詳細検索
注目のキーワード:
池井戸潤
百田尚樹
有川浩
アンと青春
ガソリン生活
精霊の守り人
真夜中のパン屋さん
幸せになる勇気
ONE PIECE
鬼灯の冷徹

TAC_『おとな旅プレミアムシリーズ 発売記念フェア』

ARIA 10(BLADE COMICS(ブレイドコミックス))

コミック

  • 国内送料無料

ARIA 10 (BLADE COMICS)

天野 こずえ (著)

紙書籍

607 ポイント:5pt

発送可能日: 1~3日

欲しい本に追加する | 本棚に登録する

このセットに含まれる商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ARIA 10」が含まれるセット商品

ARIA(ブレイドコミックス) 12巻セット(BLADE COMICS(ブレイドコミックス))

ARIA(ブレイドコミックス) 12巻セット

  • 天野 こずえ
  • 評価4.5レビュー:1件
  • 税込価格:7,18666pt
  • 発送可能日:購入できません

おすすめ商品

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

予約購入について
  • 「予約購入する」をクリックすると予約が完了します。
  • ご予約いただいた商品は発売日にダウンロード可能となります。
  • ご購入金額は、発売日にお客様のクレジットカードにご請求されます。
  • 商品の発売日は変更となる可能性がございますので、予めご了承ください。

ユーザーレビュー

全体の評価 4.5
4.5
評価内訳 全て(14件)
★★★★★(8件)
★★★★☆(2件)
★★★☆☆(4件)
★★☆☆☆(0件)
★☆☆☆☆(0件)

この商品に関するあなたの感想やご意見をお寄せください。 レビューを書く

並び順を変更する :
評価の高い順
役に立った順
投稿日の新しい順
評価の低い順

評価5 投稿元:ブクログ

2007/11/29 18:37

奇跡は起きるものじゃない。起こすものなんだ。ささいな日常にありふれたちょっといい事。けど、それは起こるべくして起こったのではなく、関わった人の前向きな努力と真摯な願いによって行われる魔法の成就。そんな奇跡が見たい人はこの本をどうぞ。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/06/05 16:46

ほんわかと10巻目。「トラゲット」に出てきた水の3大妖精とかではない、一般のウンディーネの状況がいろいろと興味深く。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/06/12 02:13

待ちに待ってた第10巻、アリシアさんの子育て奮闘記(違)になるほどと思った。アリシアさんらしい考え方だと思うけど、個人運営に近いアリアカンパニーならではの育成方法かと。大所帯の姫屋とかオレンジぷらねっとにはむかない指導法かもなーとちょっと思いつつ、まあその辺も含めて個性と適正かもなと考えた。

評価4 投稿元:ブクログ

2007/04/06 13:12

やっと10巻。表紙は若き頃のグランマ。アテナ先輩が一杯出てきたので大興奮!アテナ先輩はやっぱり可愛いなぁ。いつものメインの人たちじゃない水先案内人も出てきてちょっと新鮮な一冊。初回でないのにメイトで買ったらカードが付いてきた。アテナ先輩もえす。

評価3 投稿元:ブクログ

2007/03/30 22:09

光と影と穏やかな町並み・・・。
眺めていると気持ちが良いですねv
読んでいると日常のほんの小さなことが
面白く新鮮に感じられます。
忙しい日々になると分からなくなる
大切な感情が話の中に散りばめられている
ような気がしました。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/01 11:49

ARIAももう10巻になるんですね。こういう穏やかな日常ものって、巻が増えるとマンネリ化が心配になりますが、ARIAはずっと初期のクオリティを保ってくれるので安心して読めます。優しい「どきどきわくわく」が、これからもずっと続いてくれるといいなぁ。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/14 16:06

癒しのマンガといえばコレ。イタリアに行きたくなるうえ、特にヴェネツィアに行きたくなるマンガ。出てくるキャラクターは女の子がもりだくさん。基本的Homuraは男好きだったりしたわけですが、女の子の可愛さを改めて知ることになった作品がこれだったりします。それ以来女の子を可愛いと言うようになりました。中でもアリア社長という猫さんがたまらなくぷにぷにで可愛いです。絵もすごくキレイで、背景や街並みの風景はイタリアに行ったことがなくとも想像ができてしまいそうなほどです。また、話の中での言葉には心を揺さぶられるほど胸に何かをうったえかけるものがあります。素敵という言葉がすごく似合う作品だと思ってます。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/04/22 23:51

