詳細検索

全品ポイント2倍(0620-30)

  1. hontoトップ
  2. ネットストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ダ・ヴィンチの謎ニュートンの奇跡 「神の原理」はいかに解明されてきたか

ダ・ヴィンチの謎ニュートンの奇跡 「神の原理」はいかに解明されてきたか(祥伝社新書)

  • 発行年月:2007.3
  • 出版社:祥伝社
  • レーベル:祥伝社新書
  • サイズ:18cm/211p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-396-11062-8

新書

  • 国内送料無料

ダ・ヴィンチの謎ニュートンの奇跡 「神の原理」はいかに解明されてきたか (祥伝社新書)

三田 誠広 (著)

紙書籍

810 ポイント:7pt

発送可能日: 7~21日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

商品説明

中世という暗黒の時代の後に、「神の原理」の解明に挑んできたダ・ヴィンチ、ニュートンをはじめとする多くの天才たち。聖書の世界観、黄金比、そして万有引力の法則…。その魅力的な...続きを読む

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

商品説明

中世という暗黒の時代の後に、「神の原理」の解明に挑んできたダ・ヴィンチ、ニュートンをはじめとする多くの天才たち。聖書の世界観、黄金比、そして万有引力の法則…。その魅力的な発明発見の歴史を紐解く。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

三田 誠広

略歴
〈三田誠広〉1948年大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。77年「僕って何」で芥川賞受賞。日本文藝家協会副理事長。著書に「ユダの謎キリストの謎」「天才科学者たちの奇跡」など。

ユーザーレビュー

全体の評価 3.6
3.6
評価内訳 全て(9件)
★★★★★(1件)
★★★★☆(4件)
★★★☆☆(3件)
★★☆☆☆(1件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/02 17:15

現代では科学と宗教は対立するものと捉えられているが、ダ・ヴィンチからガリレイ、ニュートンに至る時代は不可分なものであった。神が創造した世界には整然とした原理があるはずだという信念から原理の探求をしてきた人達の過程をまとめたのが、この本。科学という言葉の定義が曖昧な点を除いては、時代背景が良く描かれていてわかりやすく読みやすかった。エピローグでの著者の言葉で、「神が用意した秘密のカードを、一枚、また一枚とめくっていく人間の姿は、果敢であり、美しく、偉大である」というのは印象に残った。アカデミックな話が好きな人にお薦め。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/05/17 12:19

映画「ダビンチコード」わけがわかりませんでしたが、この本を読んで少し背景がわかりました。宗教と科学の関係がおもしろい。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/05/17 00:13

フィボナッチ数列・黄金比・ピタゴラスの定理などについて、解りやすく書いてあります。今まで読んだ中で1番解りやすかった。
この系統の本は個人の考え方次第なので、「神はいるのか・いないのか」などはハッキリ書かれていません。
ただこうゆう意見もあるのだと、自分とは違う面から見ることが出来る一冊だと思います。

評価3 投稿元:ブクログ

2008/10/13 00:00

ダヴィンチの絵を聖書に照らし合わせて不可解な点などを謎として読み解いていく話と物理学の飛躍的発展に貢献したニュートンの発見を説明する話。学者が書いているので、新書にしては専門性が深すぎて読み辛かったので飛ばし読み。

評価4 投稿元:ブクログ

2009/07/02 10:40

学校では、教えてくれない謎だったな。

ダ・ヴィンチコードのストリー展開にも
鳥肌立ちましたが・・・。

そんなのあっさり越える裏話。
こういう話読むとゾクゾクして眠れなくなる。


評価4 投稿元:ブクログ

2011/06/04 20:05

[ 内容 ]


[ 目次 ]


[ POP ]


[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

評価4 投稿元:ブクログ

2012/07/05 21:37

数学、物理に疎い私でも、ワクワク気分で読めました。時間が経って読み直しても、その都度世界の不思議にワクワクします。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/06/21 16:22

キリスト教が科学の発展に寄与してきた歴史はわかったが、著者の考えは一般化できるのかどうかわからない。

評価2 投稿元:ブクログ

2012/01/23 00:54

キリスト教と科学のつながりについての本.
宗教についてのところは,著者の感覚の域を出ないところ(「だろう」「おそらく」として書かれた内容)が多く,もやもや感が残る.
科学についての箇所も読みごたえ少なく,全体的にいまいち.

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

  • 買い物カゴに入れる

    発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

    納期・配送の目安について

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.