直よくわからないが、少なくとも「否定するのは簡単なんだな」と。正しいかどうか、とは別に「心に残らなかった」といった感じ。

2011/07/27 19:17

投稿元:ブクログ

2つの意味で印象的だった。

第1に、ペットボトルやらゴミ分別をはじめとした環境問題にまつわる活動はその実、何ら自然環境の改善には役立っておらず、なおかつ一部の業者の懐が潤っているだけという裏の仕組みが知れたことだ。マスコミで見聞したことがある知識に対して、今一度批判的に見直してみるための良い視座を与えてくれる。これは誉められる点だろう。

第2に、「科学的な視点でモノを言えやコラ」という感じの告発調の文章であるにもかかわらず、その語り口そのものは微妙に科学的な視点を欠いているように思われる点だ。随所に引かれる「自分が講演した時に~という話が寄せられた」とか、「自分の教え子が~という活動をした」とかいうエピソードは、恐らく「現場の声」を表現することで事の深刻さやリアルさを伝える狙いがあるのだと推察されるが、そのまま提示するだけでは単なる感想か体験談に留まってしまうわけで、もうちょっと見せ方に工夫が必要だと思う。
トドメは終盤の「日本人の美点が云々…」とかいうくだり。一方で科学的視点の重要さを主張しながら他方で根拠のよく判らんことを平気で言えるのだから科学者という人種は不思議なものだ。主張の肝心なところで常識や経験を持ち出すと、結局それを共有してくれる価値観を持った人だけしか受け入れてくれなくなるのではなかろうかなぁと思ったりした。
少し好意的に解釈すると、「科学的・専門的知識に縁の無い一般大衆にも理解できるように、わかりやすく書きました」という狙いがあった…と捉えることも可能かもしれない。しかしそれは筆者が批判している「故意の誤報」に等しい行いではなかろうかな。これはいただけない。

つまるところ、政策サイドやマスコミの言っていることは、「判りやすい」のだ。筆者はこれに対抗するために自ら「判りやすく」しすぎたきらいがある。批判している対象が持っている説得力に対抗するために、自ら批判している対象と同じ過ちを犯すというのは何やら示唆的である。

環境・エネルギー・資源 ランキング

環境・エネルギー・資源のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む