祝☆OVA化

…といっても未だにアニメ1期2期のDVDも全部は観れてません;;

2007.04.19購入

評価5 投稿元:ブクログ

2007/09/11 13:38

「ARIA」待望の10巻。
誰もが一人前(プリマ)のウンディーネになれる訳じゃない。今までも言葉では何度か出てますが「トラゲット」を読むと改めて考えさせられます。
独特の世界観にいつも癒されてますが、今回もしっかり癒されました。

評価5 投稿元:ブクログ

2007/09/25 16:53

AQUAからの続きのお話。
ウンディーネ見習いの灯里・愛華・アリスの3人がそれぞれ成長していく様子や、ネオ・ヴェネチアでの生活・イベントなどの日常を描きます。
もちろん実際のヴェネチアをモチーフにしているので、ヴェネチアに行ってみたくなりました(笑)
背景描写等も本当に細かくて美しい情景が浮かんできます。
癒し系漫画の王道です。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/01/04 13:37

これまでの中でも非常に考えさせられる秀逸な話の多く詰まった巻という印象。
Navigation46では、一人前とそれ以前での忙しさの変化という何度か繰り返されるテーマを先輩3人をメインとすることで逆に変わらないものを描き出しているのが非常に良い。この話にはARIAカンパニーの業務が詳しく描写されており、見所の一つである。ただ、この点はアリシアの配慮が忙しい中でのものとより良く伝わるのでもっと早いうちに出して欲しかったか。
クリスマス回であるNavigation47では「視点を一つ変えるだけで今を楽しめる」という他の回でも見られるテーマに対して、アリスが特に年少であることを利用して普段の一人前とそれ以外という変化ではなく子どもから大人への変化に対しての向き合い方として見せているのが良い。
Navigation50のアリシアとアリスという珍しい組み合わせから語られるアリシアの指導方針や占いの捉え方に変わった視点で語るSpecial Navigationなど、とかく考えさせられる話が多い。
それにしても灯里視点でこれまで何順かした季節を一回で語るNavigation49は読んでいて凄く気恥ずかしい。まさに恥ずかしい台詞禁止である。しかし、この台詞はこの話には使われていない。

評価3 投稿元:ブクログ

2012/04/22 16:15

水とゴンドラが醸し出す瑞々しくて綺麗な空気を素敵に思う一方で、
読んでいてどうにもモヤモヤしてしまう、すきになれない瞬間のある話も
幾つかあるシリーズだ。この巻のトラゲットから春夏秋冬の流れは特にその筆頭である。
ただその分も、魔女っ子ベファーナのエピソードのファンタジックさを
とてもすきだと思った。

評価5 投稿元:ブクログ

2013/02/02 16:49

トラゲットの回に灯里の相棒として登場する、3人のウンディーネそれぞれの考え方に共感。失敗しても諦めないことだったり、一つのことにこだわり続けることだったり。

評価4 投稿元:ブクログ

2014/07/31 08:11

アリシアさんの裏誕生日
アリスと魔女のベファーナ
トラゲット
灯里の四季
叱らないアリシアさん
灯里と暁と星占い

年長組(アリシア・晃・アテナ)の友情、良いですね。
同じ職業とはいえ属する会社も違い、各々が多忙極まるためになかなか会えない。
そんな中でも何かをきっかけに会いたいと強く思ってくれる友人というのはとても貴重で大切な存在ですね。

レビューをもっと見る

この著者・アーティストの他の商品

前に戻る

  • 対象はありません

次に進む

お気に入り登録
(新刊お知らせメール)

この著者の新着情報
  • 受け取る
  • 受け取らない

こんにちはゲストさん

新規会員登録(無料)

ログイン

買い物カゴを見る
通販商品(計0点)
電子書籍(計0点)

Copyright (C) 2Dfacto,Inc.