紙の本 暮らし・実用書/児童書・絵本ポイント2倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 小説・文学
  4. 世界でいちばん醜い子供
世界でいちばん醜い子供(講談社ノベルス)

立ち読みする

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

  • バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 7件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2007.4
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社ノベルス
  • サイズ:18cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-06-182522-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

世界でいちばん醜い子供 (講談社ノベルス)

著者 浦賀 和宏 (著)

幸せだった純菜を、孤独な日々へと突き落とした“彼”との別れ。繋がりを失い、塞ぎ込んでいた彼女のもとへ一通の手紙が届けられる。その差出人こそ、2年前に巻き込まれた呪わしき轢...

もっと見る

世界でいちばん醜い子供 (講談社ノベルス)

929(税込)

ポイント :8pt

現在お取り扱いができません

世界でいちばん醜い子供

756(税込)

世界でいちばん醜い子供

ポイント :7pt / 紙の本より173おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認くださいヘルプ

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

幸せだった純菜を、孤独な日々へと突き落とした“彼”との別れ。繋がりを失い、塞ぎ込んでいた彼女のもとへ一通の手紙が届けられる。その差出人こそ、2年前に巻き込まれた呪わしき轢き逃げ事件の関係者だった!恨み続けた犯人への手掛かりを掴んだ純菜は復讐を誓うが、同時に彼女の命は何者かの存在によって脅かされる。松浦純菜、絶体絶命の大ピンチ。【「BOOK」データベースの商品解説】

幸せだった純菜を孤独な日々へと突き落とした“彼”との別れ。塞ぎこんでいた彼女の元へ届いた手紙の差出人は、2年前に巻き込まれた呪わしき轢き逃げ事件の関係者だった。犯人への手掛かりを摑んだ純菜は復讐を誓う…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

浦賀 和宏

略歴
〈浦賀和宏〉著書に「火事と密室と、雨男のものがたり」「松浦純菜の静かな世界」「透明人間」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー7件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2007/09/02 12:21

投稿元:ブクログ

>前とその前がほぼ八木視点だったのが、純菜視点に。
ぅわ。そんなこと考えてるんだ女って。とかウチも女なのに!
可愛い子の思考です。。。青春だぁね。八木がどうなったかめっちゃ気になりました。。。ぅぅ…純菜の頭ん中面白すぎ。
でもやっぱ八木のあのぐちゃぐちゃ思考が気持ち良いなぁ〜

2007/06/25 20:18

投稿元:ブクログ

2007/6/25
このシリーズ初めての純菜目線。
なんだ、純菜も結構不安定なんだな。
『さよなら純菜』でぶっ壊されたものがちょびっと修理されててまた先が気になる感じに。

2007/05/30 23:14

投稿元:ブクログ

こりゃ、題名が素晴らしい!!内容はいつものシリーズだが、あいかわらず、ミステリとしては割り切れない話だ。

2009/03/03 23:11

投稿元:ブクログ

松浦純菜シリーズその6。

憧れのアイドルが最前席のチケットを送ってくるなんて、さんざん少女漫画で使い古されたシチュエーションだけど、やっぱりイイね。

イヤ、この話のポイントはそこじゃないのかもしれないけど、このシリーズでテーマを語るのは不毛ってもんだし。

2008/07/05 22:01

投稿元:ブクログ

ロケットパンチ

ヒロインである純菜の内面を掘り下げて書かれた今作。

印象は弱いけどなかなかに楽しめた。

2015/04/19 19:19

投稿元:ブクログ

松浦純菜シリーズ6作目。
前作『さよなら純菜 そして、不死の怪物』と対をなす物語?純菜視点。
純菜の過去のひき逃げ事件に大きな進展(解決?)。
ついに純菜の"力"が発揮された…のか?
読後感はいいです。

2013/09/03 22:02

投稿元:ブクログ

『上手なミステリの書き方教えます』から入って、シリーズ9作のうち順不同で2から6作目までを読んだことになる。およそ半分。だが、ここまで来てもまだ『能力』そのものずばりな描写がないわけで。起きている現象は、確率の低い偶然か、あるいは他の解釈かでもどうにかなってしまうように読めるので、ミスリードに引っかからないよう、かつ超展開に備えつつ、へっぴり腰でストーリーを追っている状態。終盤3作に入る前に1作目を見つけて読んどいた方がいいよなあ。