サイト内検索

詳細検索

送料無料

カレンダーポイント5倍キャンペーン(~9/30)

十九世紀の恋人たち(ハーレクイン・ヒストリカル・エクストラ)
  • みんなの評価 5つ星のうち 2.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

十九世紀の恋人たち (ハーレクイン・ヒストリカル・エクストラ)

著者 ニコラ・コーニック (著),ジョアンナ・メイトランド (著),エリザベス・ロールズ (著),石川 園枝 (訳)

『女相続人に求婚を』—莫大な資産を持つ女相続人カシー。彼女は親類のアンソニー・リンドハーストから縁談を持ちかけられた。アンソニーは相手のクインラン子爵をハウスパーティに招...

もっと見る

十九世紀の恋人たち (ハーレクイン・ヒストリカル・エクストラ)

1,193(税込)

ポイント :11pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化を希望する

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

『女相続人に求婚を』—莫大な資産を持つ女相続人カシー。彼女は親類のアンソニー・リンドハーストから縁談を持ちかけられた。アンソニーは相手のクインラン子爵をハウスパーティに招待すると言う。聞いた話だと子爵は放蕩者で、資産も底をついているらしい。どうせ財産目当てで来るのだろう。カシーは彼を追い返そうと心に誓うが、現れた子爵があまりに魅力的で戸迷う。『レディの冒険』—エイミーは侍女に変装してリンドハースト家に潜入した。弟がこの屋敷で開かれたパーティの最中に忽然と姿を消したのだ。家主アンソニーには黒い噂がある。弟もトラブルに巻き込まれたに違いない。エイミーが手がかりを求め主寝室に忍び込んだところ、無精髭を生やした謎の男にでくわす。危険な香り漂うその男は、弟について何か知っているようで…。『舞い戻りし花嫁』—リンドハースト家主人アンソニーは我が目を疑った。そんなはずがない。しかし目の前にいるのは、四年前に突然行方をくらました花嫁ジョージーに間違いなかった。ジョージーが失踪したあと、アンソニーは妻殺しの疑いをかけられ、社交界から爪弾きにされてきた。なぜ彼女は今ごろになって戻ってきた?この四年間、いったいどこにいたんだ。【「BOOK」データベースの商品解説】

莫大な資産を持つカシーは、放蕩者のクインラン子爵との縁談を持ちかけられる。どうせ財産目当てと追い返そうとするが、子爵が魅力的でとまどい…。「女相続人に求婚を」ほか「レディの冒険」「舞い戻りし花嫁」の3本を収録。〔「ハウスパーティーの招待状」(MIRA文庫 2012年刊)に改題〕【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

女相続人に求婚を ニコラ・コーニック 作 7-117
レディの冒険 ジョアンナ・メイトランド 作 119-251
舞い戻りし花嫁 エリザベス・ロールズ 作 253-403

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価2.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

2011/11/13 17:39

投稿元:ブクログ

一部の「舞い戻りし花嫁」を電子書籍で読む。
ヒーローが頑なで、二人の意思疎通がうまくいかず
イライラするが、でも、若い男性ならそうなるのかも。
経済的に弱いヒロインがすっかりくじけていたのが
可愛そうですが、最後はヒーローからの愛の告白を受けて良かったね。

2013/11/24 14:00

投稿元:ブクログ

【女相続人に求婚を】
ヒロインが快活で幼い印象もするけど、素直な子。
終盤のトラブル解決部分がなかなかドラマティックでよい。

ロマンス小説 ランキング

ロマンス小説のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む